HP作成やサイト運営なら 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

複数ドメインを整理してSEO効果をアップ!中長期で見れば成果が向上

複数サイト統合でSEOに成功した事例

昨年、制作したホームページの検索順位が向上した事例をご紹介します。

そちらのホームページは、コーポレートサイトを1つと各サービスごとにホームページを制作していました。

複数サイトの運営は非常に大変だと言うことから、当社に統合サイトの制作をご依頼いただきました。

統合サイト制作の目的

ホームページを複数乱立することは、2010年ごろに流行っていた手法です。

コーポレートサイトを制作して、もちろんそこにサービス情報などは簡単に掲載するのですが、それぞれのサービスごとに詳しいホームページを制作するのが流行っておりました。

当時はそれがSEOにとって最適であると言われていたのですが、現在ではサイト運営量が増えるだけでほとんど意味がありません。

現在、SEOで成果を出すためには、サイト運営量が非常に大切になっています。

そしてそこで4つも5つもホームページがあると、それぞれの更新作業が必要になってくるので、次にマンパワー不足が発生してしまいます。

そしてそれらをSEO業者から聞かれたようで、当社の元請けになる広告代理店に相談をされ、そこから当社にご相談が来ました。

当社としても、サイト運営が重要であると考えていたため、それらのホームページを統合して、1サイトだけの更新で成果を出したほうが良いと判断をいたしました。

ただ、この統合は301リダイレクトが必要になっていて、この301リダイレクトは非常にリスクがある対策であると当社では考えております。

検索エンジンのグーグルは、301リダイレクト行っても問題がないと公表をしています。

ただ、ホームページ制作実績を見ると、高いSEO効果を出している会社さまは、どこも301リダイレクトを一切行っていないというケースがあります。

たまたまかもしれませんが、当社ではこれらの理由から301リダイレクトをどうするかも含めて検討をいたしました。

301リダイレクトは行わない

今回のご提案は、基本的にはコーポレートサイト1サイトのリニューアルとサービスサイト5サイトの閉鎖になっていました。

当社の考え方としては、301リダイレクトはできれば行いたくないと言うのが本音です。

そのため、上位表示を狙うキーワードを確認してみたところ、大体6ヶ月間サイト運営を行えば上位表示ができると判断をいたしました。

実はコーポレートサイトのドメインはメールアドレスで利用していたので、そのまま契約を続行し、コーポレートサイトように1ドメインを取得いただきました。

また、サービスサイトについては、リダイレクトを行わない提案をしております。

このリダイレクトを行わないと定めたときに、基本的には原稿の重複は絶対にいけません。

そのため、まったくホームページがないと考えていただき、基本的にはもともとのホームページから原稿のコピー&ペーストは行っておりません。

ただ、実際に当社が作成するページは20ページ程度であったため、20ページであれば、1日1ページでも1ヶ月で完了するボリュームです。

この対策さえしっかりと行っていれば、新規ホームページ制作と変わらないので、マイナス評価になることはありません。

スタッフブログのカテゴリーを当社で定める

スタッフブログのカテゴリーは非常にSEOにおいて難しい判断が必要です。

カテゴリーだから何でもいいと言うことはなく、恐らくですが2020年ごろからグーグルのSEOは加点ではなく減点で評価をされています。

減点評価になっているということは、基本的には、文字数が少ない方が有利になっていて、あまり関係が無いページ数が多いのはあまり良い対策ではなくなっております。

そしてこのカテゴリーは記事次第では本当に多くのページが存在してしまいます。

さらにややこしいのが、グーグルは作ったURLを削除すると404 NOT FOUNDと認識して、その数があまりに多いとSEOで大きなマイナス評価をしてくるのです。

そのため、当社ではカテゴリーを闇雲にするのは駄目だと判断をして、ホームページ公開前に当社であらかじめカテゴリーを打ち合わせいたしました。

そして、一応ワードプレスの管理画面からカテゴリーを増やしたり変更をできるようになるのですが、これらを変更する場合は当社へのご連絡をお願いしたのです。

これで、取り敢えずは、SEOでマイナス評価をなくすことができたので、リニューアルで一時的に検索順位が落ちても、中長期的に見れば最速で成果を出せると考えました。

10ヶ月後くらいの効果

弊社の指示通りにページの削除も301リダイレクトも一切ない状態で、サイト運営を継続いただきました。

そして公開してから10ヶ月後くらいだったと思いますが、そちらのホームページを見てみると、実は複数のホームページを制作していたときよりも、成果を出しておりました。

現在のSEOはページ数とそれぞれのページの質が大切になっているので、それが評価されたのだと思います。

ただ、実際に複数のホームぺージがあったころも、サイト運営を行っていたため、せっかく頑張ったのに、すべてがなかったことになったのはウェブマスターとしてはつらかったようです。

しかし、ウェブマスターさまは成果を出すために当社が提案をした1日2ページの作成を10ヶ月もの間しっかりと守っていただいておりました。

ちなみにですが、ページ数は目標に達成したのはカウントすれば分かりますが、もう一点の質についてはどうだったかをご紹介します。

基本的には、1日2ページも作成するため、それほど高い質での原稿作成は行えません。

そのため、実は決して高い質ではなく、現在多くのキーワードで10位以内にランクインしていますが、その中では一番質が低いと言っても良いでしょう。

この質の考え方については、今ウェブマスターさまができる最高の質で良いと当社では考えております。

その結果、ライバルがライターを雇用しているため非常に高い質であったとしても、丁寧な原稿作成やページ作成さえ行っていれば検索エンジンは評価してくれるのです。

もちろん、闇雲は絶対にいけません。

グーグルがどのように見破ってくるか分からないのですが、闇雲であればあるほど検索順位が上がらないのです。

そのため、とにかく丁寧な原稿作成を行っていくことに注力さえしていれば、質についてはそれほど問題がないでしょう。

これらを行うことで、こちらのクライアントさまは現在はリニューアル前に比べて高い成果を出しています。

基本的には、404 NOT FOUNDと301リダイレクトは最後の手段です。

また、さらには、プラス評価になるケースもありますが、検索エンジンの判断次第ではマイナスになる可能性もあります。

そのため、これらをしっかりと理解をして、できる限り作成したページ削除やリダイレクトでの整理は辞めて甥が方が良いと思います。

複数ドメインでホームページを制作していて、整理をご検討の方はぜひお気軽にご相談ください。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

これまでの実績

TOP