HP作成やサイト運営なら 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

ワードプレスでなくオリジナル更新システムを構築するメリット

フルスクラッチシステム開発のメリット

ホームページの更新システムと言えば、ワードプレスが一般的ではあります。

ただ、当社では、次の選択肢として、オリジナルのホームページ更新システムを提案しています。

ホームページ制作時にこれらの提案を行う際に、メリットが明確でないとコスト面から導入いただけないので、当社では以下のメリットがあると考えています。

オリジナル更新システムとは

オリジナルのホームページ更新システムとは、クライアントさま自身で管理画面から更新ができるシステムを言います。

現在で言えば、ワードプレスが主流になっているので、ワードプレスでも対応が可能になっていて、多くのお客さまは、ワードプレスを選択されます。

  • 料金がそこまで高くない
  • 実装したい機能が基本的にはついている

上記2点がワードプレスを選択される理由になっています。

反面、フルスクラッチのオリジナル更新システムでは、以下のデメリットがあります。

  • 管理画面制作が必要
  • 機能追加の度に料金が高くなる

一見すると、ワードプレス制作の方が断然に良いと感じてしまいます。

確かに、初めてのホームページ制作であれば、当社もワードプレスをおすすめいたします。

ただ、2度目以上、すなわちリニューアルをされる際には、オリジナル更新システムの構築をおすすめしているのです。

では、どのようなメリットがあるから、おすすめしているかをご紹介したいと思います。

ソースコードの軽量化

現在のホームページ制作においては、それほど気にしなくても良いですが、オリジナルで構築することで、ソースコードが軽量化されます。

ソースコードが最適化されるメリットとしては以下の2点です。

  • 表示速度が微妙に早くなる
  • SEOの効果向上が狙えるケースもある

どちらも極論を言えばSEOになっています。

表示速度が速くなることで、グーグルは良いホームページであると認識してくれます。

一般的には、ページスピードインサイトで計測されると思いますが、これらへの対応ももちろん行いますが、ここに関係のない要素で早くすることが可能です。

例えばウェブページを表示すると、異常に重いホームページを見た経験はないでしょうか?

この重いウェブページは実は直帰率が高くなる傾向があるので、しっかりと対応を行わなくてはなりません。

もちろんワードプレスでも問題はないのですが、体感できない程度ではありますが、ワードプレスよりも軽くすることが可能です。

次にSEO効果の向上が見込めると言う点があります。

それは、グーグルやヤフージャパン、マイクロソフトのビングの検索エンジンは、本文を中心にホームページの情報収集を行い、ランキングを決定しています。

その時に不要なタグが多ければ多いほど、実は正しく認識してくれない可能性が高まるのです。

もちろん、煩雑なタグであったとしても、正しく認識してくれる可能性は十分にあります。

しかし、確率の問題、すなわち検索エンジン次第になっているので、しっかりと正しい記述を徹底することで、SEO効果を最大化できるようになります。

ワードプレスはオープンソースであるため、多くの人が利用することを想定しています。

そのため、このコードの最適化には限界があるため、さらに効果を出すためにはオリジナルシステムを導入しなくてはなりません。

更新のしやすさを追求

ワードプレスも慣れてしまえば非常に更新がしやすいですが、しかし型が決められているため、カスタマイズには限界があります。

しかしフルスクラッチ開発では、限界はありません。

管理画面の構築から行うため、実は自由な見た目の管理画面を制作することが可能なのです。

そのため、Webサイト制作会社からJPGデザインが出てきたら、要素として足りているのかや、そのビジュアルで本当に良いかを確認していけば、サイト運営効率が飛躍的に高まります。

この更新のしやすさは非常に大切になっていて、誰でもホームページの運営作業は面倒くさく感じます。

しかし、ここで更新がしやすいことで、継続したサイト運営が可能になってくるので、フルスクラッチ開発はそういう面でもメリットになっています。

1度目のホームページ制作はワードプレスが良い

上記のメリットを明確にして、フルスクラッチシステムを提案しています。

ただ、新規のお客さまでホームページ制作を希望される場合は、ワードプレスをおすすめしています。

その理由はコスト面がメインです。

最初の1回目のホームページ制作は、もちろん決して安くはありませんが、ワードプレスを導入していただき、成果を出していただくことに注力しています。

そして成果を出せるようになってくれば、もし次のリニューアルのタイミングがあれば、その際はワードプレスではなくフルスクラッチ開発をおすすめしています。

そうすることで、ホームページ全体がSEOに強くなる可能性とさらにはサイト運営効率が高まり、より成果の出るホームページ制作へと成長するのです。

このように弊社ではまずはワードプレスで成果を出していただいた後、フルスクラッチ開発をおすすめしています。

ネックはホームページ制作費

ただ、リニューアルタイミングであると言っても、フルスクラッチシステム開発は非常に高い予算が必要です。

あくまで一般論で、当社のこれまでのホームページ制作経験で言えば、ワードプレスと比較をすると、ワードプレスが100万円前後になっています。

しかしフルスクラッチは、200万円から400万円の間になっていて、コストは倍以上増える感覚になります。

そのため、いくら利益を上げているからと言っても、そこまでのコストはかけづらいと思われるケースも実際にはあります。

さらにはSEO効果が必ず上がるという保証はどこにもありません。

ただし、サイト運営効率は必ず上がるようになっているので、しっかりとこれらを上げて、サイト運営を継続すれば、SEO効果も向上するのです。

フルスクラッチは、確かに費用は高いですが、しかし運営効率で考えると非常に高いです。

ぜひ、現在ワードプレスをご利用の方は、この機会にフルスクラッチへの変更を考えてみてはいかがでしょうか。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

これまでの実績

TOP