サイト作成の成果を追求 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

御社のホームページ制作の特徴は?

弊社のホームページ制作の特徴

以前お問い合わせをいただいた会社さまに、ヒアリングの最後に御社のホームページ制作の特徴は何ですか?と聞かれました。

この質問については、少し考えましたが、率直に弊社が意識をしている内容をお伝えしました。

今回は当社のホームページ制作の特徴として、特に意識しているポイントをご紹介します

成果を追求

まず最も大切なのは、せっかく費用を出してホームページを作るのであれば、お客さまの目的を達成することが大切だとお伝えしました。

2010年ごろのホームページ制作であれば、取り敢えずの形で作ってよ、という依頼もあり、さらにはそれでも成果を出していましたが、現在では決してそのようなケースはありません。

と言うのが、現在はライバルサイトの多さや、さらにはネットリテラシーの向上などから、ユーザーは御社に問い合わせしなくても良いのです。

仮に御社のホームページに行ったとして、書いている内容はその通りだけど何か違うと考えたとしたらユーザーがどんな行動をとるでしょうか。

ブラウザバックを行い、検索結果ページに戻り、御社の下位にあるホームページへとアクセスします。

このようにユーザーは他社サイトでも似たような紹介をしていることを知っているのです。

そのため、集客対策に力を入れて、さらには成約対策にも力を入れ、本当にクライアントさまのホームページを成果へと導くことに注力しています。

集客はSEOから始まる

弊社の集客対策は、基本的にはSEOから始まります。

ホームページを制作中からSEOのために、スタッフブログなどの更新可能コンテンツを作成し、そのコンテンツにワードプレスで新規ページをどんどん導入いただきます。

どんどんと言っても、公開当初は実はそれほど問題がないので、最大で100ページほどを導入いただきますが、その後はサイト運営の中で少しずつ増やしていただきます。

弊社がよくある事例としては、ホームページ公開当初は、1日1ページの追加になっていて、この作業を継続し続けることでなぜ検索順位が上がるのでしょうか。

それについては以下メリットがあるためです。

  • フレッシュネスが最適化
  • 詳しいホームページへ
  • 認識漏れがなくなる

フレッシュネス

フレッシュネスとは、簡単に言うとホームページの更新頻度です。

検索エンジンは、よく更新されていと最新の情報が多く掲載されている良いホームページと認識します。

逆に更新されていないと古い情報ばかりで現在は役に立たないかも?と考えるようです。

そのため、公開後からのサイト運営でフレッシュネスを高めるために、1日1記事の公開をお願いしています。

詳しいホームページへ

グーグルは、検索キーワードについて、もっと詳しいか人気があるホームページを上位表示したがります。

そのため、ページ数は非常に大切なデータになっていて、このページ数が1日に1ページ増えれば、年間で365ページが増えます。

Webサイト制作会社が作成したページ数が20だとしたら、公開直後に100、1年後に365になるので、1年後には485ページになります。

これまでの弊社がホームページ制作時に調査してきた限りで言うと、多くは、100ページから200ページもあればライバルサイトよりも詳しくなります。

もちろん、よほど品質が低くければ、まったく成果が出ませんが、今自分ができる最高の質で原稿を書いていれば問題ありません。

認識漏れを回避

1日に100ページを公開するホームページは、実はグーグルやヤフージャパン、マイクロソフトのビングなどの検索エンジンで認識漏れが多発してしまいます。

そしてこの認識漏れが発生しないのが、トップページからのリンクが行えるかどうかにかかっています。

もちろんトップページからのリンクがなくてもURL検査やXMLサイトマップを送信していれば、認識はしてくれます。

しかし、やはり最も大切なのはトップページからのリンクになるので、トップページのリンク数に応じた更新頻度がベストでしょう。

そのため、弊社では現実的にお客さまが無理なく更新できる量と、トップページからのリンクが3,4日は持続できる1日1ページをおすすめしています。

お客さまの運営努力

SEOにおいては、基本的にはお客さまのサイト運営努力量が大きく影響を与えます。

ホームページを公開後に、当社の場合であれば、計画とスケジュールに則りサイト運営を行っていただきます。

この作業は、例えば今日作業を行ったら明日順位が上がるケースは珍しく、感覚的には、1,2週間程度してやっと効果を発揮すると思います。

そのため、翌週のために今日作業を行う感覚になっていて、しっかりと毎日繰り返し作業をお願いします。

もちろん、毎日でなくても、ホームページ制作実績の会社さまでは、週2日の更新だけれども、1日に3ページを作成したりしています。

SEOは新規ページ作成だけではなく、リライトも影響を与えるのですが、リライトについては、ある程度の記事数が増えてから対応をお願いしています。

最初のころに最も効果的な施策は、新規ページ作成になるためです。

成約はアクセス解析

ホームページは集客だけではありません。

成約率を高めて初めて期待以上の成果を出せるのです。

この成約については、アクセス解析のグーグルアナリティクスとグーグルサーチコンソール、状況に応じてビングウェブマスターツールを利用しています。

利用は集客成功後

いきなりアクセス解析を利用し始めるケースは非常に稀です。

公開後1ヶ月くらい経ってからグーグルサーチコンソールの確認を始めます。

そしてそこで問題点があれば、お客さまにこのページをこのように直してほしい、あるいは依頼して欲しいとお願いします。

次にグーグルアナリティクスについては、集客力がついてからご相談をさせていただきます。

ページボリュームにもよりますが、作成したそれぞれのウェブページのアクセス数が程よくある状態まで集客だけをしていただいています。

と言うのも、大半のページのアクセス数が0になっていると、解析データを見ても、改善提案書が作成できないためです。

PDCAサイクルを回す

アクセス解析を利用ができるくらい訪問者数が獲得できれば、PDCAサイクルを回す提案をいたします。

基本的には、1年契約とさせていただき、1年の間に3度改善提案を行います。

これらを行うことで、ホームページ全体がよりユーザーのためになっていき、期待以上の成果を発揮できるようになるのです。

理想は年間予算が必要

上記が弊社のホームページ制作の特徴になっています。

実際にホームページ制作実績からお話をすると、まずはSEOで成功し、その後PDCAサイクルは使いませんが、定期的な改善をしていただいています。

また、定期的な改善の中には、別の集客対策を提案しております。

もちろん、この集客対策は、ソーシャルメディア運用や広告出稿だけではなく、リアルでのホームページの宣伝法なども無料でレクチャーしています。

そのため、弊社であれば、年間予算はそれほど高くありませんが、0ではなく、いくらかはかかると認識をお願いします。

もちろん、数年間も無料で自社内でのSEOを継続している会社さまもいらっしゃいます。

ただ、そのような会社さまは新規ページを作成し続けても、初期のころほどの訪問者数が増えず、成約数が上手く伸びていません。

そのため、その他の対策も必要だと考えていただき、ある程度の年間予算をたてていただければ幸いです。

当ページは株式会社セブンデザインが作成しています。
当記事についてやサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メール

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

これまでの実績

TOP