HP作成会社 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

外部リンクとは?ホームページ制作のSEO効果を出すために正しい知識を

外部リンクとは?ホームページ制作のSEO効果を出すために正しい知識を

外部リンクとは、自社から他サイトへ、あるいは他から自社サイトへ行うリンクのことを言います。

用語としては、それほど難しくはなく、ホームページ制作のミーティングやサイト運営レクチャー時などで、結構普通に利用されやすい言葉になっています。

今回は、この外部リンクとは何か、さらにはホームページのSEOで成功するために必要な基礎知識をご紹介します。

外部リンクとは?

外部リンクとは?

外部リンクとは、自社から他サイトへ、他から自社サイトへのリンクを言います。

外部リンクを適切に行うことは非常に大切で、その理由はホームページのSEO効果に大きな影響を与えます。

詳しくは以下でご紹介をいたしますが、例えば、自社から他サイトへ行う発リンクを実施したとします。

実は、これまでの制作経験で言えば、適切に行うと一気にSEO効果を高めれるように感じています。

また、他から自社サイトへ被リンクについては、SEO知識を1度でも勉強された経験があるウェブマスターであれば、ご存知だとは思われます。

このように、ホームページでSEO効果を出すには、外部リンクが必須になっていて、適切に行い続けることで、本当に期待以上に成果を出せます。

もちろん、闇雲は絶対にいけません。

闇雲は、主要な検索エンジンになる、グーグルとヤフージャパン、マイクロソフトビングは、基本的には無効化をしてきます。

さらには、闇雲であり量が多いと、検索エンジンのスパムチームに見つかってしまい、手動ペナルティーを請けてしまうリスクがあります。

当社ホームページ制作経験では、手動ペナルティーを請けた経験がなく、どんな処罰になるかははっきりとは分かりません。

ただ、弊社がこれまでSEO業者やWebサイト制作会社のブログを見ている限りで言うと、印象としては以下です。

  • 自動ペナルティーよりは解除が簡単
  • 完全解除に3ヶ月以上はかかる

3ヶ月は非常に長い期間です。

そのため、しっかりと戦略的に行う必要があり、正しい知識を付けたうえで、戦略と戦術、そしてスケジュールを立てた正確な対策によって、より高いSEO効果を得れます。

外部リンクの種類

外部リンクの種類

では、実際に外部リンクの種類ごとに、どうすれば、SEO効果を最大化させれるかをご紹介します。

当内容は、ホームページ制作時からしっかりと検討することがおすすめで、もちろん途中からでも行えます。

しかし、SEOは検索エンジンに認識があり、初めから実施がより早く効果を発揮できます。

自社から他サイトへ

自社から他サイトへは、すなわち発リンクになっています。

制作経験から言わせていただくと、この発リンクは非常に高い効果を生み出すものになっています。

実際に当社がホームページを制作し、その後SEOコンサルティングを提供した企業さまを事例にご紹介をいたします。

そちらの企業は、あるサービスを展開していて、【ホームページ制作 大阪】など、【〇〇 都道府県名】になる、都道府県名すべてで上位表示をしたいとご相談を受けました。

もちろん、都道府県名ページは、それぞれ固有になる原稿で、大阪と京都、神戸など、それぞれで記事を作成いただいています。

そして、それぞれの記事で注力をいただいた内容が、自社から他サイトへと行う外部リンクです。

例えば、【ホームページ制作 大阪】で上位表示したい場合は、「成果が出る大阪の広告会社!ホームページ制作も可能」みたいなタイトルで記事を作成しました。

そして、実際に、大阪の広告会社でホームページ制作も行える企業を紹介するようにしました。

そうすることによって、実は関連性が高まったのではないかと思われます。

47都道府県すべてのウェブページを作成した効果としては、ページ個々は、公開後1週間以内に結果が分かっていました。

難易度に関係がなく、地域ごとに上位表示ができたページと上がっていないページがありました。

そしてさらには、1ヶ月が経過したころ、一気にトップページの検索順位も高まりました。

トップページは下層ページをしっかりと作成することによって上位表示が可能です。

関連性が高まったことがトップページに影響を与えるには、少し時間がかかるようになっています。

実際に、それほど質が高いウェブページは作れておらず、恐らく競合他社の方が良質なページが多くなっています。

しかし、外部リンクを適切に行っていたのが、その会社だけになっていて、その結果、トップページも下層ページも上位表示を獲得しています。

もちろん、闇雲では意味がありませんが、個々のページで本当に関連するホームページへと適切に発リンクを行うことで、本当に高い成果を得れるようになります。

他から自社サイトへ

他から自社サイトへは、被リンクと言います。

被リンクは関連性が重要になっていますが、それ以外にも数点覚えておくべき内容があります。

まず、大前提として、昨今検索エンジンは、無効化処理が非常にきついように思われます。

検索エンジンは、被リンクの品質を確認していて、品質が低いと考えると、すべてを無効化してきます。

もちろん、数が多いと無効化では終わりません。

検索エンジンは、基本的にはプログラムを利用して、自動的な処理を実施していますが、実は目視を行う手動も存在しているのです。

目視を行う手動は、検索エンジンにスパムチームと呼ばれる部署があり、恐らくですが、わざわざ1サイトずつチェックはしていないと思われます。

検索エンジンは、ランキング決定を目的として、制作したホームページのソースコードを自社データーベースに格納しています。

そして、そこで不審な動きを数値データとして出して、不審な動きがあると目視チェックが入る仕様になっているのです。

そのため、あまりに低品質なものが多いと、目視チェック対象になっていて、目視をした結果スパム行為と判断されると手動ペナルティを付与されてしまいます。

手動ペナルティは先述している通り、自動より簡単に改善が可能ではあります。

その理由は、グーグルサーチコンソールに何が原因で手動ペナルティを受けたかが分かるためです。

ただ、それでも改善には多くの時間が必要になっていて、当社では経験がなく、調査した結果になりますが、3ヶ月くらいは時間がかかると判断をして良いと思います。

少し無効化処理の話が長くなりましたが、これを前提として、次に関連性と品質を保つ必要があります。

例えば、当サイトで言うと、被リンクをしてくれるホームページは、【ホームページ制作 大阪】がテーマであると良いでしょう。

その理由は、検索エンジンが関連性を見ていて、当社が上位表示したいのが【ホームページ制作 大阪】なので、同じテーマのホームページからがもっともベストです。

ここで例えば、【釣り具】や【ピクニック】などがテーマのホームページの場合は、無効化処理をされてしまう可能性があり注意が必要です。

次に、できる限り信頼性や権威性、専門性が高いE-A-Tに最適化されたホームページから集めましょう。

もちろん、信頼性と権威性は大企業や有名な専門家がいる会社になっているので、一般的には難しいですが、専門性であれば十分に狙えると思われます。

上記とほぼ同じ内容ですが、当社であれば、トップページで【ホームページ制作 大阪】で上位表示を狙っているホームページであればあるほど効果を発揮します。

これらをしっかりと理解をして、外部リンク対策を行うことで、本当にSEO効果が高いホームページへと成長するのです。

ホームページ制作時から外部リンクを意識

ホームページ制作時から外部リンクを意識

もちろん、サイト運営中に、ある日突然外部リンクを意識し始めても問題はありません。

ただ、これまでの経験で言えば、新規ホームページ制作時から意識したほうが非常に効率的であると思います。

と言うのも、外部リンクを意識することで、実はサイト更新時の新規ページ作成やリライトの方法が少し変わってくると思います。

初めから、発リンクがしやすいページ構成や、ナチュラルリンクを狙ったページ構成などを意識できるというのは非常に大きなメリットです。

もちろん、後からでも十分に対応は可能ですが、制作経験で言うと、多くの企業がリライトを必要以上に面倒くさいと言われ嫌います。

後からだと、下手をすれば全ページリライトが必要になってしまい、新規ホームページ制作時がもっともベストです。

ただし、リニューアル時においては、そのままコンテンツを活かすケースもありますが、新しくするケースもあり、新しくするコンテンツは、新規ホームページ制作と変わりません。

これまでの経験上、多くのクライアントからリライトはしたくないと言われていて、リライトをしないためにも1日でも早い意識が重要であると考えています。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

これまでの実績

TOP