大阪のWeb制作会社セブンデザインのスタッフブログ

弊社の被リンク営業

弊社が行っている被リンク営業法

現在のWeb制作で成果を出すためには、被リンク営業が必要になっており、弊社では被リンク営業を行っております。

この被リンク営業は、非常に難しいものになっていて、グーグル検索やツイッター検索に出てくる被リンク営業の仕方は、弊社にとっては非常にハードルが高くなっておりました。

そのため、弊社では、インターネットで公開されている被リンク営業を自社なりにカスタマイズをして被リンク営業を行っており、確かに爆発的に被リンクを獲得することはできておりませんが、少しずつ着実に被リンクを獲得することに成功をしております。

被リンク営業は本当に難しい

被リンク営業の難しさ

現在のWeb制作では被リンク営業が必要であり、この被リンク営業は本当に難しいと言わざるを得ません。

実際に弊社では、被リンク営業を行うにあたり、いきなり被リンク営業を実施するのではなく、グーグル検索やツイッター検索を利用して、成功法についての調査を行いました。

このグーグル検索やツイッター検索に出てくる被リンク営業は、本当にハードルが高いものであることが多く、実際に弊社でこの被リンク営業法を行ってみた結果、被リンク獲得本数は0本になっており、弊社の運営スタイルでは成功させることができないものになっておりました。

ただツイッター検索を行うと、ちょくちょく成功しているという投稿を見かけるのですが、その具体的な方法は見つからず、弊社ではグーグル検索で調べた結果をもとに、自社なりに被リンク営業の仕方を変更することといたしました。

そしてその結果、多くの被リンク数ではありませんが、定期的に被リンクを獲得することに成功をしており、今後はさらに多くの被リンクを獲得するための方法を検討したいと思っております。

では、具体的に、現段階で定期的に被リンクを獲得することに成功した弊社の被リンク対策法をご紹介いたします。

被リンク営業は待ちが良い

被リンクは待ちが良い

まず、自社で被リンク営業を行うにあたり、自分から被リンクをしてくださいとメールでお願いしてみたところ、結果としては100通以上送って成約率は0%となっておりました。

もちろん、メールの送信内容が悪いのかもしれませんが、弊社ではこちらから被リンク営業のメールをしてもそもそも獲得ができないという結論に至りました。

そのため、この被リンク営業の基本は、自分から営業を行うのではなく、待ちを行おうと考え、この待ちの被リンク営業方法について弊社では以下のような対策を行いました。

実際に弊社ではこの待ちの被リンク営業をWeb制作が終わったら提案をしており、確かに飛躍的に被リンク数が増えることはありませんが、確実に被リンクを獲得することが可能です。

被リンク付きでホームページを紹介ページの作成

被リンク付でホームページを紹介ページ

まず、初めに行ったのが被リンク付きでホームページを紹介しますという記事を公開することになっております。

もちろん、この記事だけを見て、被リンク元を探している方が「被リンクが貰える!」と思っていただくことは期待しておらず、弊社のスタンスとして、dofollowの被リンクには抵抗がないと認識してもらうことを目的としております。

そして、この記事を見たうえで、被リンク元を探している方が、自社のホームページに関連する記事を見つけたときに、ここに被リンクを張ってくれませんか?と営業メールが来たら、相互リンクをお願いするようにしております。

実際にこの方法は、弊社ではそこまでの数ではないにしても、被リンクを獲得することに成功しており、自分で被リンク営業を行うよりも、かなり効率的であると思います。

そのため、弊社では、Web制作が完了した後、被リンク付きでホームページを紹介しますと言う記事ページを作成したうえで、お客さまにホームページを納品しており、これらのページを作成することで着実に被リンク数を獲得することが可能になるのです。

ターゲットを考えて一覧ページを作成

ターゲットを考えてページ作成

そして次に、被リンクは基本的には自社のホームページとの関連性が大切であると言われておりますので、上記の被リンク付きでホームページを紹介という記事と一緒に〇〇一覧のご紹介などのページを作成します。

例えば、弊社が制作しているのは、オススメのレンタルサーバーオススメのWebデザイン作成の参考ギャラリーサイト弊社で利用しているSEOツールなどのページになっており、上記の被リンク付きでホームページを紹介ページとあわせてこちらのページを見て頂くことで、被リンク元をお探しの方からの被リンク営業の機会を増やすことに成功しております。

実際にこんなことで被リンクが獲得できるのかと思われるかもしれませんが、実はこの対策は弊社がこれまで被リンク営業を行って成約率が0%であった時と比べると非常に効果的なものになっており、そこまでの頻度ではありませんが、この対策で被リンク数を増やすことに成功しているのです。

また、さらには被リンク先のページが本当に良質であれば、最新のSEOが学べる海外SEO情報ブログのご紹介ワードプレス制作に活かせるバズ部のご紹介などのように、そのホームページの紹介のためだけに1ページを作成する可能性があると訪問者に見てもらうことも重要になっており、しっかりと被リンク数を増やすことでWeb制作のSEO効果を出せるようになるのです。

メールが来れば相互リンクのお願い

相互リンクのお願い

上記のページを見た方が、弊社に被リンク営業をかけられる際には、多くの場合が「御社のホームページを見て、ぜひ弊社も〇〇のページに被リンク付で紹介してもらえませんか?」と営業メールが来ます。

このメールへの返信として、基本スタンスとしては、「相互リンクをお願いできませんか?」とお願いするようにいたしております。

ただし、相互リンクが断られたとしても、本当に良いホームページであれば掲載するようにしており、基本的には情報の追加はSEOにとって効果的ですので、しっかりと精査したうえで紹介することはSEOにとっては良いことになっております。

そして、もちろん相互リンクよりも一方的な被リンクの方が効果的なものになるのですが、この弊社が行っている被リンク対策においては、基本的には被リンクをして欲しい方を集める方法になるので、相互リンクの獲得が目的となります。

相互リンクは確かに数が異常に多いとスパムになる可能性があるのですが、しかしこの数は100本程度であれば問題がないと思いますので、しっかりとWeb制作が終わったら相互リンクを獲得していかなくてはなりません。

取引先に頼む

取引先に依頼

そして、一方的な被リンクを獲得するために、弊社ではWeb制作が終わったら取引先に依頼するようにしております。

基本的には、多くの取引先が快く引き受けてくれるものになっているので、これで一方的な被リンク数を獲得することが可能です。

ただ、取引先もSEOを行っている場合は、相互リンクを依頼されることが多くあるので、その場合は快く引き受けております。

相互リンクは多すぎなければ問題ない

多すぎない相互リンク

このように基本的には相互リンクがメインになっており、この相互リンクを過剰に嫌う方もいますが、相互リンクも本数が極端に多くなければ問題がありません。

この数が多いというのは実際にどれくらいかと言うと、おそらくですが1万程度の相互リンクではないでしょうか。

実際に弊社のお客さまにおいても、この相互リンクを精力的に行われてSEOで成果を出している会社さまもいるのですが、その会社さまの相互リンク数は弊社が把握しているだけでも100から150になっております。

そしてその100から150の相互リンクでも、スパムになることはなく、成果を出すことに成功をしており、もちろん相互リンクになるので、具体的にどのページにどのような文言で自社のホームページへのリンクが掲載されるのかをしっかりとチェックはされておりますが、この相互リンクでも成果を出している非常に良い例になっております。

そのため、基本的には、グーグルが言う過剰な相互リンクと言うのは、一般的なホームページにおいてはまず獲得ができないくらいの量の相互リンクのことを言っており、その数はシステムを利用して数万もの相互リンクを指しているのではないかと思います。

そのため、SEOのために被リンク数を増やしたい場合は、もちろん相互リンク本数にもよりますが、相互リンクは決して悪いことではないので、Web制作が終わったら、数百程度の相互リンクであれば恐らく問題がないものになっております。

記事の質を高めるのが基本

記事の質が高いこと

上記の対策によって、弊社はWeb制作後に被リンクの獲得を継続的に行えました。

ただし、上記はあくまで相互リンクがメインになっているので、一方的な被リンクを獲得することができません。

そして、この一方的な被リンクは本当に効果を出すことが可能ですので、必ず狙わなくてはならないのですが、この一方的な被リンクを獲得するためには記事の質を高めることが大切であると思っております。

実際に弊社のブログなどにおいても、そこまでの数はありませんが、一方的な被リンクを獲得することに成功をしているページもあるので、上記の対策によって相互リンクを増やしながら、着実に記事の質を高め、一方的な被リンクを増やすことが大切になると思います。

特に弊社の経験では、タイトルが重要であると思われ、タイトルを最適化することで、必ず被リンクが獲得できるようになるので、タイトルを作成する際には、あまりSEOばかりを考えるのではなく、そのページにどのような方からどのような被リンクが貰えるのかを考えてタイトル作成を行うようにしましょう。

上記が弊社が実際に被リンク営業を行ってみて、その結果から最適化された弊社の被リンク営業のやり方になっており、もちろんそれほど数は集めれておりませんが、しかし実際に被リンク営業を行うよりも非常に楽な対策となっております。

当ページをご覧の方は、確かに即効性はありませんが、しかし着実に被リンクを増やせる対策になるので、ぜひ一度御社のホームページでも実施されてみてはいかがでしょうか。

当記事は株式会社セブンデザインが作成しております。
当記事についてや弊社サービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

ホームページ制作 大阪|株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

TOP

ホームページ制作実績