大阪のホームページ制作会社

株式会社セブンデザイン

被リンクが獲得できる記事を作成しよう

現在弊社で検討しているのが、リンクを獲得できる記事を作成することになります。

このリンクが獲得できる記事は、そのホームページのテーマによって異なるのですが、しかし非常に重要な要素になっていると思われます。

その理由は基本的にはその記事ページにリンクが付くこともあるのですが、中にはトップページにもリンクを張ってくれるようになっており、これらを計画建てていくつか用意していくことで、被リンク対策から切り離されたホームページ運営が可能になります。

現在のホームページ制作において、被リンク対策は本当に難しいものになっており、この被リンク対策が少しでもできることで、よりホームページの成果を高めることが可能なのです。

そこで今回は、被リンク対策になる記事作成のポイントをご紹介いたします。

被リンクとは

被リンクとはSEO対策にとっては非常に大切なものになっており、この被リンクを獲得し続けることで、ホームページの成果は飛躍的に高まります。

しかし、この被リンクの獲得は本当に難しいものになっており、多くの方がそのため自演のリンクに走ってしまうのです。

しかし、この自演のリンクについては、実はかなり大変なものになっており、どういうことかと言うと、ホームページ運営に掛けられる時間には制限があり、基本的には案件や仕事が優先され、その中で空いた時間でSEOをやることが一般的です。

仮にその時間を1日に2時間だったとしたときに、被リンク対策をやっていると、ほぼすべての時間が被リンクに奪われてしまうのです。

そしてこのことは非常に大切なものになっており、被リンクにすべての時間を奪われてしまうと、ホームページの更新業務が一切できず、そしてさらには上位表示も難しくなってしまいます。

そのため、被リンクはできる限り自動で集める方がよく、基本的には、ホームページ内のコンテンツ作成やコンテンツのリライトなどに時間を使うことで、成果を出していくことが大切になります。

そして被リンクは自動的に集まるので、自然とホームページの成果は高まって行き、御社の期待を超えるようになるのです。

被リンクを自動で集めるために

では被リンクを自動で集めるためにはどうすれば良いのでしょうか。

この自動で集まる被リンクを調べていると、多くのホームページでは、すべてのページの質を高めていき、ユーザがリンクしたいと思いそうなコンテンツを作成することと紹介をしていますが、現実的にはそのような作業は不可能であると思っております。

そのため、まずは、被リンクが集まりそうな内容にのみ力を入れていくことが大切で、これらをしっかりと作り込むことで、被リンクを集めていくのです。

例えば現在のホームページにおいてSEOを意識されているホームページであれば、スタッフブログやよくあるご質問などをしっかりと制作していることがあります。

これらのコンテンツをしっかりと作り込んでいくことが大切になり、確かに理想を言えばすべてのコンテンツを作り込むことが大切ですが、優先順位として料金周りについて記載しているページを作成することが大切です。

これらを徹底して行うことで、ホームページの成果は飛躍的に高まり、御社の期待を超えるようになるのです。

文章量の意識は必要か

もともと弊社においても文字数を意識することはお客さまに必ずお伝えしていたのですが、実はこの被リンクを獲得するサービスについては、そこまで意識をしなくても良いのです。

具体的に言うと、被リンクを集めれさえできれば、そのページの目的を達成してくるため、別にそのページ自体が上位表示ができなくても、そのページには内部リンクやソーシャルメディアから人を集めればいいということになります。

ただし、基本的には、50文字程度のページを見てこのページ良いこと書いているからリンクをしようと思うことはないと思いますので、ざっくりとですが、1,000文字以上は意識をしていく必要があると思います。

この1,000文字についても、弊社の直感での数値になっており、それが900文字であろうが、5,000文字であろうがユーザが御社のホームページへとリンクをしたいと思ってくれなければ意味がないものになります。

そのため、このリンク目的のページについては、基本的には、文字数を意識することよりも、ユーザにとって本当に役立つコンテンツを作成することに力を入れていく必要があるのです。

画像や強調タグを利用しよう

そして次に、テキストだけのページよりも画像や太字などの装飾が行われているページのほうが、ユーザにとって良いホームページであると考えます。

そのため、これらを利用したページ作成を行うことが大切になっておりますが、しかし、実際にはなくてもそのページの内容が読みやすくわかりやすければ意識することもないと思います。

そのため、一度自分で原稿を作成して公開が終わった後に、一度ユーザ目線になってそのページを読み直してみて、そのページに書かれている内容でリンクを張りたいかどうかの判断をしていかなくてはなりません。

これらを行うことで、ホームページは本当に良いものになって行き、御社の期待を超える被リンクが獲得できるようになるのです。

このリンクが付きやすいコンテンツ作成は時間がかかる

そしてこのリンクが付きやすいページ作成は、弊社の場合ですが、かなり時間がかかるものになっています。

その方法とは、まず記事を作成する際に、タイトルを定めるのですが、このタイトルについては、自分が知りたい情報を掲載すると良いでしょう。

ここで、グーグルの広告代理店であるアドワーズが提供するキーワードプランナーやサジェスト検索などを使って、作成する記事タイトルを検討すると、確かにユーザの検索ワードに対して最適な記事が書けるのですが、しかし実際に弊社が考える被リンクが獲得できるコンテンツは、そのようなライバルが大量にいるようなものではなく、ソーシャルメディアを中心にした集客ができればいいのです。

そのため、記事タイトルは自分が知りたい情報で作成しても良いのですが、代わりに上位表示を行うキーワードだけは定めておくようにしましょう。

これらを行う理由は、そのキーワードで実際に検索をしてみて、さまざまなサイトを見て、このページに書かれている内容が良いという内容を、御社の原稿作成に活かすということになっております。

そして原稿作成を行うのですが、大体ここまでで3時間程度の時間が掛かってくると思います。

そしてこの段階で公開してしまい、その後は強調タグや画像の貼り付けなどを行うことで、より効果的なホームページ作成にすることが可能です。

そのため検索順位を無視した記事作成であっても大体1営業日ほどの時間がかかるものになっており、これらを徹底して行うことで、そのホームページは本当に被リンクが集まるようになるのです。

もちろん、その後は定期的にリライトやコンテンツの追加と削除などを行うことで、御社の期待を超えるホームページになっていきます。

そして最後に大切なのはこの公開した情報をツイッターとフェイスブックなどに公開することになっており、ここがメインの集客ルートになるので、しっかりと対策を行ってくようにしましょう。

実はリンクの数はそこまで集まらない

上記が被リンクが集まるページ作成になるのですが、実はこの被リンクが集まるページ作成は、1つの記事では大してリンクが集まることはありません。

弊社で被リンクを調べていると、弊社の狙っているキーワードで上位表示しているホームページの大半が自演のリンクで数を稼いでおります。

これはおそらくですが、御社の業界でも同様になっており、リンクが多く集まるということは残念ながら無いのです。

そのため、このようなリンクが集まるページをどんどん作成していくことで、1つのwebページでは月に1回リンクが付く低度であっても、そのwebページの数が30個あれば、1日一つのリンクが獲得できるということになります。

リンクについては、本当にそこまでの数は集まりませんが、実際にブログ運営をしているアフィリエイターの方などは、ブログ記事の更新ネタを探しているので、これらのアフィリエイターに届くような記事を作成することで、御社のホームページは本当に被リンクが自動で集まるホームページになるのです。

最後に1つの例としてですが、弊社では以前からこの考え方をしており、ホームページ制作の提案をする際に、行っていたのですが、実はその中の1社さまがそれに成功をして、毎日リンクが付くことはないのですが、2日に1つペースで確実にリンクを集めており、そのホームページは、10を超える狙ったキーワードで上位表示を実現しております。

TOP

ホームページ制作実績