HP作成やサイト運営なら 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

301リダイレクトのリスクを理解しよう

リダイレクトのリスク

以前の記事で、301リダイレクトで検索順位が落ちたと言う記事を公開しています。

301リダイレクトとは転送設定になっていて、ページを削除する際に設定することで、その削除ページに訪れたユーザーを転送できるのです。

そして最大の魅力は実は転送元から先へとSEO評価も譲渡されるので、非常に便利な設定になっていますが、実はリスクが存在しています。

301リダイレクトとは

301リダイレクトとは転送設定になっています。

恐らくホームページを制作した企業さまやWebサイト制作会社であれば一度は耳にした経験があると思います。

特にリニューアル時には利用されるものになっていて、URLが変更されるリニューアル後に301リダイレクトを適切に行えば、お気に入りユーザーを適切なページに転送することが可能です。

さらに、適切に行うことでSEO評価を引き継げるため、ホームページアドレスが変更されても、原稿が同じリニューアルの場合は、SEOで検索順が変わる恐れが無いのです。

このSEO評価を引き継げるのは非常に大切で、URLが変わったときに、何もしなければ、404 NOT FOUNDになってしまいます。

404 NOT FOUNDは、これまでの評価が0になるだけではなく、数が多いとSEOにマイナス評価を与えてしまいます。

グーグル自体は、404 NOT FOUNDはあっても問題がないと言っていますが、それは数個の話です。

実際にあるホームページに訪問したときに、404 NOT FOUNDだらけのホームページを見たら何を思うでしょうか?

そのホームページはどうせ調べても一部ページがないので、見れないと思い、別のホームページで情報収集を行うと思います。

このように404 NOT FOUNDはグーグルの発言からはあっても問題はないと言っても数には意識しなくてはなりません。

これまでのホームページ制作経験では、404 NOT FOUNDが多いホームページは一時的には必ず検索順位が下がります。

ただ、しっかりとサイト運営を継続していれば、404 NOT FOUNDの数が減っていき2年ぐらいたてば、適切な検索順位になるケースを多く見ました。

2年も待てないと言う場合は、適切に301リダイレクトを行う方が安全でしょう。

関連性がないとマイナス

404 NOT FOUND対策として、ホームページリニューアルでURLの変更が必要な場合に、すべてのページに301リダイレクトを行うケースがあります。

このときに注意点があり、それは、関連性がないと実はマイナス評価になることです。

例えば、ゴールデンレトリバーのページは理想を言えばゴールデンレトリバーのページへとリダイレクトを行います。

ただ、リニューアル後にゴールデンレトリバーのページがなくなる場合は、犬のページへとリダイレクトくらいまでであればおそらく大丈夫だと言われています。

しかし、猫のページへとリダイレクトを行うのは絶対にいけません。

基本的には、検索結果で考えてみる必要があり、ゴールデンレトリバーの特徴と言うタイトルをクリックしたときに、猫のページが表示されればユーザーの満足度が下がります。

このように、関連性と言うと少し広くなってしまい、あまり分からない方も多いと思いますので、検索結果をベースに考えましょう。

ユーザーがそのタイトルを見たときに訪問して、がっかりするような結果はNGになり、まだ満足ができる状態であれば問題がないのです。

そのため、サイト運営の中でリダイレクトを行う際には、しっかりとこれらを検討していく必要があります。

また、リニューアルの場合で大量にアドレスが変更される場合については、Webサイト制作会社の力を借りながら行うのが良いでしょう。

現在のグーグルやヤフージャパン、マイクロソフトのビングなどの検索エンジンは、関連性を非常に重要視しています。

それはホームページ制作も、301リダイレクトも、サイト運営も、被リンクもすべてにおいてです。

プラスではなく上書き評価の可能性

確証はありません。

ただ、301リダイレクトについて調べているともともと当社では加点だと思っていました。

例えば、SEO評価が50点のAページから70点のBページへと301リダイレクトを行ったとします。

このときにBのページは70点プラスAの50点の4割程度20点が加点され、90点になると思っておりました。

Aのページの評価は、原稿がまったく同じであっても8割程度しか引き継がれなくなっていて、原稿が変わるたびに点数が減点されます。

しかし、実際に301リダイレクトを調べると、多くの方が、評価の上書きであると言われています。

どういうことかと言うと、50点のAページから70点のBページで、AからBにリダイレクトをしても効果がなくBからAにリダイレクトをするとAが70点になります。

評価が高いページの点数に上書きされるケースが多いように言われている方が多く、実際に所は弊社も調査はしてみましたが、分かりませんでした。

また、確実なのは、グーグル曰く被リンクによりスパムと認識されているページをリダイレクトするとリダイレクト先のページに評価が引き継がれると言う点です。

リダイレクトは、実はリンクの評価を引き継ぐものになっているようですので、被リンク対策を施したページはあまりリダイレクトをしない方が良いでしょう。

その場合は素直に404 NOT FOUNDを返すことで、これまでの被リンクによるスパムが帳消しになります。

ただし、良い評価も無くなってしまうため、しっかりと被リンク調査と分析を行ったうえで判断することが大切です。

ホームページ制作時からリダイレクトしないを心がける

上記のようにリダイレクトは本当に難しいものになっています。

そのため、当社では、正直お恥ずかしながら、行ってみないと結果が分からないと言うのが正直なところになっているため、行わないことを推奨しています。

ホームページ制作後にお客さまにサイト運営を依頼すると多くがURLを適当に定められるケースが多いです。

しかしこのURLは一生利用する想定で作成しておきましょう。

そうしていけば、万が一作成したページに問題がある場合は削除ではなくリライトで対応が可能になってきます。

グーグル自身も基本的には削除やリダイレクトは問題がないとは発言していますが、リライトで対応することを推奨しています。

そして実際に弊社のホームページ制作実績を見ても、実はSEO効果が高いホームページほど404 NOT FOUNDと301リダイレクトの数が圧倒的に少ないです。

逆に検索順位が思ったほど伸びないや、さらには1年間で見れば1ページ目に入ったり5ページ目になったりと変動しているホームページは数が多い傾向があります。

そのため、ホームページ制作時からリダイレクトを行わない計画を立て、そして作成したページに問題がある場合はリライトで解消するのがおすすめです。

リダイレクトが多いホームページはアドレスの復活を

現在グーグルサーチコンソールを見て、リダイレクトの数が極端に多い場合は、しっかりとリダイレクト数を減らすようにしましょう。

2022年のSEOで言えば、MOZが基本的なSEOとしてリダイレクトを減らすことを推奨しています。

そのため、現在多い場合は、リダイレクト元のページを復活させていき、そして.htaccessの記載を消すことを推奨しています。

リダイレクト対象のURL数を少なくすれば、関連性の影響でマイナス評価を受けている場合は一気に検索順位が正常化されると思われます。

当社のホームページ制作実績では、このリダイレクトについては数がもともと少ない会社さまが多いので、検証はしておりません。

ただ、当社としても301リダイレクトは本当に謎が多いポイントになっているため、できる限り数を減らすことを推奨しています。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

これまでの実績

TOP