サイト作成の成果を追求 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

ページのnoindexは辞めたほうが良い!一気に検索順位を落とした事例

noindexで一気に検索順位がダウンした事例

あるお客さまの事例ですが、弊社のお客さまで、SEOのためだけにホームページ内の不要なページをnoindexしたケースがあります。

こちらのホームページは、現在は検索順位が戻ったのですが、noindexを行った後1ヶ月は検索順位が大きく落ちてしまいました。

今回は、なぜnoindexをすると駄目なのか、弊社がホームページ制作時に不要なページを作成しないように提案しているのかをご紹介します。

noindexって何?

noindexとは、グーグルにそのページは存在しているけれども、認識しないで欲しいという指示書きになっています。

ソースコードのhead内に記載するタグで、ワードプレスで制作したホームページでall in one seoなどのプラグインを入れていれば、個別ページごとにチェックボックスがあります。

このnoindexを利用するシーンとしては、現在のグーグルやヤフージャパン、マイクロソフトのビングなどの検索エンジンは、低品質なページにマイナス評価を課しています。

そのため、品質が低いと思われるページに対して設定すれば、自然とホームページ全体の品質が向上され、検索順位が向上するわけになるのです。

ただ、品質はユーザーではなく検索エンジンが判断をしています。

そのため、もし御社が低品質だと思っても、それがグーグルの判断に直結するとは決していないものになっています。

ホームページ制作では不要だと思う

弊社では、noindexの利用は不要だと思っています。

その理由はホームページ制作時に作成したページに付与することは、基本的にはないと考えていて、必要だから作成したと判断をしています。

ただし、ホームページ制作時に設定するのがないわけではありません。

お問い合わせなどのメールフォームの確認とサンキューには必要だと考えています。

ただ、最近のホームページ制作では、導入しない事例も多くあります。

最近の検索エンジンの認識力は、本当に優れていて、これらのコンテンツを発見したときに正しく判断ができているように思います。

また、サイト運営時はどうかと言うと、弊社ではホームページ制作時にスタッフブログを用意するのですが、このスタッフブログなどの更新可能コンテンツでも不要です。

わざわざ、グーグルが認識しなくても良いページを作成するのであれば、初めから公開する必要がないと思うためです。

また、さらにはグーグル社員の発言から、個人的にnoindexは好きではないと言っているので、可能であれば使わない方が良いだろうと判断ができます。

そのため、ホームページ制作はもちろん、サイト運営でもnoindexは不要であると考えて、公開後にお客さまに説明をしています。

実施した事例

ホームページ制作後には、noindexは不要だと説明をしているのですが、しかしSEOについて調べるとnoindexの効果が高いことを謳う情報も多くあります。

そして社名は非公開になるのですが、そちらの会社さまは、SEO会社のブログを見て不要だと感じたページに対してnoindexを行っています。

カテゴリー

カテゴリーへのnoindexを行っていました。

こちらについては上記のリンク先のページでもご紹介をしていますが、基本的にはそれほど高い効果もマイナス効果も受けないケースが大半です。

ただ、最近の傾向としては、カテゴリーページであっても、グーグル認識してもらうことが大切であり、インデックスがもっとも多い事例だと思います。

ただし、カテゴリーページを作成する際には、しっかりとカテゴリー名が他のページと重複しない意識が必要であると思います。

もちろん、多少重複していても、グーグル自身が企業サイトであれば重複は発生すると言っているので、絶対に駄目だと言うことはありません。

質が低い

他の記事でもご紹介していますが、今回検索順位を落としたのが、他の質が低いと判断したページにnoindexを実施したことが要因だと思いました。

実際にそちらのホームページでは、もともとは500ページくらいあったのですが、実に250ページをnoindexにしたのです。

もちろん、noindex設定をした半分以上はスタッフブログなどの実績ページになっていて、次に多かったのが事例ページになっています。

そして最大の問題は、ウェブマスターさまが質が低いからと思っていても、グーグルやヤフージャパン、マイクロソフトのビングが質が高いと思っているケースです。

当たり前の話ですが、検索エンジンが質が高いと思って、目視で人が質が低いと思っているページを消してしまうと、検索順位が落ちてしまいます。

そして削除ページ数がホームページ全体の半分くらいになっていたので、当然そちらのホームページは飛躍的に検索順位を落としたのです。

このように質が低いと思っていても検索エンジンはどのように判断をしているかが分からないので、むやみに削除は絶対にしてはなりません。

ただし、削除自体を否定するのではなく、まずは選択肢として、リライトを実施、もしリライトができなければ、他のページと統合がおすすめです。

上記ができない場合初めてページ削除をおすすめし、ただし削除する場合は、一気に250ページではなく、年に10ページ前後に留めるのが安全でしょう。

解除後1ヶ月くらいで順位が戻る

今回の事例は運が良かったと思います。

それは削除ではなくnoindexであったため、復旧が非常に簡単に行えた点です。

検索順位が落ちてからご連絡をいただいたのですが、すぐに何をしたかの確認をいたしました。

行っていたことは新規ページ作成とリライトと言っていたのですが、これらの対策は、よほど闇雲な施策をしていない限りは、検索順位が落ちるケースを見たことがありません。

そして、突っ込んで正確に思い出してくださいとお願いしたところ、低品質なコンテンツにはnoindexを付与したとお教えいただきました。

そこで弊社では、すぐにすべてのnoindexを外していただき、グーグルへの認識を再開したのです。

もちろん、念のための対策として、毎日グーグルサーチコンソールのURL検査を最大URLまで行っていただきました。

お客さまとしてはすぐに元に戻してほしいと思っていたと思いますが、一度404やnoindexと認識されると、実は元に戻るまで結構時間がかかります。

実際にどれくらいかは公表されていませんが、1,000ページ未満のホームページであれば、1ヶ月程度であると思われます。

実際にnoindexを解除して1ヶ月したら、いきなり検索順位が上がり、落ちる前の90%の検索順位になりました。

そちらの会社さまでは、取り敢えず不満は残るかもしれませんが、満足され、今後はややこしいことを行わず、新規ページ作成とリライトに全力で取り組むようです。

noindexが必要ないホームページを制作しよう

ホームページ制作では、もちろんウェブデザインなども重要ではあります。

しかし、現在のホームページへの流入の大半が検索エンジンすなわちSEO効果によるものなので、SEOを意識して制作する必要があります。

このときに大切になる要素の1つに公開したページを削除しなくても良いようなホームページを制作することが大切です。

noindexは確かにSEO効果がある事例も多くありますが、基本的にはこれらの事例の大半が大規模サイトになっています。

現在noindexを行うかお悩みの方は、行わずにリライトで対応することをおすすめします。

当ページは株式会社セブンデザインが作成しています。
当記事についてやサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メール

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

これまでの実績

TOP