大阪のホームページ制作会社

ホームページ制作やSEO対策を提供する大阪のセブンデザインが運営するスタッフブログ

SEO・SEM
2014/7/09

パンダアップデートとは

パンダアップデートとは、「品質の高いページを上位に表示し、品質の低いページの順位を下げる」と言ったグーグルのアルゴリズム(検索結果の順位を決定するルール)となっております。

パンダアップデートの内容は、「訪問者にとって役立つホームページを制作する」と言う、一見当然とも思えるものですが、意図せずパンダアップデートの影響を受けてしまうホームページも多くあり、しっかりとパンダアップデートの内容を把握しておく必要があります。

今回は、より効果的なホームページを制作するために、パンダアップデートの内容を詳しくご紹介させていただきます。

パンダアップデートの影響を受けるサイト

成果の出るホームページを制作するためには、パンダアップデートの内容を正しく理解する必要があります。そのため、どのようなホームページが、パンダアップデートの影響を受けるかをご紹介します。

自動生成されたコンテンツ

訪問者にとって、まったく意味のない自動作成ツールなどで生成されたコンテンツのことになります。

例えば、自動翻訳ツールなどを使い、まったく意味をなさない文章を公開しているコンテンツや、RSSフィードで取得した内容だけで作成されたコンテンツなどが当たります。

無断複製されたコンテンツ

他のサイトから原稿をコピーし、それをそのままつなぎ合わせただけのコンテンツが当たります。

誘導を目的としたコンテンツ

訪問者を誘導することだけが目的のコンテンツやサイトが当たります。

例えば、同じような内容のホームページを複数制作しており、それらのホームページに訪れたユーザを本体サイトへと誘導しているホームページが当たります。

また、地域ごとにコンテンツを分けて、地域以外まったく同じような内容のコンテンツを量産しているホームページも同様になります。

アフィリエイトコンテンツ

商品の販売元のサイトから、商品説明をコピーしているだけのアフィリエイトサイトや、広告が過剰なアフィリエイトサイトが当たります。

パンダアップデートの影響を受けないために

パンダアップデートの影響を受けないためのコンテンツ作成法をご紹介します。

パンダアップデートの影響を受けないホームページとするためには、ユーザ目線で本当にユーザにとって役立つコンテンツ作りが重要になります。

自分の言葉でページを作成

グーグルは、オリジナル性のないコンテンツを評価しません。
また、他のサイトから原稿を丸々コピーしてしまうと、そのホームページにペナルティーを与えることもあります。

もちろん、業種によっては、ライバルサイトと同じような内容しか作成できないようなこともありますが、そのような場合においても、ライバルサイトから原稿をコピーしてくるのではなく、御社の言葉で原稿を作成していかなくてはなりません。

タイトルタグとメタディスクリプションを全ページで違うものを作成

ページタイトルやメタディスクリプションタグは、SEO対策において非常に重要な要素になります。
そのため、必ず全てのページでまったく別のページタイトルとメタディスクリプションを作成しなくてはなりません。

また、メタキーワードについては、現状のグーグルは評価対象としていませんが、今後は評価対象となることもあるため、個別のものを作成したほうが良いでしょう。

ページの類似箇所を注意

同じような内容や原稿で作成されたページを量産しているホームページは、改善が必要になります。

例えば、メーカーのホームページやECサイトであれば、1つの製品で複数の色を展開している場合に、色ごとに個別のページを作成してしまうと、色以外がまったく同じ内容のページが量産されてしまいます。

このような場合は、ページ数を増やしてSEO対策を有利にしようとしているのではなく、意図せずそうなってしまった場合ですが、現在のグーグルの仕様では、スパムとして認識されてしまうため、注意が必要になります。

パンダアップデートの影響かどうかの確認法

パンダアップデートの影響を受けているかどうかのの確認方法をご紹介します。

グーグルウェブマスターツールの確認

グーグルウェブマスターツールにある「手動による対策」を確認し、手動ペナルティーを受けているかを確認します。

もし、手動ペナルティーを受けている場合は、こちらにグーグルからのメッセージが届いているため、必ず確認を行っておかなくてはなりません。

グーグルウェブマスターツールの詳細はこちら

パンダアップデートのバージョンアップ日からの確認

アクセスが急激に落ちた日付が、パンダアップデートの日付と重なるかどうかを把握することになります。そのためには、「Panguin」と言われるパンダアップデートのバージョンアップの日付が一目で分かるツールを活用することになります。

こちらのツールを活用することで、グーグルアナリティクスと情報が同期され、アクセスが急激に落ちた日とパンダアップデートの日付が同じかどうかを把握することでできます。

活用方法は非常に簡単で、サイトにアクセスし、「Log-in to Analytics」をクリックすると、グーグルアナリティクスのプロファイルの選択画面になりますので、そこで対象のプロファイルを選択するだけになります。

Panguinはこちら
このページのトップへ