大阪のホームページ制作会社

ホームページ制作やSEO対策を提供する大阪のセブンデザインが運営するスタッフブログ

SEO・SEM
2014/7/09

ペンギンアップデートとは

ペンギンアップデートとは、「有料の被リンクを大量に購入している」や「相互リンクサービスを利用している」などのテクニックに頼ったSEO対策を行っているホームページを、検索結果から除外させるための、グーグルのアルゴリズム(検索結果の順位を決定するルール)となっております。

ペンギンアップデートの内容を見ていくと、「リンクを獲得すること」がSEO対策として、効果が無いと勘違いしてしまいがちですが、そうではなく、テクニックに頼った過剰なSEO対策をグーグルが除外すると言うことであり、SEO対策にとって、リンクを獲得していくことは、効果的な対策の一つとなっています。

今回は、効果的なSEO対策を実施するために、ペンギンアップデートの内容を詳しくご紹介させていただきます。

ペンギンアップデートの影響を受けるサイト

効果的なSEO対策を行うためには、ペンギンアップデートの内容を正しく理解する必要があります。そのため、どのようなSEO対策が、ペンギンアップデートの影響を受けるかをご紹介いたします。

リンクプログラムに参加

リンクプログラムとは、短期間で大量のリンクを獲得することができる仕組みやツール、サービスのことを言い、自作自演のリンクを行うことを言います。

例えば、有料リンクを大量に購入したり、登録型検索エンジンにリンクを掲載したり、特定のツール利用者同士で相互リンクを張り合うことがリンクプログラムに当たります。

自動生成されたページから大量のリンクを獲得

アメブロやライブドアブログなどのフリーブログの記事を自動作成するツールを使い、大量に量産されたページからリンクを獲得することが、自動生成されたページから大量のリンクを獲得に当たります。

検索エンジンをだます行為

一般の訪問者とそのロボットで、見せているページや内容を変える行為になります。

例えば、白字の背景に白字の文字でキーワードを埋め込むことや、検索エンジンロボットが訪れているページを転送用ページにし、訪問者には全く別のページを表示させることなどが当たります。

ペンギンアップデートの影響を受けたときの対策

ペンギンアップデートの影響を受けたときの対処法をご紹介いたします。

ペンギンアップデートの影響かを確認する

まずは、ペンギンアップデートの影響かどうかを正確に把握しなくてはなりません。

具体的には、アクセスが急激に落ちた日付が、ペンギンアップデートの日付と重なるかどうかを把握することになります。そのためには、「Panguin」と言われるペンギンアップデートのバージョンアップの日付が一目で分かるツールを活用することになります。

こちらのツールを活用することで、グーグルアナリティクスと情報が同期され、アクセスが急激に落ちた日とペンギンアップデートの日付が同じかどうかを把握することでできます。

活用方法は非常に簡単で、サイトにアクセスし、「Log-in to Analytics」をクリックすると、グーグルアナリティクスのプロファイルの選択画面になりますので、そこで対象のプロファイルを選択するだけになります。

Panguinはこちら

グーグルウェブマスターツールの確認

グーグルウェブマスターツールにある「手動による対策」を確認し、手動ペナルティーを受けているかを確認します。

もし、手動ペナルティーを受けている場合は、こちらにグーグルからのメッセージが届いているため、必ず確認を行っておかなくてはなりません。

グーグルウェブマスターツールの詳細はこちら

ホームページを改善

ペンギンアップデートの影響を受けており、「手動による対策」を確認したら、次は具体的にサイトの改善を行っていかなくてはなりません。

リンクの削除について

「グーグルウェブマスターツールのサイトへのリンク」や「ビングウェブマスターツールのリンクエクスプローラー」、「Open Site Explorer」、「グーグルアナリティクスの参照元サイト」から、リンクを受けている全てのサイトの把握と自作自演リンクの把握を行います。

また、自作自演リンクを削除するためには、リンクを掲載しているサイトのウェブマスターに対して、連絡を取らないといけないため、非常に多くの時間と手間が必要になります。

そのため、あまりにリンク数が多い場合は、グーグルが提供する「リンク否認ツール」を活用し、それらのリンクを無効化させた後に、リンクの削除を行う方が、スパム解除までの時間を短縮することが可能です。

リンク否認ツールはこちら

サイトの改善について

検索エンジンをだます行為をしているページを改善していきます。

この検索エンジンをだます行為については、多くのホームページで意図せず行ってしまっていることが大半です。そのため、リダイレクトを行っているページについては、細心の注意をもって確認していかなくてはなりません。

最終手段は、ドメインの変更

グーグルアナリティクスやグーグルウェブマスターツールを、これまで導入していなかったホームページでは、本当にペンギンアップデートの影響を受けているかを把握することができません。

そのため、もちろん考え得る対策は全て行うべきですが、最終手段として、ドメインを変更し、新規ドメインでホームページを制作したほうが、時間的にも予算的にも効率が良いこともあります。

このページのトップへ