HP作成やサイト運営なら 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

ホームページ制作とサイト運営の優先順位を作ろう

ホームページ制作とサイト運営の優先順位

ホームページの制作とサイト運営においては、常に優先順位を立てる必要があります。

お客さまが行う作業としては、サイト運営だけと考えてしまうかもしれませんが、実は非常に多くの作業が発生しています。

ホームページ制作なら、Webサイト制作会社がサポートしてくれますが、Webサイト運営では、自分である程度はできなくてはなりません。

優先順位とやるべきことが明確なホームページは強い

これまで数多くのホームページを制作し、サイト運営をサポートしてきた経験で言うと、行うべきことや優先順位が強いホームページは本当に強いです。

クライアントさまから、成果を出す手法を出してほしいと言われ、お客さまに合致した対策法をすべて出すと、満遍なく行われるケースがあります。

しかし、これまでの経験から言えば、この対策は適切ではありません。

もちろん、ビジネスにおいては、1点集中の対策を行うよりも、広く浅くしたほうが効果を発揮できるケースもあります。

ただ、ホームページについては、1つの対策を徹底的にやり込み、その対策が終わってから次の対策を行ったほうが効果を発揮するのです。

さらには、ホームページの作業は1つ1つがそれなりの作業であることや、成果が出てからは少しずつ作業量は落とせても、成果を出すまでは本当に多くの作業が必要です。

自社内にウェブマスターさまが複数人いれば実現可能なケースもありますが、一般的には1名で営業や経理とウェブマスターが兼任されるのがほとんどです。

そのため、欲張って複数の対策を行うのではなく、優先順位を立てて1つずつ行うことをおすすめします。

ホームページ制作の優先順位

ホームページ制作における優先順位を立てる前に自社にどのような作業が発生するかを明確にしましょう。

何をしなくてはならないかをはっきりと知らないと、優先順位の立てようがありません。

ただ、ホームページ制作では、Webサイト制作会社が、上手く優先順位を立ててくれるので、お客さまが立てる必要はありません。

ホームページ制作時にお客さまが行う作業は以下になります。

  • 提案内容や企画内容の再検討
  • 原稿作成と画像収集
  • 細かなチェック

お客さまが行う内容は上記3点です。

Webサイト制作会社が提案時に提出した、提案書や企画書の内容でそのままホームページを制作するのではなく、発注後にしっかりと再確認をしましょう。

発注後ですので、Webサイト制作会社には、「ここはどうなっているのか?」と遠慮なく質問を投げる必要があります。

この確認作業をしっかりと行うことで、より高品質なホームページができますし、さらには集客と成約などの提案も行われていると思うので、成果の出るホームページになります。

そして、提案内容が定まれば、ウェブデザインに着手するのですが、ここではなるべく早い段階で原稿や画像を用意しましょう。

弊社の流れとしては、ワイヤーフレームを作成させていただき、承認が下りてからウェブデザインを作成します。

そして、可能であればワイヤーフレームには、弊社が用意した原稿を導入しているので、そこでリライトを行っていただければ、作業がよりスムーズになってきます。

もちろん、ワイヤーフレームでは分からないと言う場合は、ウェブデザイン完了後でも問題ありません。

また、テストアップ完了後でも問題はないのですが、テストアップ完了後はページのレイアウトが大幅に変わるような修正は受け付けれませんのでご注意ください。

最後にテストアップが完了したときに、すべてのページを確認しましょう。

この確認作業は、ユーザーが見る側だけではなく、管理画面などもしっかりと確認することが大切です。

管理画面の確認は、サイト運営効率に関わっていて、更新がしやすいかどうかをしっかりと確認しましょう。

これがホームページ制作段階でのお客さま作業になっていて、ここでは優先順位は意識しなくても良いと思います。

サイト運営時の優先順位

本当に大切になってくるのがサイト優先順位です。

この優先順位を立てる前に、いきなりあれやこれやと考えるのではなく、まずは集客だけを考えて優先順位を立てます。

なぜかと言うと、ホームページから成果を出すために、最初に行うべきは集客対策になるからです。

どんなに優れたウェブデザインであったとしても、そもそも見てくれる見込み顧客がいない状態では、お問い合わせなどの成果を得れません。

さらには、成約率を考えた場合も、ウェブマスターさまやWebサイト制作会社の勘や経験で行うのではなく、アクセス解析の数値データが必要になります。

このアクセス解析の数値データを見るのに、実は訪問者数がいなければ、大半のページで0となってしまうので、まともなデータを取得できません。

そのため、初めに検討するのは集客対策になってくるのです。

この集客対策には、どのような手法で集客をしても問題ありません。

弊社であれば、SEOが最も多く、次にソーシャルメディア運用やリスティングとYouTube広告の利用です。

それぞれの集客対策で、具体的にどのような作業が必要になり、何を優先すべきかを明確にしたうえで、対策を継続し続けるのが大切です。

ここで大切になってくるのが、例えばSEOであれば、新規ページ作成が重要になるのですが、この新規ページ作成を2,3日行うくらいでは、まったく効果が出ないという点です。

2,3日の作業の場合、その期間に検索順位が落ちるケースもしばしばみられます。

しかし、成果を出すには、それでも継続した作業が必要になっていて、もし対策法が正しければ、必ずどこかのタイミングで飛躍的に成果が向上するのです。

このようにどの集客法を選択されたとしても、短期で効果を見るのは非常にリスクが高く、効果測定は1週間や1ヶ月作業をやり続けてから判断するのが良いでしょう。

そして集客ができれば、次は成約対策に取り掛かります。

ここでは、グーグルアナリティクスとグーグルサーチコンソールを利用します。

まず、成約率が高い訪問者を集めるために、SEOからの流入数を盤石なものにしたいのであれば、グーグルサーチコンソールを利用します。

集客力は取り敢えず現状維持でメインが成約率の向上であれば、グーグルアナリティクスを利用します。

そしてそれぞれのデータを確認して、今自社サイトに必要なのは具体的にどの対策かを明確にしたうえで、対策を行うことが効果的です。

ただし、ここでツールを利用した成約対策においては、今自社のホームページに何が必要かを考えなくてはいけません。

例えば、グーグルサーチコンソールであれば、検出 - インデックス未登録の改善が急務やグーグルアナリティクスであれば、直帰率の改善と言うように、何をするかを明確にしましょう。

もちろん、すべてのデータを駆使して、満遍なく行えるのであれば、それでも良いとは思いますが、一般的にはすべてをカバーするのは本当に大変です。

そのため、優先順位と言うよりかは、何を今すべきかを明確にして、1つの対策ずつ行うのが良いと思います。

すべきことが明確な場合の効果

ホームページ制作であれ、サイト運営であれ、行うべきことが明確で、優先順位が明確であれば非常に成果が高いです。

例えば、ホームページ制作実績のコーワスタイルさまは、ホームページを公開するまで、原稿作成はもちろんパソコンもあまり利用しておりませんでした。

しかし、弊社にご相談をいただき、公開後に、事例紹介を更新して欲しいとお伝えをして、とにかく新規事例の公開だけに全力を出していただきました。

その結果、SEOで非常に高い効果を生み出していて、現在では狙ったキーワードの半分で1位から5位の間にランクインしています。

漠然とあれもこれもやらないといけないと思うのではなく、まずは自社サイトに何が必要かを考え、優先順位を立てて対策を行うと、経験や知識がなくても成果を出せるのです。

これからホームページを制作あるいはサイト運営を行い成果を出したいとお考えの企業さまの参考になれば幸いです。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

これまでの実績

TOP