大阪のWeb制作会社セブンデザインのスタッフブログ

ホームページ制作は立ち上げを優先

ホームページ制作は立ち上げを優先

ホームページ制作をご検討の方は、ホームページ制作会社にお問い合わせをされると思います。

実際に弊社においても、ホームページ制作案件の大半が、SEO対策に依存しており、SEOでお問い合わせをいただいた後、お客さまとの関係を続け、その後にお仕事をいただくことがあるのですが、そのようなお客さまにおいても、SEOが最初のお問い合わせになっております。

そしてこのホームページ制作を行っていると、お客さまの気持ちやモチベーションによって、ホームページ制作段階から色々とご要望をいただき、なかなか進まないこともあるのですが、これは弊社ではあまり良い結果を生まないと考えております。

もちろん、ご指摘内容が確かにと思うことや、そもそものお客さまのビジネスを間違えて理解をしたため、内容があまり優れていないということもありますが、その場合はしっかりと直していく必要があります。

そこで今回は、ホームページ制作は細かな箇所では、立ち上げを優先したほうが良いという点をご紹介いたします。

ホームページ制作の要望

要望

ホームページ制作は基本的にはいきなりホームページを制作し始めるのではありません

企画・構成

まず、ホームページ制作を行う際に初めに行うのが企画・構成の作成になります。

この企画構成では、基本的には提案前に行うことが一般的で、どのようなコンテンツをどのように作成するのかや、ページ数は何ページになるのかなどから、どこから人を集めるのかをしっかりと定めることから始めます。

この企画構成をしっかりと立てることで、ホームページ制作は本当に必要なページが網羅されたホームページになり、期待以上の成果を得ることが可能になるのです。

基本的にはこの企画構成は、どのホームページ制作会社でもしっかりと行っていると思われ、当然大阪のホームページ制作会社である弊社もしっかりと実施しております。

この企画は本当に大切なものになっていて、特に大切なのは、どこから人を集めるか、そしてそのためのホームページ運営はどのような作業が必要かが大切になってくるので、ここまでをしっかりと企画の段階から立てるようにしなくてはなりません。

ワイヤーフレーム作成

そしてお客さまからお仕事のご発注をいただきましたら、ワイヤーフレームを作成いたします。

このワイヤーフレーム作成においては、すべてのページの線画を作成することになっていて、この線画を見てそれぞれのページの要素を確定していく必要があります。

そして弊社ではこの段階において、原稿は基本的にタタキになりますが、しっかりと原稿作成を行ってご提出しており、そうすることで、お客さまに少しでもイメージを持っていただくようにしております。

もちろん費用をいただいたうえでの作業になっておりますので、タタキとはいえ、お客さまが本当に良いと思う原稿に仕上げるために、原稿作成ができる方は弊社のタタキのリライトを、そして原稿作成が苦手な方は、修正ポイントをお伝えいただくことで、弊社でリライトを行っております。

確かにこの原稿作成はプロのライターを手配して作成する方が良い原稿を作成することが可能ですが、そこまで予算は出ないという場合は、お客さまの納得のいく原稿へと仕上げさせていただいております。

ただ、あくまで費用をいただいているとはいえ、プロのライターが作成するのではなく、営業が作成しているので、文章の良さを意識する場合はプロのライターに原稿作成を依頼することがオススメになります。

デザイン作成

そしてワイヤーフレームが完成すれば、それぞれのページの要素や原稿が決まりますので、それからデザイン作成を行ってまいります。

基本的にはワイヤーフレームを出したとしても、完璧にそのワイヤーフレームを理解して頂けるということは少なく、なんとなく分かったという場合が大半になっております。

そのため、ワイヤーでは基本的には要素の確認としていただいており、実際のイメージについてはデザインでの確認を行っております。

このデザイン作成を行って分からないということはあまりなく、すべてのページのデザインを作成するということはしておりませんが、しかしトップページと中ページを数ページ作成すれば、大体ワイヤーフレームの理解度が高まっているように思われます。

そしてこのデザイン作成までが終われば、最後のコーディング作業、すなわちホームページ制作が始まるのです。

企画・構成の質問があまりない

企画・構成の質問

そしてホームページ制作を行っていて思うのが、企画・構成について指摘をされることが本当に少ないように思われます。

実はこの企画・構成については、かなり力を入れてご指摘や修正指示をいただきたいものになっているのですが、半分以上の方が作成ページに対してはあまり気にされていないように思います。

どういうことかというと、例えば、「スタッフブログを制作しましょう。そしてスタッフブログはSEOのためになるので、しっかりと更新作業が必要です。」と提案して何も考えずにスタッフブログを制作しても、実はホームページ運営フェーズでスタッフブログを更新して頂けないことが多くあります。

あるいは更新しても弊社のルールとは異なる更新方法を行われてしまったりすることもあり、そうなってしまうと、SEOのためにスタッフブログを制作しているのにまったく役に立たないものになるのです。

そのため、あくまで一例ですが、スタッフブログの提案をされたときには、しっかりとホームページ制作会社に「なぜスタッフブログを制作するのか、その更新方法は?」と質問をして、実際のワイヤーフレーム制作が始まる前に、記事を書いてみるといいでしょう。

そして、ホームページ制作会社のルールに基づいて記事を書けるようであれば、そのままスタッフブログを制作してもらい、記事が書けないようであれば、別のコンテンツを作成してもらうことで、本当にSEO対策などの目的を達成できるスタッフブログとなるのです。

この別の提案をしてもらうことは、基本的には発注後でワイヤーフレーム作成前に行っていただくことを推奨しており、その理由はホームページ制作が進んでからだと非常に手間がかかるものになるので、発注した後のワイヤーフレーム作成前に一度更新を行えるコンテンツなどはしっかりと更新作業を行ってみることが重要です。

もちろん更新コンテンツだけではなく、例えば〇〇の強みやサービスページなどにおいても、どういう内容を掲載していく必要があるかを整理していくことが重要になります。

デザインのこだわりは納期を圧迫

デザインのこだわり

そして実際に弊社がホームページ制作を行っていて思うのが、デザインへのこだわりが強いと本当にホームページ制作が進まないことがあります。

もちろん、弊社はホームページ制作会社になるので、デザインへのこだわりを持っていただくことは、本当にうれしいものになるのですが、しかしデザインにこだわりがある会社さまの多くが小出しで支持を出してきます。

そしてもちろん、デザイン修正に対して、すべて拒否することはありませんが、しかし行っても意味のない修正指示の場合は、行っても意味がないとはっきりとお伝えさせて頂いております。

というのが全体のテイストに問題がある場合は、絶対にデザイン改定が必要になりますが、そうではなくそれぞれのパーツの本当細かな箇所については、ホームページ運営の中で、アクセス解析のデータを見ながら改善していくことの方が良いと思っております。

そしてさらにはホームページ制作は大体の納期があると思いますので、その納期をいたずらに圧迫するだけになっており、単純に納期が修正にかかる期間伸びるということができるのです。

ホームページ制作は立ち上げを優先

ホームページ制作は立ち上げを優先しよう

もちろん、修正しないほうが良いということはありません。

ただ、修正にいたずらに時間をかけて、どんどん納期を伸ばしていくことよりも、必要な修正は行うようにして、立ち上げてみて効果測定をしてみないと判断がつかないような修正は後周りにしていく方が良いと思われます。

基本的にはホームページ制作においては、影響を与えることが目に見えて分かる、あるいは運営に影響を与えるような修正はしっかりと行っていき、細かな影響があるかもしれないという箇所は、ホームページ公開後に対策を立てることが重要になるのです。

このように影響があることが明確な箇所だけを修正していくことで、ホームページ制作はよりスムーズに行えるようになり、さらにはホームページ運営のデータを見ながら改善することで、本当に成果の出るホームページ制作へと成長するのです。

SEOやソーシャルメディアなどのホームページの集客は基本的には、ホームページ制作後の作業が大切ですし、さらにはこのようなホームページレイアウトについても、ホームページ公開後にアクセスデータからの改善が重要になり、これが一般的によく言われるホームページ制作は小さく作って大きく育てるということになるのです。

当記事は株式会社セブンデザインが作成しております。
当記事についてや弊社サービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

Web制作なら大阪のセブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

TOP

ホームページ制作実績