大阪のホームページ制作会社セブンデザインのスタッフブログ

カナダ留学サイトのリニューアル後の問題点と今後の対策

カナダ留学サイトのリニューアル

先日弊社では、カナダ留学サイトのリニューアルを実施いたしました。

このリニューアル作業においては、もともと受注したのが2015年になっているのですが、お恥ずかしながら公開したのは2020年になっております。

なぜこんなに時間がかかってしまったかというと、もともとのホームページではそのボリュームが膨大であったため、原稿整理をしなくてはならず、その作業をお客さまに一任してしまったため、時間がかかってしまったことが大きな要因になっております。

そしてSEO対策についてはもともと行われていたのですが、当初の計画では、SEO対策で上位表示という話で合ったのですが、度重なるホームページ制作中の変更や、納期が長くなったことによるコードの最適化ができないということがあり、少し狙いとは外れたホームページ制作になってしまいました。

そこで今回は、このカナダ留学サイトのリニューアル後の問題点と今後の対策法についてご紹介をいたします。

リニューアルを行ったカナダ留学サイト

リニューアルを行ったカナダ留学サイト

今回リニューアルを行ったカナダ留学サイトはこちらになります。

こちらのホームページではカナダ留学支援を行っている会社さまになっており、そして実際にカナダ事務所なども設けられているようで、留学先の学校に実際に訪問して、本当に安全でためになる学校に厳選して留学支援を行っています。

そしてリニューアルを行った理由としては、お客さまからはホームページのデザインが古くなったので改定したいというご要望をいただき、リニューアルを行う流れとなりました。

【ピュアカナダさまの詳細】
有限会社ピュアネットワーク
屋号:ピュアカナダ留学センター
〒536-0016 大阪市城東区蒲生1-1-13
TEL:06-6933-3030 / FAX:06-6933-3063
https://www.p-u-r-e.net/

質の高いサービスとホームページのミスマッチ

質の高いサービスとホームページのミスマッチ

そしてヒアリングにご訪問をさせて頂き、話を聞いていると、実際にカナダ留学のホームページを制作したことがなかったのですが、非常に優れたカナダ留学サポートを行っていると感じました。

しかし、ホームページ自体は2000年ごろに制作したホームページであったため、デザインが昔のデザイン、悪く言えば古臭いデザインになっており、サービスの質の高さとホームページのデザインがミスマッチになっていたのです。

そのため、サービスの質の高さを打ち出せるホームページデザインにしなくてはならないと考え、デザインを提案が2015年だったので2015年の流行のデザインでの提案をいたしました。

そしてさらには、多くの方が高校留学を希望されるということでしたので、高校留学を行う親御さまにとっても、安心して子供を送ることができる留学サポート会社であることをしっかりと打ち出せるコンテンツ作成を提案させていただき、現在のホームページとなったのです。

更新したいコンテンツが膨大

更新したいコンテンツ

そしてこちらのホームページでは、すべてのページをワードプレスでお客さま自身で更新ができるように制作しています。

この作業は本当に手間がかかった作業になっていましたが、しかしホームページを見て頂けると分かるように、このホームページには大量のページ数があり、そしてこれらのページに打ち出している内容を少ないページ数ですべて打ち出すことは非常に難しいものになっていたのです。

そのためお客さまとしても、今後更新作業を行うことを考えていけば、全ページの更新が必須であると考えられ、全ページの更新作業が行えるように、ご指示をいただきました。

この更新作業では、例えばページの原稿を変えることも簡単にできますが、最も大きな要因としては、新規ページを作成したら、カテゴリートップページやサイトマップページなどに自動でリンクが配置されるようにしておりますので、今後サービスが少し変わった段階でも、お客さまとしては新規ページを作成すれば自動で内部リンクが配置されるようにしております。

その結果、お客さまは例えば新サービスのページを作成したと思ったときに、自社でそのページを管理画面から作成するだけで、ホームページ制作会社は一切不要になっています。

検索順位は上がらず

検索順位は上がらず

そして弊社として心残りになるのが、確かに更新システムを全ページに搭載することで、更新自体はお客さま自身で行っていただけるようになりましたが、検索順位の方は変わらずと言った結果となっております。

これは非常に残念な結果であるということができ、当初の計画ではSEO順位も高めるという話でしたので、何とかして上げたいと現在も思っておりますが、結果的にはリニューアル前の順位とは変わらないものになってしまいました。

しかし実際にSEO順位は変わりませんでしたが、ローカルSEOの提案はさせて頂き、その作業をしっかりと行っていただきましたので、ローカルSEOでは上位表示ができているので、グーグルアナリティクスの結果などを見ても、訪問者数としては問題がないと判断できます。

今後は何とかしてこのホームページの検索順位を上げていこうと考えており、これらを徹底して行うことで、本当に効果のあるホームページとなればと思っております。

今後の対策はSEOとコンテンツ整理

今後の対策はSEOとコンテンツ整理

カナダ留学サイトの今後の課題については、やはりSEO対策になると思います。

それにプラスアルファして、現状では打ち出したいコンテンツが膨大であったため、ページ数が非常に多いものになっておりますが、今後はこれらのページ数を整理していくことで、より効果的なホームページ制作にしようと考えております。

このページ数の整理については、非常にお客さまにも負荷がかかる対策になるのですが、しかし不要な情報を削除したり、本当に打ち出していきたいコンテンツを追加することこそが、現状でのこのカナダ留学サイトに必要になっていると思います。

そしてプラスアルファとして、現在確かにローカルSEOでは上位表示を取れておりますが、今後はSEO対策やツイッター、インスタグラムなどのソーシャルメディアでのアクセス数も増やすことを考えており、こちらはSEO対策で成功すれば提案していこうと考えております。

言い訳かもしれませんが、少し制作期間が長くなってしまったので、SEO効果を十分に発揮することはできませんでしたが、それらは今後の課題として対策を行っていくことで、お客さまのカナダ留学サイトは飛躍的に効果を高めることが可能であると考えております。

弊社の反省点

弊社の反省点

今回のカナダ留学サイトを公開して、弊社でも反省しておりますが、やはり原稿作成をもっとサポートすべきであったと思っております。

ざっくりとですが、確かに原稿ボリュームが多いにしても、大体5年ほど(もう少し詳しく言うと4年半)の制作期間がかかったことは、ホームページのソースコードの組み方なども変わること、そして初めの提案内容を忘れてしまうことから、すべての上でサービス提供企業としては質の最大化を図れなかったと思っております。

そのため、弊社はライターはいないのですが、しかし今後はもっと原稿作成などについても、お客さまに丸投げするのではなく、もっと関わって行こうと思っており、もちろん原稿作成を代行することは基本しておりませんが、しかし期日に送れそうであれば、しっかりと連絡を入れて、なぜ原稿作成ができないのかをヒアリングしてその問題点を解消したり、サンプルの原稿作成を行ったりして、納期をしっかりと意識したホームページ制作を行おうと考えております。

また、今回のカナダ留学サイトのように、納期が延びた場合でも、ウェブデザインは流行があるため、対応が難しくなりますが、コーディングについては、高品質なコーディングが行えるように検討をしていこうと考えております。

これらを徹底することで、納期が多少伸びても、本当にSEOで成果を出せるホームページ制作になると思いますので、弊社の反省点としては、その時代時代で組み方が変わるコーディングを普遍的に最適化していくことが反省点となっております。

また、今回のカナダ留学サイトについては、ホームページ制作実績ページにも掲載しておりますので、ご興味がございましたら、ホームページ制作実績ページもご覧ください。

類似記事

TOP

ホームページ制作実績