大阪のホームページ制作会社

ホームページ制作やSEO対策を提供する大阪のセブンデザインが運営するスタッフブログ

SEO・SEM
2014/6/16

正確な検索順位を簡単に調べる方法

グーグルの検索結果は、ユーザごとによって、大きく異なることがあります。

それは、SEO対策を行われている企業様にとっては非常に重要なことになり、自社で検索すると重要なキーワードで1位表示されていても、一般ユーザや見込み客の検索結果には、100位以下に表示されている可能性もあるということです。

この検索結果の差は、グーグルのパーソナライズド検索という「検索者の現在地」、「過去の検索履歴」、「過去に訪問したホームページの履歴」、「Google+での繋がり」などをもとに、検索結果を変更させる機能が原因となっています。

今回は、実際の自社の順位を簡単に調べることができる方法をご紹介させていただきます。SEO対策を意識したホームページを制作された企業様は、一度下記方法で自社の検索順位のチェックをされてみてはいかがでしょうか。

パーソナライズド検索とは

パーソナライズド検索とは、「検索者の現在地」や「過去の検索履歴」、「過去に訪問したホームページの履歴」などをもとに、ユーザがどのような情報を求めているかをグーグルが判断し、検索ユーザごとに検索順位を大きく変更させる機能のことを言います。

例えば、ビールが好きなAさんと動物が好きなBさんがいるとします。
Aさんは普段からビールについての検索を行っており、Bさんは動物についての検索を行っています。
その二人が[きりん]で検索を行った場合、Aさんの検索結果には、キリンビールのサイトなどのビール関連の検索結果が表示され、Bさんの検索結果では、動物のきりんについての検索結果が表示されます。

この結果は、それぞれのユーザにとって非常に良い検索結果であると言うことができ、ユーザごとの趣味趣向に合わせた検索結果を表示させることで、検索結果の満足度を向上させることが可能になります。

この機能は、アクセスした回数なども評価基準となってしまうため、例えば良く自社のホームページを閲覧されている方であれば、「御社の業種+地域名」などでグーグルで検索してみると、パーソナライズド検索機能によって自社サイトが1位表示されてしまいます。

そのため、SEO対策の順位を調査するためには、パーソナライズド検索機能を無効にして調査を実施しなくてはなりません。

正確に順位を測定するために

実際の検索順位を測定するためには、本来であれば以下のような対策が必要になります。

・グーグルアカウントのログアウト
・グーグルに関するクッキーの削除
・ブラウザのキャッシュの削除

これらの方法で、パーソナライズド検索を無効にすることは可能ですが、検索順位を調べるたびに、これらの作業を行うのは非常に手間のかかることかと思います。

そこで手間なく簡単に検索順位を調べるために、ブラウザのプライベートモードの利用がお薦めです。

プライベートモードを利用することで、過去の閲覧履歴やクッキー、ログイン情報などすべてがリセットされた状態でブラウザが起動されるため、実際の検索順位を手軽に調査することが可能になります。

各ブラウザでのプライベートモードの立ち上げ方

IE10、ファイヤーフォックス、グーグルクローム、オペラ、サファリでのプライベートモードの立ち上げ方をご紹介します。

IE10の場合

IE10の場合は、InPrivateブラウズを利用します。

IE10のInPrivateブラウズの起動方法

ブラウザの右上にある「歯車アイコン」をクリックし、「セーフティー」から「InPrivateブラウズ」を選択してください。

IE10のInPrivateブラウズ

URLの左側に「InPrivate」と表示されていれば、「InPrivateブラウズ」が正しく起動されています。

ファイヤーフォックスの場合

ファイヤーフォックスの場合は、プライベートブラウジングウィンドウを利用します。

ファイヤーフォックスのプライベートブラウジングウィンドウの起動方法

右上にある「三本線アイコン」をクリックし、「新しいプライベートウィンドウ」を選択してください。

ファイヤーフォックスのプライベートブラウジングウィンドウ

右上に「プライベートマーク」が表示されれば、「プライベートブラウジングウィンドウ」が正しく起動されています。

グーグルクロームの場合

グーグルクロームの場合は、シークレットウィンドウを利用します。

グーグルクロームのシークレットウィンドウの起動方法

右上にある「三本線アイコン」をクリックし、「シークレットウィンドウを開く」を選択してください。

グーグルクロームのシークレットウィンドウ

タブの左に「シークレットマーク」が表示されれば、「シークレットウィンドウ」が正しく起動されています。

オペラの場合

オペラの場合は、プライベートウィンドウを利用します。

オペラのプライベートウィンドウの起動方法

左上にある「オペラアイコン」をクリックし、「新しいプライベートウィンドウ」を選択してください。

オペラのプライベートウィンドウ

タブ内の左側に「プライベートマーク」が表示されれば、「プライベートウィンドウ」が正しく起動されています。

サファリの場合

サファリの場合は、プライベートブラウズを利用します。

サファリのプライベートブラウズの起動方法

右上にある「歯車アイコン」をクリックし、「プライベートブラウズ」を選択してください。

サファリのプライベートブラウズ

URLの右側に「プライベート」と表示されていれば、「プライベートブラウズ」が正しく起動されています。

このページのトップへ