SEVEN DESIGN 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

  • 2022.11.26

賃貸不動産会社のホームページ制作で成果が出る物件詳細

成果が出た賃貸不動産会社のホームページ制作は物件詳細がカギ

過去に当社では、賃貸不動産会社のホームページを制作しています。

こちらのホームページ制作は実際に結構効果を出していて、ご依頼いただいたときは代表者一人でしたが、現在では営業やウェブマスターを採用されています。

では、具体的にどんな賃貸不動産のホームページを制作したかをご紹介します。

賃貸不動産会社のホームページ制作で大切なコンテンツ

賃貸不動産会社のホームページ制作では、訪問者がどのような情報を求めるかと言うと、物件詳細ページです。

どこの賃貸物件が募集されていて、それはどんな物件か、周辺環境はどうかなど、詳しい情報を求めて不動産会社のホームページへと訪問しています。

そのため、ご依頼をいただいて企画を立てるために最初に考えた内容は、物件詳細ページをどうするかです。

単に物件詳細ページを作成しているだけでは、大手賃貸不動産会社には勝てません。

さらには、今回ご依頼いただいた賃貸不動産会社さまは代表者1名で営業をされていて、複雑な作業は労働時間的に対応が難しくなってきます。

そこで考えた内容が、物件詳細はもちろんですが、その他コンテンツと内部リンクで繋ぎ、ユーザーの知りたいにすべて答えるホームページ制作です。

賃貸不動産会社で成果を出すコンテンツ作成

今回制作する不動産会社のホームページ制作では、コンテンツ作成に多くの時間をかけていただきました。

もちろん、ホームページ制作時から完璧になってはおらず、サイト更新業務で少しずつウェブページや内部リンク数を増やしています。

例えばですが、不動産会社のホームページ制作で物件をアップしたとします。

物件詳細ページ自体では実はライバルと差を付けづらく、物件データは多くの賃貸不動産会社で概要や写真を使い丁寧に紹介されています。

そこでキーになる内容が、例えばその物件周りにある施設です。

物件詳細ページにコンビニがある場合は、徒歩何分でセブンイレブンがある、自動販売機はどこにあるかなど、生活に必要な情報は網羅させています。

さらに公園などについては、近くに公園があるだけではなく、その公園の詳細ページを1ページ作成しています。

そして物件詳細から内部リンクでその公園紹介ページへと送り、そのページでは写真などを多く掲載してイメージが付けれるようにしています。

もちろんコンビニや自動販売機、公園だけではなくあらゆる情報を掲載する計画を立てています。

ただ、実際に神戸と大阪の物件情報を掲載する賃貸不動産会社であり、すべての物件を公開時から充実させるのは不可能でした。

そのため、更新システムを利用して、公開後少しずつ改選させる提案をしています。

賃貸物件が決まった後はウェブページ削除はしない

賃貸物件が決まった後、そのままホームページに公開し続けるのは、いけません。

それはすでに決まっている物件を紹介しているため、客寄せパンダの物件詳細ページになってしまいます。

もちろん、賃貸不動産会社の多くが、事務員や営業がウェブマスターを担当され、忙しく、物件が決まった後もそのまま公開しているケースはあると思います。

この物件が決まった後に、ウェブページを削除しないのには、実は一点大きなメリットがありそれがSEOです。

SEOは原則ページを削除して404 NOT FOUNDになったとしてもマイナス影響はないとグーグルが断言をしています。

しかし、残念ながら当社の経験で言えば、404 NOT FOUNDがない方が高いSEO効果を出しているホームページが圧倒的に多くなっています。

そのため、今回の賃貸不動産会社の提案では、物件が決まった後も、実は物件詳細ページは削除しません。

ただ、そのまま公開しているのではなく、成約済みの物件には、タイトルタグに成約済みと入るように設計いたしました。

また、該当物件詳細ページには、上部に大きな画像で、成約済み物件になりますと記載をしています。

そうすることで、ユーザーが間違えて、この物件良いなと思うケースも無くなり、ユーザーにとって親切なホームページ制作となります。

確かに削除をした方がユーザーにとって親切なのは間違いありません。

ただ、SEO効果を出す必要があり、ページ削除はランキングが下がる可能性が高く、そんな対応をしています。

賃貸不動産会社サイト制作時のホームページのテーマ

賃貸不動産会社のホームページ制作のテーマは、ユーザーにとって本当に親切なコンテンツ作成になっています。

大手賃貸不動産会社は、豊富な情報量で勝負をしていて、もちろん募集中の物件は可能な限りすべてをアップする予定になっていました。

しかし、作業時間の関係もあり、やはり物件数で大手には勝てません。

さらにはクライアントは神戸と大阪がターゲットになっていました。

しかし大手は、大阪と兵庫、奈良、和歌山、東京など日本全国の物件情報をアップしています。

SEOにおいて、良質なウェブページ数は非常に大切な要素です。

そのため、大手賃貸不動産会社に勝つほどのウェブページ数は元から作れないものになっていました。

であれば、最低限【大阪 賃貸】や【神戸 賃貸】をメインキーワードにして上位表示を狙い、それ以外のビッグワードは避けて、スモールあるいはミドルワードでSEOを行いました。

そこで大切になるのが母数が少なくても大手に勝つにはコンテンツの質です。

このコンテンツの質は漠然と質を高めようとしても難しく、テーマを定める必要があります。

そのテーマは情報を網羅させることといたしました。

今回ホームページを制作した賃貸不動産会社の代表は、これまであまり文章作成をした経験がなく、優れた文章は書けないと言われています。

そのため、優れてなくても良いから、情報を網羅することに全力で取り組んでいただきました。

得にスタッフブログは凄い勢いで新規ページを作成していただき、1年で400ページくらいのペースになっています。

そしてホームページを制作して、1年くらいが経過したあたりで、一気にSEO効果を高めて、来店された方にホームページを見たや問い合わせなどを獲得できるようになっています。

現在では、ホームページから利益が出ていると確信していて、自社の営業活動の中心においていただいていて、そのためにウェブマスターを雇用いただいています。

実際に、現在、当社に連絡をいただいているのは代表ではなくウェブマスターになっていて、SEO以外にもソーシャルメディア運用や成約率対策なども行っていただいています。

ただ、ここまで制作したホームページが成果を出せた理由は、創業当初に代表に頑張っていただいた結果になっています。

実際に以前聞いた話によると、毎日23時ごろから翌1時までブログを更新して眠り、そして朝6時に出社されていたということです。

賃貸不動産会社にはSEO以外にも集客提案

結論から言うと承認はされませんでしたが、ツイッターはぜひとも使っていただきたいと思っていました。

と言うのが、意外とツイッター検索を行っている賃貸不動産を探している方は多くいます。

そのため、ツイッターを提案したのですが、代表者が運用するとなると、SEOと併用で時間が足りないという点から却下されています。

また、さらには、ソーシャルメディア運用は、それほど時間がかかりませんが、飛び飛びで1日に2,3回投稿が必要です。

代表者がインターネットに慣れていれば良かったですが、残念ながらあまり慣れていない方であり、ツイッターを定期的に見るのは難しいと言われています。

そのため、結果としては、SEOだけになっていますが、今後どこかのタイミングでツイッターを利用するようアドバイスしています。

賃貸不動産会社はワードプレスからフルスクラッチシステムへ

現在行っている作業ですが、もともとはワードプレスを使って、ホームページを制作していました。

特にワードプレスを利用していて、問題はないと考えていただいていますが、昔からフルスクラッチシステム開発を提案していて、現在リニューアルをさせていただいています。

ワードプレスは非常に優れた更新システムになっていて、基本的にはサイト更新が非常に簡単です。

さらにはブログコンテンツなどにおいては、同機能を実装するのは時間的にもコスト的にもほぼ不可能になっています。

ただ、できる箇所は適切に対応をして、賃貸不動産会社が必要なシステムを実装するホームページを制作しています。

もちろん、ワードプレスを辞めてフルスクラッチでCMSを構築してもSEOとして飛躍的に効果は出ないのは理解をいただいています。

ただ、サイト運営効率やさらにはソースコードが綺麗になった分、SEO評価が上がりやすいホームページとなってきます。

もちろん、初めから当社が面倒を見させていただき、必要がないけど当社が言うから、売上も高いしやってみるかと言うノリで依頼をいただいたとは、わずかに思っています。

ただ、期待にお応えできるよう全力でホームページを制作して、必ず期待以上に成果を出せるよう頑張ってまいります。

賃貸不動産会社はグーグルアナリティクスを使ったサイト改善を

そして現在、賃貸不動産会社は、ウェブマスターを担当者にして、グーグルアナリティクスを使った数値データの活用に取り組んでいます。

この数値データを見て、ホームページ内部を改善することで、成約率を高めようと考えています。

実際に当社もサポートをさせていただいていますが、お恥ずかしながらまだ当社がGA4についてあまり詳しくなく、少しずつの提案になっています。

現在行っている対策は、平均エンゲージメント時間を改善する対策です。

具体的には自社がブログで新規作成したウェブページで問題があるウェブページを当社でリストアップして、そのページをリライトしていただいています。

ただ、グーグルからの集客数が多いウェブページは対象から外しています。

と言うのもリライトによって、検索エンジンから評価が変わってしまうと集客力が落ちる恐れがありました。

そのため、平均エンゲージメント時間で低い順に並び替え、さらにはそこから検索からの流入数が少ないウェブページのリライトになっています。

実際に、目に見えるほど高い成約率向上は実現できていませんが、微妙に数値データは改善され始めているという状態です。

今後は、目に見えるだけ問い合わせや来店数を増やせるように、毎日少しずつ実施すると頑張っておられます。

賃貸不動産会社のホームページ制作に関するQ&A

賃貸不動産会社のホームページ制作の話をした際によくあるQ&Aをご紹介します。

集客法はSEOだけ?

集客対策はSEOだけになっています。

現在は、リスティング広告とユーチューブ広告を検討しているそうですが、ご依頼をいただいてからずっとSEO一本で勝負をされています。

もともと代表者は、SEOどこからホームページ制作についてまったく知識がない方でした。

ただ、勉強はしっかりと行ってくれる方で、しっかりとSEOについて学びそして実施いただきました。

何ヶ月くらいで集客効果と成果が出た?

SEOは比較的早かったと覚えています。

実際に賃貸不動産は難易度が比較的高いキーワードでありますが、公開して2ヶ月くらいで一気に検索順位が上がりました。

ただ、そこからが問題で、実は検索順位は上がり訪問者数が増えたけれども、成果が出なかったそうです。

創業したてであったため、サイト改善依頼はできず、取り敢えず集客力向上対策を継続されていました。

そして、半年くらいがあったあたりから、少しずつ問い合わせが増え始めたそうです。

さらには、来店された方にもホームページを見ましたと言われ出したそうで、最終的には、9カ月から1年かかっています。

SEOってうちもできる?

もちろん可能です。

ただし、SEOは良質なウェブページ作成が必須になっています。

そのため、良質なウェブページ作成を継続していかなくてはなりません。

この良質とはどういった内容かは、しっかりとホームページを制作した後に解説させていただきます。

また、過去の実績で言えば、100%達成できた企業は1社だけです。

ただ、50%位の達成率でも成果を出すことは可能で、安心してサイト運営を継続していただけます。

ホームページ制作費はいくらだった?

正確にはお伝えはできませんが、ざっくりとした予算としては、200万円前後になっています。

スタッフブログは、そこまでカスタマイズはしていませんが、物件詳細はかなりカスタマイズをしていて、時間が結構かかってしまいました。

賃貸不動産のホームページ制作と言うとパッケージサービスなども多くリリースされています。

ただ、当社はパッケージ化していなく、すべての企業でオリジナル作成をしていて、予算が必要になっていました。

ただ、パッケージはテンプレートが決まっていて、打ち出したい情報を打ち出せないなどがありますが、オリジナルになり、賃貸不動産会社の要望を90%以上は実現しています。

TOP