サイト作成ならSevenDesign 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

おすすめする無料ブログ

おすすめする無料ブログ一覧

無料ブログはホームページの集客対策と成約対策に利用が可能です。

無料ブログは、昔ほど効果は出せないと思いますが、しかし、1つ1つは効果が低くても、複数運営が可能で、しっかりと運営ができれば、効果は非常に高いと思います。

そのため、弊社は大阪のWeb制作会社ですが、ホームページ制作後には無料ブログ運営をお客さまにおすすめし、もし運営に時間が取れるようであれば、ホームページの成果を最大化させる提案をしています。

当記事は、2022年3月12日段階で、仕様が変更されれば、おすすめも変わるので、その際には当記事をリライトを予定しています。

選定法

選び方は?

今回の紹介は、あくまで弊社のおすすめで、必ず成果を出せると言えませんし、紹介していても成果を出せない可能性もあります。

最終的な判断はお客さま自身で行う必要があり、まずは、判断をどのように行えば良いのかについてご紹介をいたします。

判断を適切に行えば、ホームページ制作の成果は飛躍的に高まります。

更新のやりやすさ

当たり前ですが、ホームページ制作を行えば運営が必須で、無料ブログを選定する際に、知り合いなどにこれが効果的だよと聞いて、始めるのは、あまりおすすめいたしません。

理由は、無料ブログで効果が出るかどうかは、更新頻度と内容によるものですが、必ず自分自身が更新しやすいかの確認がおすすめです。

そのため、選定には、検索を行ってみて、どんな無料ブログがあるのか、そして候補をいくつかピックアップし、実際に投稿してみるようにしましょう。

そして、管理画面の操作性を確認して、中長期的に見たときの操作性を確認し、本当に更新しやすいものを選ぶのが重要です。

予約投稿も

運営をされた経験がある方であれば、ご理解いただけると思いますが、地味に重要なのが、記事の予約投稿です。

無料ブログのSEOにおいて予約投稿は重要なポイントで、この予約投稿を駆使すれば、記事をしっかりとグーグルに認識してもらえるようになります。

感覚ですが、ホームページ全体のページ数が少ないうちは、この予約投稿を使わなくても、すべてのページをインデックスしてくれるのですが、記事数が増えると、1日に4記事も5記事も公開してしまうと、半分以上がインデックス漏れを起こしてしまう可能性があります。

このインデックス漏れは、グーグルが認識していないページであるため、当然検索結果ページに表示されないページなので、せっかく苦労をして作成したにも関わらず、検索からの訪問者を集客できないページになるのです。

そのため、1日1記事の公開を推奨し、1日に2記事を作成できた場合は、翌日の予約投稿としておけば、効率の良いページ作成が可能です。

この予約投稿は、ホームページ運営には非常に重要なので、ホームページ制作中に予約投稿についてのご紹介をしっかりと行って、ホームページが公開したら基本的にはすべての投稿を予約投稿としていただいます。

グーグルサーチコンソールの導入

無料ブログにグーグルサーチコンソールを導入すればSEO効果の向上が実現されます。

無料ブログと言うと手軽に記事を書いて公開できるツールというイメージの方も多いですが、しかし現在のホームページの集客の大半がグーグル検索が一般的なので、必ず導入をおすすめします。

グーグルサーチコンソールの導入は、必須ではなく、できる限りグーグルサーチコンソール導入できるかからの選定が重要で、このグーグルサーチコンソールを導入し、定期的な効果測定を行うようにすれば、御社の無料ブログは本当に多くのユーザーの集客が実現できます。

当たり前ですが、本体は、ホームページ制作が終われば、グーグルサーチコンソールの導入は必須と言っても過言ではありません。

おすすめ

おすすめ

おすすめする無料ブログをご紹介いたします。

運営に慣れてる方は慣れてる方におすすめを、初心者から上級者まで全般についてはおすすめをご覧ください。

基本的には、ホームページ制作で更新可能コンテンツを作成している場合は、更新方法とほとんど変わりありません。

note

noteは、note株式会社が提供しています。

実際に、弊社もnoteを利用した経験があり、2022年3月現在で把握している無料ブログの中では断トツに更新がしやすいと思います。

弊社は大阪のWeb制作会社ですが、noteは本当に更新がしやすく、ホームページ制作で作成された更新可能コンテンツよりも圧倒的に更新がしやすいと思います。

理由は、記事を作成すればインターネットに公開できるというものではなく、通常はカテゴリーの作成と設定やメタディスクリプションの作成など、記事作成以外にもさまざまなな作業が付随しますが、noteでは記事作成以外の作業がほとんどできず、効率良く記事を作成し、公開が可能です。

そして、さらに記事作成画面もすっきりしているので、記事作成の効率も高まると思います。

そのため、更新のしやすさだけで言えば、note一択で、更新しやすい無料ブログがないかと言われれば、noteをおすすめしています。

さらにこのnoteはSEOにも強い特徴があり、実際に弊社で作成した記事は、比較的ニッチなキーワードですが、記事作成以外のSEOは一切行わなくても、多くのページが1位から5位に表示されていました。

ただし、問題点としては、リンクに効果が無効化されるnofollowが付いてしまう、さらにはグーグルサーチコンソールの導入が有料版のみという点があります。

アメブロ

アメブロは、株式会社サイバーエージェントが提供しています。

アメブロは、感覚ですが、noteの次に更新が簡単で、さらにはしっかりと運営していればSEOにも効果的な無料ブログです。

アメブロ最大の特徴は、アメブロにはいいね!機能が付いていますが、作成した記事にいいね!がつくと、ページの内部リンク本数を増やすことが可能です。

この内部リンク本数が増えると、ページ自体のSEO効果が高まり、検索からの訪問者が直接ページにアクセスしてくれるようになります。

そして、それぞれのページのSEO効果を高めると、実はトップページなどの他のページのSEO効果も高まり、非常にSEOに強いと言うことができます。

そのため、総合的に見たときにはアメブロが非常に効果的であると考え、このアメブロをホームページ制作直後から開設していただき、しっかりと運営していただければ、御社の無料ブログの成果の最大化が可能なのです。

ただし、アメブロの唯一の欠点としては、XMLサイトマップが生成されないので、XMLサイトマップの送信は行えません。

はてな

はてなブログは、株式会社はてなが提供しています。

はてなブログもアメブロと少し似たようなサービスですが、はてなブログはいいね!機能ではなく、はてなブックマーク機能になります。

実際にアメブロを運営していると、しっかりと記事を作成していれば、比較的いいね!が簡単に集まりますが、はてなはブックマーク機能なので、質の高い記事を書かなければ、それほど多くのブックマークを獲得できません。

そのため、管理画面を触ってみたときに、操作がしやすいかを確認し、もし操作性も変わらないと判断をされれば、弊社ではメインは、アメブロをおすすめし、はてなブログはサブとしての利用をおすすめしています。

ちなみに、はてなブックマークは、ホームページ制作が終わったらすべての会社さまにご紹介をしていて、しっかりとブックマークを増やしていただければ、被リンク効果の獲得やさらにははてなブックマークでの検索にページが紹介される可能性があります。

慣れてる方におすすめ

慣れてる方におすすめ

以下は、ある程度運営に慣れてる方におすすめする無料ブログです。

慣れてるというのは、ホームページ制作で更新可能コンテンツを開設して、更新画面の操作に慣れていて、さらには多少HTMLが触れるという条件がございます。

ライブドア

ライブドアブログは、LINE株式会社が提供しています。

ライブドアブログは、比較的更新がしやすくなりますが、実は普通の運営よりも、コードのカスタマイズを行ったほうが効果的なものになります。

弊社が把握しているだけで言えば、カスタマイズ性は無料ブログの中でも最も高く、そこまでWebに詳しくない方であっても、調べながらであれば、しっかりとしたカスタマイズが可能になります。

ただ、カスタマイズを行わず運営となると、上記でご紹介したアメブロやはてなにWebデザイン性やSEO、さらには更新のしやすさで負けると思っていて、カスタマイズを行わずに運営されるのであれば、他の無料ブログを運営されたほうが効率的だと思います。

ただしツイッターでホームページ制作について検索してみると、結構ライブドアブログのSEO効果は高いという声も多く見られるので、優先順位は比較的高いかもしれません。

Blogger

Bloggerとは、グーグルが提供しています。

このBloggerは、グーグルが運営していれば当然SEOにも強いと思われる方も多いと思いますが、決して強いわけではありません。

さらには、カスタマイズを行うには、ある程度のホームページ制作に関する技術的な知識が必要で、難易度が高くなります。

実際にしっかりとカスタマイズして、質の高い記事を作成していれば、結構SEOにも強いですが、カスタマイズのハードルが非常に高く、Bloggerのユーザー層は、WebやIT関係の方の利用が多いように思います。

そのため、カスタマイズができるのであれば、Bloggerはおすすめになりますが、ホームページ制作などのIT知識がない場合は、あまりおすすめができません。

tumblr

tumblrはアメリカのDavidville, Inc.が提供しています。

tumblrについて調べると、tumblrからの被リンクでSEO効果が向上したという記事を見かけますが、これまでの経験では、他のものとそれほど効果が変わらないと思います。

そして操作性はBloggerよりも扱いやすいものにはなりますが、初心者の方には非常にハードルが高い管理画面になるのです。

そのため、ホームページ制作が終わった後に、tumblrをあまりおすすめせず、すでに2,3個運営している方に、他に効果的な無料ブログはないの?と聞かれたときにご紹介程度にしています。

その他

その他

基本的には、上記の6つを提案しているのですが、Web担当者の人数が多い会社さまでは、1人1個を運営したいと言われたら、その他もご紹介をしています。

FC2SeesaaExciteJUGEM楽天を提案していますが、これらの無料ブログは上記でご紹介した6つのサブ的な扱いにしています。

もちろん、FC2やSeesaaなどを利用しても問題はありませんが、操作性であったり、システム側の仕様でのSEOの最適化は弱いものになると思います。

ただし、このその他の5つの無料ブログであったとしても、更新がしやすいと感じれば利用した方が良いものになり、本当に自分に合った選定こそが、成果に繋がる活用に繋がるのです。

現在のホームページ制作の効果は、運営量にかなり比例されるので、しっかりと運営がしやすいものを選択しましょう。

スパムは辞めよう

検索エンジンスパムは駄目

無料で本体のホームページの外部にホームページ制作ができるため、成果向上には非常に重要になると思います。

そして無料となると、結構多くの方が、無料ブログを立ち上げてそこから被リンクを行えば、無料で被リンク対策が可能であると考えられるのですが、この被リンク対策は絶対に行ってはなりません。

理由は、当然この被リンクは、過去に多くの会社さまで実施されていたため、現在のグーグルは闇雲な被リンクはすべて無視している、あるいは過剰に行いすぎていると検索エンジンペナルティーの対象になるのです。

そのため、基本的には本当にリンクが必要なページからトップページではなく該当するページへと適度な量の被リンクを行うようにしなくてはならず、これらを行っていれば、無料ブログからの被リンクであっても無視されませんし、さらにはペナルティーの心配もありません。

もちろん、目的は本体のホームページの被リンクでも問題はないと思いますが、闇雲な被リンクはマイナスあるいはゼロの効果になると認識し、被リンク対策を行う際には、被リンクの基礎知識を理解してから行うようにしましょう。

もちろん、現在のホームページ制作後のSEOにおいては、被リンクはまだまだ必要な施策になるので、しっかりとスパムではない適切な被リンク対策を行うようにしましょう。

実際に弊社はWeb制作会社になるため、ホームページ制作が専門で、被リンクについては専門ではないのですが、検索順位向上対策のお問い合わせをいただく会社さまの中には、スパムに近い闇雲な被リンク対策を行っている会社もいらっしゃいますので、注意して被リンクを行うようにしなくてはなりません。

開設したら必ず更新

必ず更新作業を行おう

弊社は大阪のWeb制作会社ですが、お客さまにホームページ制作後に、無料ブログを提案し、最初はしっかりと運営を行っていたとしても、更新作業を辞めてしまう可能性が非常に高くあります。

実際に、弊社もこれまで開設して、最初は順調に更新を行うのですが、少し仕事が忙しいと更新を辞めてしまいと言うのを繰り返しています。

基本的には、開設した目的で言うと、訪問者の集客と被リンクの獲得だと思うのですが、どちらも更新が重要です。

そして、どんなに過去に更新頻度が高かったとしても、その時は確かに成果に繋がりますが、更新を辞めてしまうと、半年以内には必ず御社のホームページの成果は激減すると思います。

そのため、ホームページ制作後に無料ブログを開設したら、必ず更新作業を行うようにしなくてはならず、この更新を行い続ければ、本当に効果を発揮するのです。

当ページは株式会社セブンデザインが作成しています。
当記事についてやサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メール

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

これまでの実績

TOP