大阪のホームページ制作会社

ホームページ制作やSEO対策を提供する大阪のセブンデザインが運営するスタッフブログ

HP制作・運営
2014/11/20

リフォーム会社のホームページ作成法

リフォーム会社様のホームページは、工務店やハウスメーカー、設計会社がライバル企業になり、その他の業界よりもライバル数が多くなっております。

さらに、住宅系のキーワードはSEOにおいて、難易度が非常に高いと言われており、検索エンジンからの訪問者の獲得においても、簡単に成果の出るものではありません。

だからと言って、webサイトを制作しても成果が出ないと言うわけではなく、正しいホームページ制作やSEOを行うことで、ライバルサイトが多くても、SEOの難易度が高いキーワードであっても、必ず期待通りの成果を上げることが可能です。

今回は、これからwebサイト制作をご検討や期待通りの成果を出せていないリフォーム会社様向けに、成功するwebサイト制作の考え方やSEO、コンテンツ作成の考え方についてご紹介します。

リフォーム会社のSEO

リフォーム会社様のホームページが行うべきSEOについてご紹介します。

[リフォーム 大阪]などの地域名を含めたキーワード

リフォーム会社様の見込み客は、近隣にお住まいの方となるため、[リフォーム 大阪]や[リフォーム会社 大阪]など、必ず地域名を含めたキーワードでのSEOが重要になります。

[キッチンリフォーム 大阪]などの部屋タイプを含めたキーワード

キッチンのリフォームを行いたい検索者は、「キッチンのリフォームを行いたいから、[リフォーム 大阪]で検索しよう」あるいは、「キッチンのリフォームを行いたいから、[キッチンリフォーム 大阪]で検索してみよう」のどちらで検索を行います。

そのため、キッチンリフォームなどの部屋タイプを含めたキーワードでのSEOは、非常に重要になります。

また、[キッチンリフォーム 大阪]というキーワードは、[リフォーム 大阪]に比べ、検索者のニーズがより具体的なものとなっています。

[リフォーム 大阪]で検索を行うユーザは、「オフィスのリフォームを行える大阪の業者を探している」や「キッチンのリフォームを行える大阪の業者を探している」、「住宅全体のリフォームを行える大阪の業者を探している」など、非常に多くのニーズを含んでいるのに対して、[キッチンリフォーム 大阪]での検索者は、「キッチンのリフォームを行える業者を探している」とより具体的なニーズをもって御社のwebサイトに訪れているのです。

これらのより具体的なニーズを持った訪問者は、成約率が非常に高い傾向にあり、御社のwebサイトでしっかりとメリットや特徴などを打ち出せていれば、それらのキーワードで検索したユーザがお問い合わせを行ってくれる確率は非常に高くなります。

そのため、キッチンやトイレ、リビングなど部屋タイプでのSEOをしっかり行うことで、ホームページの成果を飛躍的に向上させることが可能になります。

[浴室 バリアフリー]などのユーザニーズのキーワード

リフォームを行いたいと考えている検索者の中には、[リフォーム]というキーワードを使用せずに、リフォームを求めている検索者が存在します。

例えば、[同居している母が年を取ってきたし、浴室とトイレのバリアフリー化をしたいから[浴室 バリアフリー]」や、「キッチンが暗いので、明るくしたいから[キッチン 明るく]」などの方法で検索するユーザになります。

これらの検索者も御社の見込み客となるため、しっかりとSEOを行っておくことで、webサイトの成果を大幅に向上させることが可能になります。

[洋室リフォーム 費用 大阪]などのニッチなキーワード

[リフォーム 大阪]や[リフォーム会社 大阪]などのキーワードで、SEOを実施するだけでも十分な成果を得ることはできますが、期待以上の成果が出るホームページを制作するためには、ニッチワードでのSEOも行わなくてはなりません。

ニッチワードとは、検索される回数は少ないですが、よりニーズの絞り込まれた成約率の高い検索ワードのことを言います。

例えば、[洋室リフォーム 費用 大阪]などのキーワードでは、[リフォーム 大阪]と比べ、検索者のニーズが具体的になっています。

「リフォーム 大阪」で検索するユーザは、「リフォームを行ってくれる大阪の業者を探したい」や「競合他社である大阪のリフォーム会社のwebサイトを見てみよう」、[大阪のリフォーム会社に営業をしよう]など、様々なニーズが混在しているのに対して、[洋室リフォーム 費用 大阪]では「大阪リフォーム会社に洋室のリフォームを頼みたいから費用を調べよう」というニーズとなっています。

もし、御社のwebサイトに、洋室のリフォームの費用が掲載されており、その費用が想定の範囲内であれば、その訪問者が御社にお問い合わせをしてくれる可能性は非常に高くなります。

これらのニッチワードで多数の訪問者を集客できるSEOを行うことで、ホームページの成果を大幅に向上させることが可能になります。

ニッチワードでのSEOはこちら

SEOの成果を倍増させるために

リフォーム会社様のホームページでSEOの効果を倍増させる方法をご紹介します。

施工事例など定期的に更新できるコンテンツの作成

グーグルなどの検索エンジンは、「更新頻度」や「ページ数」「外部リンク」など、様々な要因から検索順位を確定しています。

その中で、グーグルが重要だと言っているのが「検索結果の見た目を良くする」「画像がグーグルに認識されるようにする」「更新を頻繁に行う」の3点になります。

「検索結果の見た目を良くする」と「画像がグーグルに認識されるようにする」については、ホームページ制作会社が行うことかと思いますが、「更新を頻繁に行う」については御社自身で行っていただくことが最も効率の良い対策になります。

そのため、webサイトを制作する際には、必ず御社で更新できるコンテンツを作成し、更新頻度を高めていかなくてはなりません。

リフォーム会社様の場合であれば、最も更新しやすいコンテンツは、施工事例になりますので、必ず施工事例は、ワードプレスなどのビジネスブログで制作し、御社で施工事例を追加していけるようにしなくてはなりません。

また、施工事例を公開する際には、必ず全てのページをオリジナルで作成していくことが重要になります。

よく似た事例だからと言って、他のページから原稿の全てをコピーしてしまうと、検索エンジンは類似ページとして認識してしまい、そのwebサイトの評価を下げてしまうのです。

1つ1つの事例をしっかりとオリジナルのページとして公開していくことで、webサイトの成果を飛躍的に向上させることが可能になります。

その他、リフォーム会社様のホームページであれば、施工事例の他に、スタッフブログやお客様の声、イベント情報、現場レポートなどが更新しやすいコンテンツになります。

その他の集客対策

SEO以外の集客対策をご紹介します。

グーグルプレイスへの登録

グーグルプレイスとは、例えば[リフォーム会社 大阪]などの、[地域名 サービス名(業種名)]で検索した際に、グーグルの検索結果の上部に表示されるマップのことを言います。

地域名を絞ったSEOを実施しているホームページであれば、必ずグーグルプレイスの登録を行わなくてはなりません。

グーグルプレイスへの登録については、当ブログのグーグルプレイスの登録法のページをご参照ください。

グーグルプレイスの詳細はこちら

リフォーム会社のホームページから成果を出すために

リフォーム会社様のwebサイトから成果を出すための対策方法についてご紹介します。

分かりやすさを追求したウェブデザイン

リフォーム会社様のwebサイトでは、訪れるユーザの年齢層が比較的広くなるため、分かりやすさを追求したシンプルなウェブデザインを作成することが重要になります。

例えば、情報を詰め込んでいるようなウェブデザインとせず、スペースを上手く活用し、ゆとりを持たせたウェブデザインとすることや、なるべく色を使い過ぎず、シンプルなデザインとすることで、訪問者が知りたい情報のページへとすぐに移動できるホームページへとすることが可能です。

もちろん、シンプルなだけではなく、御社の特徴を打ち出したデザインとすることも重要になり、競合他社との差別化を図っていくことで、webサイトからの成果を大きく向上させることが可能になります。

ユーザのニーズに応えるコンテンツ

多くのリフォーム会社様のwebサイトでは、リフォームメニューなどのコンテンツで、「キッチンのリフォーム」や「浴室のリフォーム」、「トイレのリフォーム」など部屋タイプごとに1ページを取って紹介しています。

しかし、それらのページでは、商品の紹介だけが行われており、具体的にどういったリフォームを行ってくれるかが紹介されていることはありません。

キッチンのリフォームを行いたいユーザは、いきなり商品を見せられるのではなく、「キッチンをどうリフォームすれば問題点が解決されるのか?」や「どういうリフォームを行ってくれるのか?」を知りたいと思っています。

そのような要望を持った訪問者に対して、いきなり商品の紹介を行っても、まったく納得してくれることはありません。

リフォームメニューに限らず、すべてのコンテンツでも同様で、このページに訪れたユーザは、どういう情報を知りたがっているのかを検討し、その情報が記載されたコンテンツを作成することで、webサイトの成約率を大幅に向上させることが可能になります。

ホームページの成果を向上させる施工事例

リフォーム会社様のホームページには必ずある施工事例ですが、多くのリフォーム会社様の施工事例は、ビフォーアフターの写真を掲載するだけであったり、短い文章でお客様の声を紹介しているだけで、成果に繋がる施工事例として制作できていません。

成果に繋がる施工事例とするためには、どういう内容を掲載すれば、訪問者がお問い合わせしてくれるのかを考えることが重要になります。

例えば、ビフォーアフターの写真を掲載だけではなく、ビフォーの写真と共に「こういう問題があり、リフォームを行いました」とテキストで説明を行い、アフターの写真と共に「こういうリフォームを行い、改善されました」などの説明文を入れることが重要になります。

また、イメージギャラリーも同様に、それぞれの写真を文章で補足説明していくことで、より魅力的なイメージギャラリーとすることが可能になります。

その他にも、「このリフォーム事例を見た人は、こちらのリフォーム事例も見ています」などのレコメンドを行うことも重要になり、より多くの事例を訪問者に見てもらい、具体的なイメージを持ってもらうことで、お問い合わせに繋がる施工事例とすることが可能になります。

工務店のホームページ作成法はこちら
このページのトップへ