サイト作成の成果を追求 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

301リダイレクト元と404ページURLを復活して【キーワード 地域名】で上位表示

404や301リダイレクトURLを減らすSEO

弊社のホームページ制作実績のお客さまの中に、トップページだけが上がらないと言うお客さまがいました。

そちらの会社さまは、真剣にSEOのためにサイト運営を行われていたのですが、なぜかトップページだけが上がりませんでした。

そこで、弊社が提案したのが、まずは301リダイレクト元URLアドレス、次に404ページのURLを復活させる提案です。

301リダイレクトと404とは

301リダイレクトとは、転送設定になっていて、404とはページが削除されたことを示すステータスコードです

301リダイレクトとは

301リダイレクトとは、転送設定になっています。

ホームページを制作した会社さまが利用するのは、AとBのページを作成して、AとBのページの内容をまとめたCページを作ったとします。

このときに、現在のグーグルは重複コンテンツを非常に嫌うため、そのままにしておくとSEOとしては大きなマイナスになってしまいます。

そのため、AとBのページを301リダイレクト元として、Cページに向けることで、AとBの評価の一部をCページに与え、さらには重複も無くなりSEO効果が高まります。

この301リダイレクトは、SEOに真剣である会社であれば、かなりの頻度で利用するものになっていて、実際に弊社サイトも400ページほどをリダイレクトしています。

404とは

404とはページが削除されたときに表示されるページです。

404ページがあることは、実はSEOとしてはまったく影響がないとグーグルが言っていますが、ただし、サーバーが吐き出す404 NOT FOUNDではなく、オリジナルの404が必要です。

サーバーが吐き出した404ページは、他のページへと移動ができないや、グーグル自体も分かりづらい404ページは問題があると言っています。

このオリジナルの404ページ作成は、現在ホームページ制作では必ず行うものになっていて、しっかりと対応をすることで、よりSEOに効果を発揮します。

具体的な対策

今回、お客さまからご相談を受けて、新規ページ作成やリライトは計画を立てて行われていたので、別の箇所が原因ではないかと思いました。

そちらのホームページは日々、サイト運営努力を行われていましたし、さらには作成したコンテンツもそれほど質の低いものではありませんでした。

そのため、何かしら別の要因があると考えて、思い出したのが、SEO会社のツイッターに、上がらないサイトは新サイトにしたほうが早いという投稿です。
※ 投稿を探したけど現在は見つからず・・。

そして、新サイトとそちらのホームページで何が違うのかを確認したところ、大まかにですが、404と301リダイレクトページ数であると思いました。

実際に、弊社がホームページを制作した会社のグーグルサーチコンソールを確認したところ、確かに上がっているホームページは、これらの数が極端に少ないです。

例えば、301リダイレクトで言うと、ワードプレスが自動で行っている箇所以外は、.htaccessへの記載は0でした。

さらには、404も同様で、恐らく作成したページを消したことがないと思われ、もともと存在していないようなURLのページが10件ほどリストアップされるだけでした。

ただ、確証はなかったのですが、この2点かなと思い、もう少し調べてからお客さまに提案をしようと考えました。

検索エンジンの見解は?

主にグーグルのジョン・ミューラー氏の発言をもとにしています。

404ページの扱いについては、基本的にはページを削除する際には、転送をしたほうが良い、ただ転送ページがなければ404を返すべきだとのことです。

301リダイレクトは、上記の場合にのみ利用するのが良いと言っていました。

さらに、301リダイレクトについては追加情報として、間違った301リダイレクトを行い、SEO評価を下げているホームページもあるようです。

そして、ページを統合するべきかどうかについては、Web担当者フォーラムに掲載があり、グーグル自体は、削除や統合ではなく、リライトを推奨とのことです。

もちろん、404ページや301リダイレクトが悪いとは思いませんし、実際にこれらで成果を出していた大規模サイトもあります。

ただ、今回のホームページ制作実績のお客さまは、1,000ページ未満になるので小規模サイトの部類に入ってしまいます。

そのため、一応グーグルの発言を信じて、404ページと301リダイレクト元のページの復活を行うように提案しました。

404ページの復活は時間がかかる

グーグル自身がツイッターで、404ページやnoindexを付与したページを復活する場合、検索結果に正しく表示されるには時間がかかるとのことです。

確かに、調べると、2010年ごろから、グーグルはサーバーが落ちて404になった場合はすぐにサーバーの電源をOFFにして、不具合状態をグーグルが見ないようにして欲しいと言っています。

一度不具合と認識されてしまうと、再クロールまではその状態で評価をされてしまうので、SEOとしては本当に時間がかかってしまうのです。

ただ、このまま放置していてもおそらく上がらないので、取り敢えずはお客さまに1年計画であり、このような対策を毎日行ってくださいと提案をしています。

そして提案をしながら、本当にホームページ制作時またはサイト運営時にURLをしっかりと定めることは大切だなと感じました・・。

作業は1年計画

作業としては、ざっくりと500ページでした。

1日に2ページの作業を行ったとしても、1年は必要になる作業量です。

ただ、驚いたのが、そちらの会社さまは、3ヶ月程度で作業を終わらせました。

ただ、その段階では、検索順位が上がるどころか、逆に下がっていました。

お客さまからも、やっぱりやった作業は元の状態に戻したほうが良いんじゃないかと何度も言われましたが、時間がかかるのを知っていたので、もうしばらく待って欲しいとお願いしました。

そして、作業完了から3ヶ月経ったある日ですが、トップページで上位表示を狙っているキーワードの一つの検索順位が60位だったのですが、突然2位に表示されていました。

弊社としては、取り敢えずですが、一安心で、弊社では10のキーワードで計測をしていたのですが、他の9キーワードも大きく向上しています。

ホームページ制作後はURLは変えない

301リダイレクト元のURLと404ページURLを復活すればSEO効果があると思われます。

ただ、あくまで1サイトでの検証になっているので、御社サイトが同じようになるかは分かりません。

この調査結果の信憑性を上げるため、現在は弊社でも行っています。

ただ、そちらのお客さまのようにはできないので、弊社は400ページが対象なのですが、年内に終わればいいかな程度で作業をしています。

基本的にはホームページを制作後には、絶対にURLの変更はいけません。

グーグル自体も、品質を高めるためのリライトで処理したほうが良いと言っていて、恐らくこれは事実です。

ただ、404ページにしたり、301リダイレクトを行って検索順位が上がった事例は多くあります。

そのため、どうしてもアドレスの変更や、削除が必要な場合は行うようにして、そうではない場合は、絶対に行わないようにしましょう。

当ページは株式会社セブンデザインが作成しています。
当記事についてやサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メール

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

これまでの実績

TOP