大阪のホームページ制作会社

ホームページ制作やSEO対策を提供する大阪のセブンデザインが運営するスタッフブログ

サービス
2016/2/10

リニューアルせずにレスポンシブウェブデザインに対応したい

現在、ホームページを新規で作成、あるいはリニューアルを行う際に、多くの企業様がスマートフォン対応を希望されるため、レスポンシブwebデザインでのwebサイト制作を行う機会が非常に多くなりました。

また、スマートフォン対応の案件として、新規ウェブサイト作成やリニューアルだけではなく、現状スマートフォン対応を意識してウェブサイトを制作していないが、リニューアルを行わずに、可能な限りレスポンシブ対応を行いたいというご相談もよくいただきます。

リニューアルを行わずにスマートフォン対応を希望される企業様の多くが、「グーグルがスマートフォン対応を行っているwebサイトをスマートフォン検索時に優遇する」と言っているため、SEO効果の向上を期待してのご依頼になります。

もちろん、SEOやホームページの成果向上を考えた場合、せっかくスマートフォン対応を行うのであれば、リニューアルを行ったほうが効果的ではありますが、全面リニューアルを行うためには、多くの予算が必要になるため、応急処置としてであれば、リニューアルを行わずとも十分に効果的な対策としてご利用いただくことが可能です。

そこで今回は、レスポンシブ対応を行いたいけれども、あまり予算をかけたくないとお考えの方向けに、弊社のリニューアルを行わないレスポンシブウェブデザイン対応サービスをご紹介します。

レスポンシブウェブデザインとは

レスポンシブウェブデザインとは、webサイト作成の手法になります。

従来であれば、スマートフォン対応を行うためには、PCサイトの他に、スマートフォンサイトを制作しなくてはなりませんでしたが、レスポンシブウェブデザインでwebサイトを制作することで、ブラウザの横幅を基準にページのレイアウトを自動に切り替えることができます。

そのため、1つのウェブサイトで、PCユーザにはPCサイトを、スマートフォンユーザにはスマートフォンサイトを、表示させることが可能になります。

レスポンシブウェブデザインのメリット

レスポンシブウェブデザインでホームページ作成を行うメリットをご紹介します。

レスポンシブウェブデザインのメリット・デメリットを詳しく見る

ホームページの更新が効率的に

スマートフォンに対応したウェブサイトを制作するためには、従来であれば、PCサイトの他にスマートフォンサイトが必要であったため、webサイトの更新がある場合は、PCサイトとスマートフォンサイトの両方を別々に更新する必要がありました。

しかし、レスポンシブウェブデザインでウェブサイトを制作することで、PCとスマートフォンで別のレイアウトであったとしても、表示方法を変えているだけで、実際は1つのホームページになるため、例えば新着情報を追加した場合に1度の更新でPCサイトとスマートフォンサイトの更新が行えます。

そのため、更新作業が非常に楽になり、webサイトの運営効率を大きく向上させることが可能になります。

SEO効果の向上

レスポンシブウェブデザインでホームページを制作することで、SEO効果の向上に繋げることが可能です。

重複コンテンツにならない

モバイルサイトとPCサイトを別で制作している場合、まったく同じ内容のウェブサイトを2つ制作することになるため、カノニカルタグなどを利用して、同じウェブサイトであることを検索エンジンに伝えなくては、重複コンテンツとして認識されてしまう可能性があります。

レスポンシブウェブデザインでホームページを作成することで、1つのウェブサイトでPCで閲覧したときとスマートフォンで閲覧したときの表示を変えているだけになるため、重複コンテンツの心配がありません。

スマホ検索で優位

レスポンシブウェブデザインやスマートフォンサイトの作成などのwebサイトのスマートフォン対応を行うことで、スマートフォンでグーグル検索を行った際の検索順位が優遇されるようになります。

新端末への対応が容易

レスポンシブウェブデザインは、ブラウザの幅によってPCサイトを表示するか、スマートフォンサイトを表示するかを決定するホームページの制作手法になります。

PCサイトを表示するか、スマートフォンサイトを表示するかは、ブレイクポイントと言われる画面の切り替えの境目を設定することで切り替えを行えるようになります。

例えば、横幅が600px未満であればスマートフォンサイトを表示し、600px以上であればPCサイトを表示するなどの設定になります。

そのため、新しいスマートフォンなどの端末が発売された場合であっても、基本的には問題が発生するリスクもほぼなく、また万が一発生した場合であっても、大幅な修正をしなくとも対応することが可能です。

レスポンシブウェブデザイン対応サービス

弊社のリニューアルを行わずに、レスポンシブウェブデザインに対応するホームページ作成サービスの特徴を紹介します。

グーグルへの対応

スマートフォン対応を早急に行いたい企業様の多くは、グーグルでのスマートフォン検索での順位を気にされていることかと思います。

そのため弊社では、レスポンシブウェブデザイン対応の実施を行う前に、グーグルサーチコンソールにあるモバイルユーザビリティの問題点の確認を行い、できる限りグーグルがスマートフォン対応を行っていると認識してくれるような対策を実施します。

但し、ウェブサイトのレイアウト上、完全に対応できないこともあります。

レイアウトの調整

レスポンシブウェブデザインを想定してwebサイトを制作していない場合、どうしてもレスポンシブウェブデザインに対応することが難しい箇所も出てきてしまいます。

そういった場合でも、できる限り調整を行いますが、どうしても対応が難しい場合は、代替案のご提案をします。

低価格で行うことも可能

スマートフォン閲覧時のデザイン確認を行いたい場合は、別途デザイン費が掛かりますが、スマートフォン閲覧時のレイアウトを弊社にお任せいただくことで、レスポンシブウェブデザイン対応費を大きく抑えることが可能です。

レスポンシブ対応の流れ

リニューアルを行わず、レスポンシブ対応する流れをご紹介します。

お問い合わせ

弊社ウェブサイトからお問い合わせをお願いします。

調査

現ウェブサイトの調査とグーグルサーチコンソールの確認をします。

お見積り

調査結果からお見積書を作成します。

デザイン作成

ご要望がありましたら、スマートフォン閲覧時のデザインを作成させていただき、ご確認をいただきます。

コーディング

ホームページのレスポンシブウェブデザイン対応を行います。

確認

全ページの確認作業を御社と弊社で行います。

納品

確認後、問題がなければ納品とします。

このページのトップへ