大阪のホームページ制作会社

セブンデザインのスタッフブログ

ライバルに差をつけるオリジナルコンテンツ作成法

ホームページの新規制作やリニューアルをご検討の方が、まず初めに行うことは、競合他社のウェブサイトに訪れ、どのようなコンテンツを作成しているのかを確認することかと思います。

ある程度、競合他社のウェブサイトを確認をした後、なんとなく競合他社が制作しているコンテンツであれば、効果的なのかもしれないと考えてしまい、そのまま似たような原稿で、ページやホームページ全体を作成してしまうことが多くあります。

しかし、それでは、競合他社のウェブサイトとほぼ同じホームページを作成することになってしまうため、訪問者にとっては、どのウェブサイトで商品の購入やお問い合わせを行っても変わらず、最悪の場合、価格や所在地だけで比較されてしまいます。

また、現在のグーグルの仕様では、オリジナルのコンテンツを重要視しているため、SEO(検索エンジン対策)としても上位表示が難しく、見込み顧客を集客できないホームページとなってしまいます。

今回は、成果の出るホームページとするためには、どんなコンテンツを作成して良いか分からないとお悩みの方向けに、競合他社と差別化された成果に直結するオリジナルコンテンツ制作法についてご紹介をさせていただきます。

オリジナルコンテンツとは

オリジナルコンテンツと聞くと、他のウェブサイトには掲載されていない独自のコンテンツのことと考えてしまいがちですが、実はそのようなことはありません。

オリジナルコンテンツとは、自社や商品、サービスの強みを分かりやすく打ち出したコンテンツのことを言い、競合他社と似たような内容であったとしても、自社のノウハウや特徴を含んだコンテンツ作成することや、原稿を作成する際には必ず自分の言葉で作成すること、画像を利用する際にはユーザの理解を助けることができる画像を作成することなど、細部まで作り込まれたコンテンツのことを言います。

そのため、そのページで訪問者に何を伝えたいかを明確にし、細部までユーザ目線でページを作成することで、自然とオリジナルコンテンツを制作することが可能になります。

オリジナルコンテンツ作成の効果

オリジナルコンテンツを作成することは、非常に手間と時間のかかる作業になりますが、制作しているとしていないでは、ホームページの成果が大きく変わるため、ホームページを新規作成、リニューアルをする際には、必ずオリジナルコンテンツの作成に力を入れなくてはなりません。

SEO効果が向上する

検索エンジンは、検索結果の上位に、どこにでもあるようなコンテンツばかりを制作しているホームページをランクインさせてしてしまうことは、検索エンジンユーザの満足度の低下に繋がると考えています。

例えば、検索エンジンを使って、ある情報を調べようとしたときに、十分に情報を得ることができないHPや、他のホームページと似たような原稿ばかりが掲載されているウェブサイトが上位表示されていると、検索エンジンユーザは、その検索エンジンではなく、他の検索エンジンを使って知りたい情報を調べようとするため、検索エンジンユーザ数の減少に繋がってしまいます。

そのため、検索エンジンは、ユーザ満足度を高めることにより、検索エンジンユーザ数を増やすことを目的として、独自性の高いオリジナルコンテンツを作成しているウェブサイトを上位表示したいと考え、どこにでもあるようなコンテンツしかないようなウェブサイトの評価を下げるようにしています。

訪問者の成約率が高まる

訪問者は、どこにでもあるようなコンテンツばかりを作成しているホームページでは、お問い合わせや商品購入などのコンバージョンを行ってくれません。

たとえ競合他社と同じようなコンテンツしか作成できない業種であっても、デザインはもちろん、表現方法など、さまざまな点で、自社の特徴や強みを取り入れてコンテンツを制作することが重要になります。

例えば、まったく同じような内容のウェブサイトが2サイトあった場合に、訪問者がどちらのウェブサイトでお問い合わせを行うかの判断基準は、費用または立地などの条件でしか比較することができなくなってしまいます。

そのため、単に価格や立地で判断されないためにも、「お問い合わせしたい」と思わせるための動機付けを行うことが重要になり、自社や商品の特徴を取り入れたコンテンツを作成し、御社と競合他社を比較したときに、ユーザに御社の魅力を十分に伝えることができれば、お問い合わせを多く獲得できるホームページとすることが可能です。

オリジナルコンテンツ制作法

成果の出るオリジナルコンテンツを制作するためには、ウェブサイトの企画段階から作成するコンテンツについて十分に検討しておかなくてはなりません。

以下でご紹介するのは、実際に当社がオリジナルコンテンツ制作のために行っているフローになります。

1. 自社・商品・サービスの強みや特徴を整理

本当に効果的なコンテンツを作成するためには、自社の強みや特徴を正確に把握することから始めなくてはなりません。

具体的には、売れる営業マンのキラーフレーズをまとめたり、競合他社との違いや自社商品やサービスを利用するメリットなどの洗い出しを行います。

それらの情報を取り入れたコンテンツ作成を行うことで、訪問者はもちろん、検索エンジンからも高い評価を得ることができるウェブサイトとすることが可能になります。

2. 競合他社のコンテンツ調査

競合他社のウェブサイトの調査を行い、どのような打ち出し方をしているかを確認します。

その際に1社や2社ではなく、できる限り多くのライバルサイトを閲覧することが重要になり、ライバルサイトごとの良い点と悪い点をリストアップします。

リストアップ後には、ライバルサイトのコンテンツを参考にして、自社サイトのコンテンツを作成しますが、その際には、ライバルサイトがどんなに良い打ち出し方をしていたとしても、そのまま原稿や画像をコピーするのではなく、必ず御社自身の表現や打ち出し方でコンテンツを作成していかなくてはなりません。

3. 検索エンジンユーザのニーズを調査

成果の出るウェブサイトを作成するためには、闇雲にコンテンツを作成してもまったく意味がなく、ユーザが求めている情報を適切に提供することが重要になり、ユーザがどのような情報を求めているかを知るために、検索キーワードの調査を行います。

具体的には、見込み顧客が検索しそうなキーワードを検討するために、競合他社のHPのSEOワード調査を実施することや、見込み顧客が検索しそうなキーワードを洗い出すこと、さらにはおおよそのグーグルでの検索回数が分かるグーグルサジェストやキーワードプランナーなどを利用することになります。

これらの調査結果を生かし、コンテンツの企画を行うことで、SEOに強いホームページとなることはもちろん、検索エンジンユーザのニーズに応えることができる成果の出るwebサイトとすることが可能になります。

4. リニューアルの場合はアクセス解析を活用

リニューアルの場合は、現状のホームページのアクセス解析の結果を活用することで、効果的なコンテンツを制作することが可能になります。

現状のホームページのコンテンツの良い点と悪い点を明確にし、良い点はそのままリニューアル後も活用し、悪い点は改善を行うことで、より効果的なホームページへと成長させることが可能になります。

また、訪問者の検索キーワードリストを確認し、現状集客できていない検索ワードでコンテンツを作成することで、より多くの見込み客を集客できるホームページとすることが可能になります。

5. ユーザ目線でのコンテンツ作成

これらのデータを活用し、実際にコンテンツを作成していきます。

その際には、訪問者にとって分かりやすい文章かどうかや、分かりづらい箇所は画像で補足しているかどうか、自社の特徴はしっかりと打ち出せているかなどを考えながら作成していく必要があります。

このように細部までしっかりと考えられたコンテンツを作成することで、成果に直結するコンテンツを作成することが可能になります。

6. ホームページ運営でコンテンツの改善が重要

オリジナルコンテンツを作成しても、必ずしもそのコンテンツが効果的なものであると言うことはできず、効果が無かった場合は、改善を行っていく必要があります。

そのため、ホームページ運営の中で、必ずアクセス解析を活用し、コンテンツが効果的かどうかの検証や、問題点がある場合はコンテンツの改善を行っていかなくてはなりません。

この検証と改善を繰り返し行っていくことで、本当に成果の出るコンテンツとして成長させることが可能になります。

まとめ:どの業種であってもオリジナルコンテンツは作成できる

ライバルサイトと差をつけるためには、差別化されたオリジナルコンテンツを制作することが非常に重要になりますが、業種などによって、初めから作成することが無理だと諦められていることも多くあります。

しかし、差別化が難しい業種であったとしても、例えばネットショップであれば、「商品選びをサポートする内容を掲載する」や「商品活用の注意点を掲載する」など、競合他社よりも訪問者に親切なコンテンツ作成を行うことで、御社の顧客に対する対応力をアピールすることが可能になり、競合サイトと差別化を図ることが可能です。

オリジナルコンテンツとは、他のウェブサイトに掲載されていないような内容のページを多く作成することよりも、そのページに訪れたユーザに御社の魅力を最大限伝えることができるコンテンツのことを言います。

ぜひ、この機会に御社のウェブサイトのコンテンツの見直しを行い、オリジナルコンテンツを作成されてみてはいかがでしょうか。

TOP

ホームページ制作実績