大阪のホームページ制作会社

セブンデザインのスタッフブログ

ライバルに差をつける成果に繋がるコンテンツ作成法

ホームページを制作する際に、多くの企業さまでは、どのようなページを作成すれば良いかを検討するために、競合他社サイトやライバルサイトに訪れ、コンテンツ作成の参考にしているかと思います。

しかし、本当に成果の出るwebサイトとするためには、競合他社のコンテンツを参考にすることはもちろん重要ですが、自社の強みや特徴を含んだコンテンツを作成しなくてはなりません。

競合他社のコンテンツとほぼ同じ内容でウェブサイトを作成してしまうと、差別化ができないため、価格だけでユーザに比較されてしまったり、特徴を明確に打ち出しているウェブサイトに見込み顧客を奪われてしまい、期待通りの成果を得ることができていないホームページになってしまいます。

また、現在のグーグルの仕様では、オリジナルのコンテンツを重要視しているため、SEO対策としても上位表示が難しく、見込み顧客の集客が期待通りにできない結果となってしまいます。

そこで、今回は、成果の出るウェブサイト作成をご検討の企業さま向けに、競合他社と差別化されたライバルサイトに差をつけるコンテンツ制作の考え方をご紹介させていただきます。

差別化されたコンテンツの重要性

差別化されたコンテンツを作成することは、「検索エンジン対策(SEO)」と「訪問者の成約対策」として非常に効果的です。

検索エンジン対策(SEO)

検索エンジンは、検索結果のランキングに、どこにでもあるようなコンテンツばかりを制作しているホームページを上位表示することは、検索エンジンユーザの満足度の低下に繋がると考えています。

例えば、検索エンジンを使って、ある情報を調べようとしたときに、情報を十分に得ることができないHPや、誰でも知っているような専門性の低い情報を掲載されているウェブサイトばかりが上位表示されていると、検索エンジンユーザは、他の検索エンジンで調べようと考えてしまうため、検索エンジンユーザ数の減少に繋がってしまいます。

そのため、検索エンジンは、ユーザの満足度や検索エンジンユーザ数の向上を目的として、独自性の高いオリジナルコンテンツを作成しているウェブサイトを上位表示したいと考え、どこにでもあるようなコンテンツを制作しているホームページの評価を下げるようにしています。

訪問者の成約対策

訪問者は、どこにでもあるようなコンテンツを作成しているホームページでは、お問い合わせや商品購入などのコンバージョンを行ってくれません。

たとえ競合他社と同じようなコンテンツしか作成できない業種であっても、デザインはもちろん、表現方法など、さまざまな点で、御社の特徴や強みを取り入れてコンテンツを制作することが重要になります。

とにかく訪問者数を増やせば、webサイトから成果が出るのではなく、「お問い合わせや商品購入をしたい」と思わせるための動機付けを行うための、競合他社と差別化されたコンテンツを作成することで、ホームページの成果を飛躍的に向上させることが可能になります。

成果の出るコンテンツ制作法

成果の出るコンテンツを制作する方法は、ウェブサイトの企画段階から検討しなくてはなりません。

自社の強みや特徴を整理

本当に効果的なコンテンツを作成するためには、自社の強みや特徴を正確に把握することから始めなくてはなりません。

具体的には、売れる営業マンのキラーフレーズをまとめることや、競合他社との違いや自社商品やサービスを利用するメリットなどの洗い出しを行います。

それらの情報を取り入れたコンテンツ作成を行うことで、訪問者はもちろん、検索エンジンからも高い評価を得ることができるウェブサイトとすることが可能になります。

検索エンジンユーザのニーズを調査

多くの企業さまは、SEO対策に力を入れていることかと思います。

そのため、必ず検索エンジンユーザのニーズを調査し、そのニーズに応えることができるコンテンツを制作しなくてはなりません。

具体的には、御社の見込み顧客が検索しそうなキーワードを検討するために、競合他社のHPのキーワード調査を実施することや、見込み顧客が検索しそうなキーワードを洗い出し、実際に検索してみるなどを行います。

この調査結果を生かし、コンテンツの企画を行うことで、SEO対策に強いホームページとなることはもちろん、検索エンジンユーザのニーズに応えることができる成果の出るwebサイトとすることが可能になります。

競合他社のコンテンツ調査

競合他社のコンテンツを調査します。

その際に1社や2社ではなく、できる限り多くのライバルサイトを閲覧することが重要になります。

それらのライバル企業が作成しているコンテンツをリストアップし、御社のウェブサイトに取り入れることで、他のどんなウェブサイトよりも詳しいウェブページを作成することが可能になります。

競合他社の問題点の抽出

競合他社のホームページのコンテンツを調査する際に、併せて、競合他社のウェブサイトの分かりにくい点や、扱いづらいと思う点をリストアップすると効果的です。

競合他社のwebサイトと同じ問題点を抱えたウェブサイトとしないようにすることで、訪問者にとって本当に分かりやすく扱いやすいコンテンツ作成が行えるため、ユーザから選ばれるwebサイトとすることが可能になります。

アクセス解析を活用したコンテンツ企画

リニューアルの場合は、現状のホームページのアクセス解析の結果を活用することで、効果的なコンテンツを制作することが可能になります。

現状のホームページのコンテンツの良い点と悪い点を明確にし、良い点はそのままリニューアル後も活用し、悪い点は改善を行うことで、より効果的なコンテンツへと成長させることが可能になります。

また、訪問者の検索キーワードリストを確認し、現状集客できている検索ワードでコンテンツを作成することで、より多くの見込み客を集客できるホームページとすることが可能になります。

更新しやすいコンテンツを作成

webサイトは制作しただけで期待通りの成果を得ることはできません。

そのため、ワードプレスなどのビジネスブログを導入し、ビジネスに関連する内容で更新できるコンテンツを作成することが重要になります。

ユーザ目線でのコンテンツ作成

制作者目線ではなく、ユーザ目線でコンテンツを制作しなくてはなりません。

例えば、ユーザのことを考えずにコンテンツを作成した場合、なんとなく「多分ユーザは事例を見たいだろうから、事例紹介を掲載しよう」や「料金があったほうが分かりやすいかもしれないから料金表コンテンツを作成しよう」など、コンテンツに掲載する内容や目的が曖昧なまま作成してしまいます。

確かに、事例紹介や料金表は重要なコンテンツになりますが、ユーザのことを考えずにコンテンツを制作してしまうと、その中身が単なる情報の羅列となってしまい、ユーザにとって良いコンテンツであるとは言えなくなってしまいます。

ユーザの料金に関するニーズを調査し、その結果を生かした料金表コンテンツを作成することで、ユーザのニーズに応えることができるコンテンツ作成を行うことが可能です。

公開後にアクセス解析を活用したチューニング

ホームページ制作時に調査を行い、コンテンツを制作しても、必ず全てが成功するとは限りません。

実際の訪問者のニーズやウェブサイト内での動向を見ながら、定期的にコンテンツの改善を行うことで、本当に効果的なコンテンツへと成長させることが可能になります。

競合他社と差別化できないとお考えの方へ

ライバルサイトと差をつけるためには、コンテンツの差別化は非常に重要になりますが、実際には業種などによって、差別化が難しいこともあります。

しかし、差別化が難しい業種であったとしても、例えばネットショップであれば、「商品選びをサポートする内容を掲載する」や「商品活用の注意点を掲載する」など、競合他社よりもユーザに親切なコンテンツ作成を行うことで、ユーザにとって本当に扱いやすいネットショップとすることができ、競合サイトと差別化することが可能です。

ぜひ、この機会に、競合他社と差別化された成果に繋がるコンテンツ作成を行われてみてはいかがでしょうか。

TOP

ホームページ制作実績