サイト作成の成果を追求 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

利用機会は少ないがロボットテキストはクローラビリティーに重要

ロボットテキストとクローラビリティー

ロボットテキストをご存知でしょうか。

実際にロボットテキストは、Webサイト制作会社がホームページ制作時に用意するツールになっています。

ただ、公開後すぐに設置され、それ以降はあまり触られる機会が少ないですが、SEOを行うのであれば知っておくべきファイルになります。

クローラビリティーとは

当ページはロボットテキストの記述法のご説明ではなく、なぜ効果が出るのかについてご紹介をしたいと思います。

SEOにおいて、クローラビリティーを高めるのは基本的な対策です。

クローラビリティーとは、検索エンジンの情報収集プログラムが、すべてのページを正しく認識できるようにすることを言います。

例えば、ホームページを制作後に、スタッフブログを更新していて、新規で追加したページが認識されなければ、一切SEO効果を受けれません。

そういった場合にクローラビリティーを意識すれば、しっかりと作成したページを認識してもらえる、さらには正しくページの原稿を認識してもらえSEO効果が出ます。

このクローラビリティーは、ホームページ制作時の対策が大変ですが、お客さまも行う必要があります。

その対策とは以下になります。

  • グーグルサーチコンソールからURL検査
  • 内部リンクの充実
  • 見出しを正しく使う

この3点がお客さまが行うクローラビリティー対策です。

例えば、新規ページを作成したり、リライトを行ったら、グーグルサーチコンソールのURL検査を行うことで、そのページを認識してくれる可能性が高まります。

さらには内部リンクが充実していると、検索エンジンプログラムが他のページを見に行けるようになります。

最後に見出しを正しく使うは、最近のグーグルやヤフーなどの検索エンジンは、見出しタグを間違えていても正しく認識してくれますが、1から順に利用しなくてはなりません。

これら以外の対策は、Webサイト制作会社が行ってくれるため、お客さまはそれほど意識しなくても良いでしょう。

ロボットテキストとクローラビリティー

このクローラビリティーを高めるために、ロボットテキストは効果的です。

ただし、すべてのホームページではなく、1000ページを超え、XMLサイトマップの設置が必須な場合とグーグルが認識しなくて良いページがある場合は必須になっています。

グーグルが認識しなくて良いページがある場合は、各ページのhead内にnoindexを記述するのが一般的な対策です。

しかし、グーグルの発言から、実はグーグル内でも意見が分かれていて、noindexはあまり好きじゃなく、noindexを使うならページの品質を高めろと言っています。

では、どうしても認識してほしくないページはどうすれば良いかと言うと、ここでロボットテキストを利用して、検索エンジンの巡回を止めることが大切です。

ロボットテキストは、グーグルがページを確認する直前に閲覧してくれるファイルです。

そのため、ここに認識しなくて良いページを記載していると実はグーグルはそのページを見に行きません。

もちろん、100%ではないそうですが、グーグル自体がそう言っているので、恐らくかなり高い確率では見に行かないと思われます。

そして、見なくて良いページを見ないと、その作業を別のページに割り振ることができるので、飛躍的にクローラビリティーが高まるのです。

noindex以外に見なくて良いページに制限を付けるには、認証をかけるかロボットテキストしかありません。

認証はユーザー次第では、できないと思いますので、その際にロボットテキストは非常に役立ち適切に設置すれば、クローラビリティーを飛躍的に高めれるのです。

グーグル曰くnoindexは好きじゃない?

グーグルはnoindexを認識はできるのですが、好きではないと発言していました。

この発言を見たのは、Web担当者FORUMの低品質コンテンツは削除すべき? 改善すべき? ゲイリーの正論vsランドの現実【SEO記事11本まとめ】で記載がありました。

そのため、noindexの活用は、弊社でも推奨しておらず、基本的には検索結果ページに表示されるとまずいページがある場合は別ドメインを利用していただいています。

では、ロボットテキストへの記載はと言うと、現在で言えば、そのような発言を見たことはありません。

そのため、恐らくロボットテキストについては何も発言していないので、もし見られてマズい場合で、さらには同ドメインがSEOを意識するのであれば、ロボットテキストに記載しましょう。

ただし、このロボットテキストへの記載を間違えてしまうと、検索結果ページに表示されません。

そのため、ホームページを制作したWebサイト制作会社に頼むことをおすすめします。

適切に設置すればSEOが成功するかも

ロボットテキストへの記載を適切にすることで、SEO効果は高まると思われます。

ただ、実際に弊社がホームページを制作する場合は、基本的にはユーザーに見られたくないページを同ドメインで作成するケースはないので、どれくらいの効果かは不明です。

ただし、グーグル社員がnoindexは好きではないと言っていることをあえてやる必要はないと思います。

そのため、現在noindexで対策している会社さまは、この機会にロボットテキストを利用しても良いと思います。

現在のSEOにおいては、サイト運営が大切です。

そして新規ページ作成やリライトを行ってもクローラビリティーが低いと検索エンジンに気が付いてもらえません。

そのためにも、不要なページの巡回を予めストップさせ、さらにはXMLサイトマップの設置場所を伝えるためにも、ぜひ導入を検討しましょう。

ただし利用機会は多くない

ホームページ制作時にロボットテキストを記載したら、そこから改修したり、触るケースは本当にありません。

ただ、大企業と広告予算が潤沢な美容関係のホームページで、検索エンジンに紹介されたくないというようなキャンペーンページも作成したことがあります。

そういった場合には、ロボットテキストへの記載が必要になってきますが、ホームページ閉鎖まで一切触ることがないケースがほとんどです。

そのため、ホームページ制作が完了したら、Webサイト制作会社にロボットテキストを設置してくれと頼めば、それで作業が完了です。

もちろん、特に検索結果に表示されたくないページがない場合でも、XMLサイトマップの設置場所の記載ができるので、しっかりと導入だけはしておきましょう。

ロボットテキストの作成は簡単

ロボットテキストの作成は非常に簡単です。

当ページでは詳しく解説はしていませんが、気になる方は、ロボットテキストを作成してSEO効果を高めようのページをご覧ください。

基本的には、複雑な内容はなく、検索エンジンの指定を行い、見なくても良いディレクトリーやページの指定を行います。

また、ディレクトリーを指定したときに、その中にあるこのページだけは認識して欲しいページがある場合は、そのページを指定すればそこだけ見てもらうことが可能です。

作成時間としては、まったくホームページ制作についての知識がない方でも、15分もあれば作成ができると思われます。

もちろん、一般的な商用サイトでは、実はロボットテキストを利用する機会は多くないので、あまり効果を実感できるほどではないかもしれません。

しかし、念には念を入れるに近い感覚でしっかりと設置しておくことで、もしかすればそれなりの効果を得れるかもしれません。

ホームページを制作したらロボットテキストを設置しよう

弊社にSEOのお問い合わせをされる会社の中に、ホームページを調査するとロボットテキストがないケースを多く見かけます。

ただ、SEOを考えたホームページでは必須であると思います。

ロボットテキストの設置は、本当に簡単ですし、さらには公開して何年後でも気が付いたタイミングでアップをしても問題ありません。

現在自社サイトで導入されていない方はぜひこの機会に導入してみてはいかがでしょうか。

もちろん、100%成果が向上するとは言えませんが、導入しておくことで、もしグーグルがロボットテキストの認識を強めれば、もしかすれば効果が出るかもしれません。

当ページは株式会社セブンデザインが作成しています。
当記事についてやサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メール

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

これまでの実績

TOP