大阪のWeb制作会社セブンデザインのスタッフブログ

RSSとAtomを送信しよう

RSSとAtomをXMLサイトマップと一緒に送信

現在のWeb制作において、RSSとAtomを送信することは必須であると言っても過言ではありません。

多くの会社さまではXMLサイトマップの送信はされておりますが、RSSとAtomを送信されている会社さまは比較的少なく、このRSSとAtomを送信することで、御社のSEO効率を高めることが可能になるのです。

XMLサイトマップを送信する意味

XMLサイトマップを送信

RSSとAtomの説明をする前に、XMLサイトマップを送信することで、ホームページにあるすべてのページをグーグルが認識してくれるようになります。

このXMLサイトマップの送信は、Web制作において非常に大切になっており、しっかりとホームページを制作した後にXMLサイトマップを送信することで、御社がホームページの更新を行っていれば、正確にグーグルはその作成したページを認識することができるので、そのSEO効果は飛躍的に高くなります。

そしてこのXMLサイトマップの送信を行っていないと、ホームページで新規ページを作成しても、場合によってはグーグルがその新規ページの存在に気が付いてくれない可能性があるため、しっかりと対策を立てて行うことが重要になります。

このXMLサイトマップの送信においては、本当にSEOにおいては必須であると言えるのですが、しかし現在のグーグルは「検出 - インデックス未登録」と「クロール済み - インデックス未登録」があり、これらのインデックス未登録が非常に多い場合にクロールバジェットと呼ばれるグーグルがホームページの情報をデーターベースに登録する最大値があるのですが、このページの情報をデータベースに入れる際にXMLサイトマップがクロールバジェットの大半を占めている可能性があるので、必須と言っても、XMLサイトマップの送信をずっと行い続けることが良い対策にはならないこともあります。

そのため、Web制作直後であれば、XMLサイトマップの送信は必須になるのですが、ある程度の運営期間が長くなった段階では、「検出 - インデックス未登録」と「クロール済み - インデックス未登録」のデータを見ながら、もしクロールバジェットが原因でページを正しく認識してもらえなければ、XMLサイトマップの送信を取りやめる必要が出てきます。

ただし、実際にこのXMLサイトマップでクロールバジェットの大半を消費すると言うのは、弊社のこれまでのWeb制作実績からは非常に稀なケースになっているので、基本的にはほぼすべてのホームページでは、XMLサイトマップの送信が必須と言っても過言ではありません。

ちなみにですが、XMLサイトマップの作成法はこちらのページからご確認をお願いいたします。

RSSとAtomを送信する理由

RSSとAtomを送信

ワードプレスで制作されたホームページであれば、RSSとAtomも自動生成されるのですが、このRSSとAtomなどもグーグルサーチコンソールから送信することが可能です。

そのため、XMLサイトマップを送信する際には、RSSとAtomも合わせて送信することが重要になっており、このRSSとAtomのアドレスについては弊社のホームページであれば、https://www.sevendesign.biz/feed/とhttps://www.sevendesign.biz/feed/atom/になっております。

実はこのRSSとAtomを送信することもXMLサイトマップの送信と同様に、現在のWeb制作においては必須になっていると思われ、これらをしっかりと送信しておくことで、新規ページの認識速度を飛躍的に高めることが可能になるのです。

もちろんワードプレスで制作されていないホームページであっても、RSSとAtomの送信はグーグルの新規ページの認識に大きくかかわってくるため、しっかりとファイルを自動作成されるようにすることで、御社の新規ページ作成によるSEO効果を最大化することが可能になります。

そしてこれらを徹底して行うことにより、御社のWeb制作におけるSEO効果は最大化され、期待以上のSEOに強いWeb制作となるのです。

XMLサイトマップの更新がされずらい

XMLサイトマップは再読み込みされづらい

弊社がWeb制作後にXMLサイトマップだけではなく、RSSとAtomの送信を推奨するのはもう一つの理由があり、それはグーグルがXMLサイトマップの読み込みをしっかりと行ってくれないホームページがあるためです。

実際にお客さまの事例はご紹介できませんが、弊社のXMLサイトマップの最終読み込み日は2018年8月23日になっており、すでに3年以上もの間XMLサイトマップを再読み込みしてくれておりません。

そしてRSSとAtomの最終読み込み日は、2021年の5月になっているため、弊社のホームページでもしRSSとAtomが無ければ、3年以上もの間、グーグルは新規ページの発見を内部リンクに頼った状態になっております。

この内部リンクはもちろん効果的であることは間違いがないのですが、しかし、内部リンクを設定することは非常に手間のかかる作業になっておりますので、できれば内部リンク以外でも発見して欲しいと考えております。

そのため、基本的にはXMLサイトマップの再読み込みは、行って貰いづらいものになっているので、しっかりとRSSとAtomを送信することで新規ページを作成したときにグーグルがしっかりと認識してくれるホームページへと成長するのです。

SEOには非常に重要

RSSとAtomの送信はSEOに重要

以上のような理由からRSSとAtomの送信は非常に重要になっており、特にSEOを行われている方は必ず送信するようにしましょう。

SEOにおいて重要になるのは基本的には新規ページの作成かリライト作業になるのですが、これらの作業を行ったとしてもグーグルが認識してくれなければ成果を発揮することはできません。

そのためSEOに強いWeb制作においては、XMLサイトマップとRSS、Atomの3つを送信することは非常に重要になっており、これらをしっかりと送信することで御社のホームページの認識力は飛躍的に高まるのです。

多くの会社さまでは、XMLサイトマップは送信していてもRSSとAtomの送信を行っていないことがありますので、しっかりとこのRSSとAtomを送信することで御社のSEO効果を高めることが可能になるのです。

ただし、一点だけ注意があり、このRSSとAtomの送信は確かにSEO効果はあるのですが、しかしこの送信を行っただけではSEOが成功することはありませんので、RSSとAtomを送信した後しっかりと新規ページを作成することが重要になります。

当記事は株式会社セブンデザインが作成しております。
当記事についてや弊社サービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

Web制作なら大阪のセブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

TOP

ホームページ制作実績