サイト作成ならSevenDesign 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

サテライトサイトを制作して被リンクを獲得

サテライトサイトを制作して被リンク

SEOにおいて、被リンクはまだまだ重要な要素の一つですが、獲得は非常に難しいです。

そして、ホームページ制作後に被リンクを狙い通り獲得手段として、自社で本数を増やせるサテライトサイトがあります。

本体とは別に、被リンク目的のホームページを言い、数を向上させれるので、本体のSEO効果を高めれます。

質の低いホームページ制作を行っても意味がなく、訪問者にとって無価値と無効化され、しっかりとサテライトサイトを見た訪問者に対して有益なホームページ制作が重要です。

サテライトサイトとは

サテライトサイトって何?

サテライトサイトとは、本体のホームページ制作とは別に被リンク目的のホームページを言い、数を増やせれるので、本体のSEO効果を高めれます。

被リンクは非常に効果的で、現在のSEOはコンテンツが重要であるとは言われてますが、しかしまだまだ効果が高いです。

ただし、効果を得るには、実は闇雲な運営ではまったく意味がなく、ユーザーが利用できるような価値の高い被リンク数を増やすのが重要です。

そのため、以下のようなルールが必要です。

  • 御社のビジネスとの関連がある
  • 有益なページの作成
  • ページ数が多い
  • 数が多い

グーグルが見たときには、同じで、基本的には、同様の対策が必要で、本当に訪問者にとって価値を高めれば、期待通りのSEO成果を得れます。

被リンクだけ

駄目

現在のグーグルは元と先のページのテーマを把握してるので、サテライトサイトと言えども、自社のビジネスの関連内容が大切です。

従来は、元のテーマを見ていなかったので、ビジネスと無関係なテーマだったり、さらには被リンク目的だけで意味不明な文章を作成して、そこからでも効果を発揮していました。

現在でも、このような関連性がなかったり、被リンクだけであっても、効果を発揮してるのですが、しかし、効果は一時的で、ある程度しっかりと作り込んでいないと、必ずグーグルに効果の無効化を行われてしまいます。

そのため、必ず自社の2つ目のイメージで、作り込むのが大切で、しっかりと本体と同じテーマでホームページ制作を行う必要があります。

2つ目

2つ目と言うイメージ

上記のようにサテライトサイトと言えども、しっかりとテーマを持つのが求められています。

そのため、しっかりと作り込む必要があり、企業Webマスターさまは、自社サイトの2つ目のホームページ制作を行うと捉えるのが重要です。

基本的には、自社の2つ目であるので、問題点を改善したり、定期的に新着情報や実績などのコンテンツを更新が求められてます。

そしてこれらをしっかりと行い続けると、必ず御社の効果は高まり、期待以上の成果の出るサテライトサイトです。

量産は辞めよう

量産は駄目

このように、サテライトサイトは、自社への被リンク対策ができる点や、さらには自社運営なので、質の向上が容易な点があり、量産して行えばSEOで成果を出せるのではないかと考える可能性があります。

量産は、基本的には行ってはならず、理由は、「作業に忙しくて運営ができない」という点と、「量産は質が落ちるので、グーグルから無効化されてしまう可能性が大きく高まる」という点があります。

基本的には、自社の2つ目であると考えてホームページ制作を行うのが重要で、これらをしっかりと考えたときには、量産はあまりおすすめではないのです。

ただし、非常に多くのWebマスターさまがいらっしゃる会社であれば、ある程度の数は問題がなく、運営できる範囲がおすすめです。

行い方

正しい被リンクの実施法

サテライトサイトを闇雲なホームページ制作としないために、本体に被リンクを行われる際の注意点をご紹介いたします。

テンプレート

本体に被リンクを行う際には、テンプレートに含めないように注意が必要です。

テンプレートとは、全ページ共通箇所、例えばヘッダやフッター、サイドナビなどで、共通箇所に付けると原則グーグルは無視してしまいます。

さらに、無視だけであればまだ良いですが、サテライトサイトのページ数が多ければ多いほど、実は検索エンジンペナルティーを受けてしまう可能性もあるので、被リンクを行う際には、テンプレート箇所ではなく、必ず本文からに限定が重要です。

テンプレートについては本体でも同様で、現在ホームページ制作を行う際にディレクターやデザイナーはテンプレート箇所をできる限り減らしたホームページ制作をしてます。

全ページから

基本的には、本文の中から行う必要があるのですが、その際の注意点としては、すべてのページから行うのは辞めたほうが良いです。

20ページくらいのホームページであれば、問題がありませんが、例えば運営をしっかりと行って500ページを作成した場合に、サテライトサイトから御社への被リンクが500本です。

基本的には一つのホームページからは、数十本程度が望ましく、数百本もあると言うのは明らかに不自然で、運が悪いとグーグルから手動ペナルティー、もっと運が悪いと自動ペナルティーを受けてしまいます。

そのため、基本的には価値向上を優先して、本体への被リンク数がいくつが良いとは言えませんが、本当に関連ページからページであれば、そこまでの数は不要で、本当に効果的なホームページ制作になります。

トップページだけ

よくある間違いとして、被リンク対策を行う際には、確かにトップページへと行うのは重要ですが、サテライトサイトからすべてトップページに行うのはあまりおすすめいたしません。

現在のグーグルは、元と先の関連性も見てるので、例えば弊社であれば、サテライトサイトにSEOについて記事を書いたら、トップページではなく、SEOサービスのページへと被リンクを行うのが大切です。

関連性を意識して中ページへ行えば、全体のSEO効果は高まり、トップページはもちろんですが、その他のページも検索順位を高めれます。

何でもかんでもトップページに行ってしまうと、意味がなく、本体のホームページ制作のSEO効果も高めれないので注意が必要です。

無料ブログでも可能

無料ブログで実施

サテライトサイトは、Web制作会社に依頼なく、実は無料ブログでも制作が可能です。

ただし、ホームページ制作と同様に更新はしなくてはならないですが、しかし無料ブログの方が更新量が求められおてり、基本的なコーポレートサイトであれば月に2ページでも十分なのですが、無料ブログの場合はブログとグーグルも認識してるので更新頻度が高めるのも重要です。

そのため、更新頻度を高く維持できるのであれば、無料ブログを利用して、しっかりと更新を行えば、サテライトサイトとして非常に効果的な無料ブログです。

効果的に

成果が出る

サテライトサイトと言えども、通常のホームページ制作と同様ですし、グーグルは普通と同じくホームページとして認識してるため、しっかりと作り込まなくてはなりません。

闇雲なサテライトサイトである場合は、基本的にはグーグルは被リンクを無視してくるため、効果が出る可能性は非常に低いです。

そのため、制作には、しっかりと自社の2つ目として扱い、しっかりと制作して、そして本体と同様に計画的に運営を行う必要があるのです。

これらを徹底して行ったサテライトサイトは非常に効果を発揮でき、必ず効果で御社の本体のSEO効果は向上いたします。

また、最後に自社の2つ目なので、当たり前ですが、公開したら必ずグーグルサーチコンソールグーグルアナリティクスは導入しましょう。

当ページは株式会社セブンデザインが作成しています。
当記事についてやサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メール

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

これまでの実績

TOP