大阪のWeb制作会社セブンデザインのスタッフブログ

ホームページ制作で言われていることを検証

ホームページ制作で言われていること

ホームページ制作ではさまざまな情報が出回っております。

この情報は弊社がよく目にするのが、集客についてでもっというとSEO対策に関する情報になっており、このSEOに関する情報をしっかりと整理して、実行すべきと判断を行ったことはすべて実行していくことが成果の出るホームページ制作には必要であると思われます。

しかし、実際にこれらの情報をすべて実行して、さらには逆効果だった場合に戻してとなると、ホームページ運営費がいくらあっても足りないので、できれば効率よく行いたいと思うのが一般的ではないでしょうか。

そこで今回はすべてではないにしても、弊社でさまざまな情報を実際に弊社のホームページで行った結果どうなったのかについてご紹介をいたします。

前提としてグーグルの話は御社に当てはまらないことも

グーグルの話は御社に当てはまらないこともある

前提として、一般論で言われているようなページのリライトが必要や、不要なページは削除したほうが良いなどの情報は、御社のホームぺージに必ず当てはまるものではないのです。

例えば、最新の更新が大事で古い情報は意味がないと言われますが、これはニュース系のサイトにおいては確かに大切になるのですが、一般企業においてはそれほど重要ではないのです。

またさらには、質の低い記事は削除をしたほうがよく、これらを行うことでホームページ全体のSEO効果が高まると言われるのですが、これについても約500ページ未満のホームページは関係がありません

このように基本的には、グーグルの発言はすべてを実行するのではなく、その発言に当てはまるかどうかを考えてから自社のホームぺージに導入していくことが重要になっており、しっかりとこれらを理解しながらホームページ運営を行うことで、本当に成果の出るSEOとなるのです。

リライトや削除、noindexについて

リライトや削除、noindexは注意

まずSEOについてツイッターで調べるとリライトが非常に大切になっているという記事をよく目にします。

これについては基本的には、約500ページ未満のホームページにおいてはほぼ関係がない話になっており、実際に弊社のクライアントさまに対してリライトを提案していた時期もあったのですが、実はそこまで飛躍的にSEO効果が伸びたという話はありません。

ただ、弊社のクライアントさまで1,000ページを超えるホームページにおいては、実はリライトやページの削除(もちろんリダイレクトをしている)は本当に効果を生み出しており、この対策を行った結果、検索からの訪問者数が月に1,000人近くも増えたという事例もあります。

そのため、500ページ以下のホームページにおいては、基本的にはリライトや削除、noindexは不要になっており、これらの作業を行うのであれば、大体同じくらいの時間で新規ページ作成が可能になっていると思いますので、しっかりと新規ページ作成を行ってみることが重要になるのです。

EAT対策で簡単にできる作業はあまり効果がないかも?

簡単なEATは無価値かも

これはまだ結果は見れておりませんし、さらに対策を行ったのが弊社のホームページになっているのですが、最近SEOについて調べるとEAT対策が大切だという言葉をよく目にします。

このEATにおいては基本的には専門性や権威性、信頼性を高めることが大切で、これらの対策においては基本的には短期的に行える対策はありません。

しかし稀に簡単に行える対策として、「ブログ記事にその記事を書いた人の情報を掲載したり、さらにはその記事を書いた人の情報ページへとリンクを張ることが大切」やさらには会社情報を充実させることが重要になっていると言われております。

そしてこの簡単に行える対策くらいではおそらくEATは高まらないと思っており、まず会社情報の充実のために、コンテンツ量を増やしてみるという対策を実施したのですが、これについては検索順位が上がることも下がることもありませんでした。

そのため、現在別の対策として、沿革を追加することや、ブログ記事ページに運営会社はこちらなどのリンクを追加することを考えており、おそらくこれもそれほどの効果を得ることができないのではないかと思っております。

また、こちらについてはこの対策を行ってみて検索順位が上がれば追記を行いますが、上がらなければ追記をいたしません。

内部リンクを付ければ直帰率が下がる

内部リンクを付けても直帰率が下がらないこともある

これについては非常に難しいものになりますが、ホームページに内部リンクを設置することで、直帰率が飛躍的に下がるという記事を見たこともあります。

このテストを弊社のブログ記事で行ってみたところ、確かに該当ページの直帰率が著しく下がった記事もあれば、ない記事もありました。

これについてはそもそも内部リンクを設置する前に、その記事を見てさらに他の情報も見てみたいと思ってもらうことが大切になっていて、内部リンクの設置だけで確かに上がることもあるのですが、それはその記事自体の質が高い場合に限定されるのです。

そのため、この内部リンクを付ければ直帰率が下がるというのは半分が正解で半分が間違えているということになっており、もし直帰率を下げたい場合は、すべてのページに内部リンクを設置してみて、直帰率が下がらなかったページはその記事自体のリライトを行ってみるのが良いと思います。

リスティング広告は運営代行をしないと無理

リスティング広告の運営代行

これについては弊社のクライアントさまの例になるのですが、弊社のクライアントさまでリスティング広告をされている会社さまが5社ほどいらっしゃいます。

この5社さまについては、出稿キーワード数も少ないですしさらには月の予算も10万程度になっているのですが、自社で運営をされている状態になっています。

そしてもちろん、リスティング広告開始時には、サポートはしておりますが、その5社とも十分に月に10万以上の利益を出しているので、プラスとなっているのです。

基本的な考え方としてはリスティング広告は、運営代行をしてもらう場合、キーワード数が極端に多いや、予算が非常に多い場合に限定をしたほうがよく、予算も出稿キーワード数も少ないうちは自社で対応できるものになっております。

そして自社で対応することで、運営代行費の支払いがなくなるため、より多くの予算をリスティング広告に費やす、あるいはホームページの改善費に当てることが可能になるのです。

当記事は株式会社セブンデザインが作成しております。
当記事についてや弊社サービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

Web制作なら大阪のセブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

TOP

ホームページ制作実績