大阪のWeb制作会社セブンデザインのスタッフブログ

検索からの訪問者数が増えるリニューアル

検索者数が増えるホームページリニューアル

多くのお客さまがホームぺージリニューアルで気にする点は、「リニューアルをしてデザインは一新されたとしても、SEOで成果が下がり、お問い合わせ数が激減してしまわないか」ではないでしょうか。

確かにSEOを考えた場合には、闇雲にホームページリニューアルを行ってしまうと、検索からの訪問者数が激減してしまう事例も多く見てきましたが、実際に弊社がリニューアルを行っていくと、実は多少落ちることはあっても、成果に影響するということはまずありません。

さらには、リニューアルで狙ったキーワードでの検索順位が上がったや、リニューアルを行うことで検索からの訪問者数が倍増したというリニューアル事例も多くあります。

その理由は弊社ではすべての会社さまのWeb制作でしっかりとSEOを実施していることからノウハウを蓄積しているというポイントがあるのです。

検索からの訪問者数が減少する最大の理由

検索からの訪問者数が減少する理由

ホームページリニューアルを実施したら「検索からの訪問者数が減少した」というのはよく聞く話です。

実際に、リニューアルを行って1ヶ月程度で弊社にお問い合わせをいただくお客さまもいらっしゃり、そのお問い合わせ内容が「先月リニューアルを実施したがアクセス数が減少した」と言うものになっております。

そしてお問い合わせをいただいたお客さまのホームページを見てみると、多くの場合がリダイレクト設定を行っていないことがあり、こうなってしまうと元のページのアドレスを調べなくては、リダイレクトが行うことができないのです。

補足説明として、301リダイレクト設定を行うことによって、元のページからリダイレクト先のページへとSEO効果の9割ほどを引き継ぐことが可能になるので、ホームページリニューアルを行ったら、絶対に行わないといけない内容になっております。

また、リダイレクトには、301リダイレクトと302リダイレクトがあり、グーグルが推奨するのは301リダイレクトになるので、301リダイレクトを行うようにしましょう。

このリニューアル時のリダイレクトは非常に大切になっていて、リニューアルを行ってもホームページアドレスが変更されない場合であれば特に不要ですが、URLを変更する際には必ずリダイレクトを行わなくてはなりません。

もちろん、リダイレクトは、良い評価だけではなく悪い評価も引き継ぐものになっているので、本当に必要なページだけに限定をしたほうが効果的になっております。

ただ、実際にそれぞれのページをグーグルがどのように評価しているかは分かりませんので、基本的にはURLを変更するすべてのページに対して行うことが弊社の推奨するWeb制作になっております。

リダイレクト作業はWeb制作前に

Web制作前にリダイレクト作業

そしてこのリダイレクト作業は、Web制作前にある程度行っておいた方が良いと言えます。

ホームページのページ数にもよりますが、大量にページがあるホームページでは、このリダイレクト作業が1日で終わることはなく、数日かかることもあります。

そのため、弊社ではWeb制作前、あるいは制作中にこのリダイレクトファイルを作成しており、これらを予め作成していくことで、ホームページ公開後からリニューアルの効果を実感することが可能です。

現在のグーグルはホームページを認識する速度が非常に速くなっているとは言え、Web制作後にリダイレクトファイルを作成し、2,3日後にリダイレクトを行っても良いですが、その場合には最悪のケースでグーグルの認識次第では、最大1ヶ月くらい認識に時間がかかってしまうことがあります。

そのため、リダイレクト用のファイルをサーバーにアップしてすぐに認識されるものではないと理解をして、弊社ではホームページ公開前にリダイレクトファイルを作成し、公開直後にアップすることで、グーグルの認識速度にあわせることが可能になります。

闇雲なリダイレクトは辞めよう

闇雲なリダイレクト

このリダイレクトを行う際に、当社では弊社で作成したリダイレクトファイルをお客さまに確認と追加をいただいております。

そしてその際に、お客さま側で追加するリダイレクトが、すべてトップページに向けられることがあるのですが、これは絶対に行ってはなりません。

例えば、当ページがなくなったときに、リダイレクトを行うとして、そのリダイレクト先をトップページとしてしまうと、グーグルはこのページの評価、すなわちこのページの重要なキーワードがトップページも重要だと認識するようになるため、トップページの重要キーワードの比率が狂ってしまうことがあるのです。

そして例えば弊社のホームページであれば、【Web制作】がトップページのSEOキーワードになるのですが、仮に【Web制作】でトップページが1位を獲得していたとしても、このページのSEOキーワードである【検索からの訪問者 リニューアル】が混じることで、トップページの【検索からの訪問者 リニューアル】の検索順位が上がり、【Web制作】の順位が下がってしまう可能性があるのです。

そのため、ページを削除する際のリダイレクト先は、必ず同じSEOキーワードのページに対して行うことが重要で、これらをしっかりと行っていくことで、本当に検索からの訪問者数が増えるリニューアルになるのです。

SEOに必要なファイルの設置

SEO用のファイル

そしてSEOにおいて、「XMLサイトマップ」と「ロボットテキスト」を設置することは非常に大切です。

現在のWeb制作において、XMLサイトマップの設置は行っているホームページが大半ですが、ロボットテキストを設置しているホームページはまだまだ少ないように思われます。

弊社のホームページであれば、ブラウザのURL入力欄に、XMLサイトマップはhttps://www.sevendesign.biz/sitemap.xml、ロボットテキストはhttps://www.sevendesign.biz/robots.txtと入力すれば設置しているかの確認が行えますので、検索からの訪問者数を減らさない、あるいは増やすホームページリニューアルの場合は、XMLサイトマップとロボットテキストの設置をしっかりと確認するようにしましょう。

スタッフブログなどのリライト計画も

リライト計画

そしてこれは弊社が行っている検索からの訪問者数を増やすリニューアルのための対策の一つになるのですが、現在のグーグルは非常にコンテンツを重視しており、このコンテンツのリライトを行うことで、ホームページのSEO効果が飛躍的に高まります。

具体的には、弊社でないと更新ができないコンテンツと、お客さま自身で更新が行えるコンテンツの2つがあり、それぞれに対して計画を立てております。

弊社でないと更新ができないコンテンツは毎月どれくらいのページを更新するかを検討し、お客さま自身で更新が行えるコンテンツは最低でも週1、理想は1日1ページのリライト作業を行っていただくようにしております。

実際にこの効果は非常に高く、弊社のWeb制作実績のANA・JAL株主優待即納サービスさまでは、このリライト作業で非常に成果を出すことに成功しております。

ユーザーとグーグルのためのリニューアル

ユーザーとグーグルのためのリニューアル

上記が弊社が行っている検索からの訪問者数を増やすためのリニューアル法になっております。

このリニューアル法を一言で言うと、もちろんユーザのためが第一ですが、そこにプラスしてグーグルなどの検索エンジンを意識することになっております。

この検索を意識することで、一気にホームページリニューアルの成果を高めることが可能になっており、しっかりとリニューアル前にこれらの対策を明確にしてからリニューアルの実施を行うと良いでしょう。

ホームページリニューアルは、闇雲に行ってしまうと、必ずアクセス数が減少する結果になりますが、しっかりとリニューアル前に、URL変更ページのリダイレクト設定や、さらにはリニューアル実施後の検索からの訪問者数増を行うためのリライト計画を立てることで、本当に成果の出るホームページリニューアルになるのです。

ホームページリニューアルにおいてリダイレクト設定は非常に重要になるので、しっかりとWeb制作段階から検討することが重要になります。

当記事は株式会社セブンデザインが作成しております。
当記事についてや弊社サービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

ホームページ制作 大阪|株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

TOP

ホームページ制作実績