大阪のWeb制作会社セブンデザインのスタッフブログ

検索意図はページ数でカバーできる

検索意図とは

最近グーグル検索やツイッター検索などでSEOについて調べると、よく検索意図という言葉を目にする機会が増えたように思います。

この検索意図とは、ユーザーが何を求めて検索キーワードを決定したかのことを言い、ユーザーが何を求めて検索したかを理解し、そしてその求めている情報に対して適切なページを作成することが、SEOにとって最も重要であると言われております。

検索意図とは

検索意図とは、検索エンジンユーザーがそのキーワードで検索した理由のことを言います。

例えば、弊社のホームページであれば、「【Web制作】で検索するユーザーの検索意図は?」と言われると、非常にさまざまなものがありますが、【Web制作】で検索を行うユーザーの検索意図を叶えることができるページを作成することで、【Web制作】で上位表示を行うことが可能になります。

そのため、弊社は【Web制作】で上位表示したいと考えておりますので、【Web制作】で検索するユーザーの意図を調査する必要があり、その調査には、ラッコキーワードグーグルキーワードプランナーなどを利用して、【Web制作】を含むフレーズを探すことが大切になっております。

例えば、ラッコキーワードで【Web制作】を含むフレーズを調査をしてみると、【Web制作会社】や【Web制作 相場】、【Web制作 独学】などのフレーズがリストアップされております。

そして、この【Web制作会社】や【Web制作 相場】、【Web制作 独学】は、【Web制作】で検索を行う方の具体的なニーズであると考えることができ、【Web制作会社】や【Web制作 相場】、【Web制作 独学】をSEOキーワードに定めたページを作成していくことで、御社のホームページは検索意図を叶えることができるホームページへと成長するのです。

ただし、こちらの調査データは、実際に弊社がさまざまな検証を行ってみたところ、100%正しいものではなく、これらのツールを利用して作成するページのSEOキーワードを定め、1位表示ができた場合でも、ほとんど訪問者数がいない場合もあるのです。

このようにキーワードプランナーやラッコキーワードを利用して、そのキーワードでユーザーがどのようなことを気にしているかの検索意図を理解することは大切だと思いますが、必ずしも正確なものではないと理解するようにしなくてはなりません。

調査データは100%ではない

このように、基本的には上位表示を行いたいキーワードをラッコキーワードやキーワードプランナーを利用して、そのキーワードを含むフレーズを抽出することでユーザの検索意図を確認することが可能になります。

しかし実は、グーグルが公表しているこの候補となるフレーズの信頼性はそこまで高いものではなく、例えば【Web制作 大阪】で検索すると、グーグルの検索結果ページに関連する検索キーワードとして【Web制作 東大阪】がリストアップされることがあります。

そして、弊社では、この関連する検索キーワードにリストアップされていた【Web制作 東大阪】のSEOキーワードとした東大阪のWeb制作の特徴というページを作成したのですが、現在は少し順位が落ちておりますが、過去に1ヶ月くらい1位表示ができていたこともあったのですが、まったく訪問者を集客することができませんでした。

もちろん、【Web制作 大阪】というキーワードでもトップページの検索順位が上昇せず、この【Web制作 東大阪】はまったく検索意図とは異なるものになっておりました。

では、なぜ関連する検索キーワードに表示されたのかを調査すると、どうやらこの関連する検索キーワードは検索者がよく利用するキーワードももちろん表示することがあるそうですが、しかし【Web制作 大阪】で上位表示を行おうとしているホームページで制作されていることが多いページの上位表示キーワードがリストアップされることもあるそうです。

これは関連する検索キーワードだけではなく、ラッコキーワードやキーワードプランナーなども同様になっており、必ず調査結果が検索意図に紐づくことがないと理解をしていく必要があります。

スタッフブログがあれば問題解消

このように実際に検索意図を調査しても、検索者の検索キーワードではなく、御社の競合他社が力を入れているキーワードが表示されることもあります。

そのため、弊社ではこの検索意図については、100%叶えることができないものであると考えており、もちろんラッコキーワードやキーワードプランナーを利用することは大切ですが、100%叶えることができないのであれば、ページ数で検索意図に応えることが大切だと考えております。

どういうことかと言うと、基本的には、弊社では検索意図の調査にそれほど時間をかけれない状態でSEO作業すなわちスタッフブログの更新作業を行っております。

そしてとにかくスタッフブログで記事ページを作成して、毎日記事作成やリライト作業を行うことで、少しずつ検索順位を高めることができており、実は検索意図の理解はそれほどする必要がないのではないかと考えております。

このように基本的には原稿量が多くなるスタッフブログを作成していれば、それほど検索意図を調査する必要はないと考えており、実際に弊社のホームページは検索意図を意識しなくてもSEOで1日に180人程度の訪問者を集客することに成功しております。

検索意図を無視した例

実際に弊社のお客さまや弊社のホームページを例に検索意図を無視してSEOで成功した事例をご紹介いたします。

お客さまの事例

Web制作実績のANA・JAL株主優待即納サービスでは、検索意図はまったく気にせずスタッフブログで新規ページの作成を行っていただいており、大量のキーワードで6割程度が1位表示、残りが5位以内という順位になっております。

こちらのホームページでは、被リンク対策はWeb制作直後に弊社がお渡しした企業情報を登録できるホームページに登録した程度で、ほとんど被リンク対策を行っておりません

公開当初は1日に3記事を、現在は週に5記事を公開しております。

弊社の事例

弊社でも実はほとんど検索意図の調査を行わずに、書きたい記事あるいは書ける記事がある場合にどんどんブログに新規ページを作成しております。

そして実際に検索意図などはまったく調査をしておりませんが、弊社のホームページは2021年6月3日のグーグルコアアルゴリズムアップデートで大きく検索順位を落としておりますが、6月2日までは主要な30キーワードで平均順位が約5位、そして6月3日のコアアルゴリズムアップデートで検索順位を落として最終的には55位まで落としたのですが、現在は平均で12位程度までリカバリーに成功しております。

検索意図を無視しても上がる理由

では、検索意図を無視していても、実際に弊社のお客さまや弊社のホームページの検索順位が上がっている理由ですが、それは流行りを理解して記事を書くことになっております。

どういうことかと言うと、弊社の事例で言うと、例えば弊社ではグーグルが「検出 - インデックス未登録」を大量に表示し始めたタイミングで、「検出 - インデックス未登録の改善法」というページを作成しております。

そしてこの記事が意外と効果を発揮しており、被リンクが付いたり、さらにはソーシャルメディアから多くのユーザーを集客することに成功しております。

そしてお客さまも同様で、ANA・JAL株主優待即納サービスは、株主優待券の販売をしているホームページになるのですが、株主優待券に関するニュースが出れば、翌日にしっかりとその記事を上げており、そこまで多くはありませんが、確実に被リンクを獲得することに成功しているのです。

このように、検索意図を意識するためには、事前調査を行ったり非常にさまざまなことを検討しなくてはならず、さらにはその作業が無駄になってしまう可能性もあります。

しかし検索意図を考えずに、その時々のブームに関するページを作成することで、検索意図を気にする必要がないため、調査時間や検討時間をなくすことが可能になり、効率の良いSEOを行うことが可能になるのです。

実際に検索意図を叶えることは、正確なデータが提供されていないため不可能であり、もちろん意識してたまに調べることは必要ですが、普段のWeb運営の中ではそこまで不要ではないかと考えております。

検索意図に惑わされない

現在SEOについて調べると多くのホームページで検索意図が大切だと言われております。

しかし、実際に例えば【ラーメン 梅田】で検索する人は、梅田にあるラーメン屋を調べていると大体予測がつくと思いますので、実はSEOだけを考えるのであれば、検索意図の理解はその程度で十分であると考えております。

もちろん、【ラーメン 梅田】で検索する人がいたときに、仮に検索意図が「梅田のラーメン屋がよくやるラーメンの作り方」であった場合は、そういうページを追々作成していけば良いものになっており、わざわざ検索意図を時間をかけて調べるほどのモノではないと弊社では考えております。

そのため、これからSEOを行う方や現在行っている方はあまり検索意図についてはそれほど深く考える必要がないと弊社では考えており、もちろん意識することは大切ですが、それよりもしっかりと良質なページを多く作成することに注力することをオススメいたします。

当記事は株式会社セブンデザインが作成しております。
当記事についてや弊社サービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

Web制作なら大阪のセブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

TOP

ホームページ制作実績