HP作成会社 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

サーチコンソールの見つかりませんでした(404)の扱い方

サーチコンソールの見つかりませんでした(404)の扱い方

グーグルサーチコンソールが示す数値データに、見つかりませんでした(404)というステータスがあります。

このステータスの扱いは、非常に難しくなっていて、当社ではホームページ制作時から発生しないようにお願いをしています。

ただ、すでに発生している場合は、対処が必要になるケースもあり、当社が把握している正しい見つかりませんでした(404)の扱い方をご紹介します。

見つかりませんでした(404)とは

見つかりませんでした(404)とは

見つかりませんでした(404)とは、グーグルサーチコンソールの「インデックス>ページ」に表示されるステータスです。

見つかりませんでした(404)は、作成したページを削除すると、表示されるステータスになっていて、過去にあり削除したURLを知れる唯一の方法です。

当社ホームページ制作では、基本的には、1度公開した記事を削除するのは、極力禁止をしています。

そのため、当社クライアントさまでは、以下はホームページ制作実績の企業さまですが、大体多くのホームページ制作実績で10件未満です。

ホームページ制作実績企業の見つかりませんでした(404)

では、なぜ当社が404 NOT FOUNDをホームページ制作後にできる限り禁止しているかと言うと、現在のグーグルやヤフージャパン、マイクロソフトビングは関連性を見ています。

この関連性は、細かなことは、一切公表されず不明ではありますが、作成したページを削除すると、検索順位が落ちるケースがあります。

これまでのホームページ制作経験で言えば、2,3ページであれば、問題がないと思われますが、20ページくらいを一気に削除すると、関連ページの検索順位が落ちております。

そのため、見つかりませんでした(404)は、基本としては、あまり増やさないように注意をしなくてはなりません。

実際にホームページ制作を行った会社のサイト運営を見ていると、削除してはいけないといルールは、それほど難しくないと思います。

見つかりませんでした(404)を確認し意図しないページを発見

意図しないページを発見

では、この見つかりませんでした(404)をどのように利用するかと言うと、活用法が2点あります。

意図しないURLを発見

削除してしまっている意図しないURLを発見できるツールになっています。

現在のホームページ制作は、基本的にはワードプレスが導入され、意図しないURLがリストアップされるケースは少ないと思います。

ただ、消したつもりがないURLが、ここにリストアップされていると、削除しているので、改善しなくてはなりません。

消したつもりがないURLがリストアップされるのは、主にホームページを整理している段階で発生すると思います。

例えば、不要なページを削除する整理をしていたときに、間違って必要なページを削除してしまうようなミスは十分にあり得るのではないでしょうか。

そういった場合に、見つかりませんでした(404)を活用して、本来存在していないといけないURLアドレスが表示されていれば改善が可能になっています。

被リンクを確認

リストを確認して、意図しないURLが含まれていないかを確認するついでに、被リンクも確認しましょう。

被リンクの確認法は、見つかりませんでした(404)にリストアップされたURLをグーグルサーチコンソールの「リンク>上位のリンクされているページ」と照合してみます。

被リンクについては、404 NOT FOUNDになっていると、被リンク効果を得ることができません。

これは非常にもったいない状況です。

もし被リンクを獲得しているページが、見つかりませんでした(404)にリストアップされていれば、必ず対応を行いましょう。

この被リンク元は、ホームページからであれば、最優先に行いたいです。

ただし、スパムサイトからであれば、無視でも問題がありません。

また、ツイッターやフェイスブック、インスタグラム、グーグルビジネスプロフィール、ピンタレストなど、ソーシャルメディアからも対応を行いましょう。

昨今、被リンク効果は非常に読みづらくなっています。

グーグルが行っている対処法が、基本的には、自演系や低品質系はすべて無効化していて、さらにはナチュラルリンクなども自演と思われ無効化されています。

そのため、1本でも多くのナチュラルリンクを獲得することが求められていて、たった1本であったとしてもしっかりと対応を行いましょう。

ちなみに対応方法としては、URLを復活させるではなく、ホームページ制作実績の企業では、.htaccessを使ったリダイレクトが多くなっております。

見つかりませんでした(404)はホームページにあっても良い

見つかりませんでした(404)はあっても良い

当社では、SEOに強いホームページ制作を売りにしていて、見つかりませんでした(404)はできる限り発生しないようにすることを推奨しています。

ただ、見つかりませんでした(404)があると駄目かと言うと、そうではなさそうです。

こちらは、当社がSEOの勉強で、よくお世話になる海外SEO情報ブログを運営する鈴木謙一氏のユーチューブ動画です。

この動画の内容としては、基本的には、404 NOT FOUNDは、ホームページを制作して、サイト運営期間が長くなればなるほど発生して当たり前のものになっていると紹介しています。

また、さらには、SEOとしてマイナス効果もないとおっしゃっています。

削除すると確かに関連性は落ちてしまい、検索順位が下がると言えますが、リストアップされたURLは0である必要はありません。

具体的な対策法としては、少しずつ削除を行うのが良いでしょう。

例えば、現在トップページで上位表示を狙っているSEOキーワードで検索順位をメモします。

そして、最大で10ページくらい削除してみましょう。

関連性が失われ検索順位が落ちる場合、あるいはそのページが低品質であり上がる場合は、大体3日ほど時間を空ければ、検索結果として出てきます。

そして、もしマイナスになれば、ワードプレスでホームページを制作していれば、ゴミ箱フォルダーに入っています。

その場合は、すぐに復活させましょう。

もし、落ちなければ、削除したページが検索結果から多くの訪問者数を獲得していれば別ですが、そうでなければ、訪問者数の変動はそれほどありません。

このように削除を行っても、特に問題はないと言っているので、適切に行えば、見つかりませんでした(404)が増えていても問題がないのです。

見つかりませんでした(404)を改善したら逆にSEOでランクダウン

改善したら逆に検索順位が落ちた

ただ、そうはいっても、当社のホームページ制作実績の企業さまは、大量に削除URLが存在していて、検索順位を上げる対策として復活させたそうです。

具体的には、グーグルサーチコンソールから見つかりませんでした(404)を確認して、リストアップされたURLで新規ページ作成を行ったそうです。

ただし、削除したときの原稿や画像などは、すべてゴミ箱からも削除をしており、1から原稿を作成されました。

結果としては、グーグルサーチコンソールが示す合計表示回数や平均掲載順位は大きく下がっており、さらには検索からの訪問者数も減少したそうです。

ただ、こちらのホームページ制作実績の企業さまが行われた対策法にも問題はあるかもしれません。

それは、削除URLが多く、短期間で一気に作業を行っていて、1日の作業量としては、10URLほどを復活させておりました。

そのため、復活したことが悪いのか、あるいは低品質コンテンツであると見なされたかは不明ですが、一応当社では、無理に復活は辞めたほうが良いと判断をしています。

見つかりませんでした(404)が多いと、確かに少し気にはなります。

ただ、意図しているページが表示されている場合は、復活させるよりも新たなURLで新規ページ作成を行ったほうが良いでしょう。

また、もっと良いのはホームページ制作時から、404 NOT FOUNDが発生しないサイト運営を行うことだと思います。

ホームページ制作時から見つかりませんでした(404)対策を検討

ホームページ制作時から見つかりませんでしたを意識

まとめとしては、見つかりませんでした(404)はあっても良いがない方が良いというのが当社の考え方です。

そして、ホームページを制作後にお客さまには、作成したページは絶対に削除は行わないというのを心がけていただいています。

基本的には、ホームページ制作時には、各ページで上位表示キーワードを定めます。

そして、サイト運営時にも定めていただいており、削除対象のページで上位表示キーワードが分かれば、上位表示キーワードに関連する内容で、リライトを行うことを推奨しています。

もし、それほど多くの情報を提供できる、すなわち原稿量をそれほど書けない場合は、文字数にもよりますが、リライト後にnoindexを付与しましょう。

そして、noindexにしておけば、グーグルサーチコンソールでは、見つかりませんでした(404)ではなく、noindexタグによって除外されましたにリストアップされます。

noindexタグによって除外されましたを、リライト対象になるURLと把握をし、取り敢えずは、見つかりませんでした(404)を増やさない対策にすことが可能です。

実際にこれまでのホームページ制作経験で言えば、見つかりませんでした(404)を適切に改善できるウェブマスターさまには会ったことがありません。

多くの場合は、「面倒くさいからお見積りを頂戴」と言われます。

確かに、普段から、noindexや301リダイレクトをフルで活用している方でなければ、改善は非常に難しいでしょう。

そのため、ホームページ制作時から、見つかりませんでした(404)にリストアップされるURLが発生しないサイト運営がベストの選択であると思います。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

これまでの実績

TOP