サイト作成の成果を追求 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

下層も集客と成約を意識

下層も集客と成約を意識

ホームページ制作で成果を出すためには、集客と成約が大切です。

集客と成約について、ヒアリング時にお話すれば、多くの会社で理解していただけるのですが、しかし実際にWeb運営が開始されると、集客ばかりを考えられます。

そしてさらには、集客についても、実はなぜかトップばかりを意識されて、下層についてはトップの検索順位を上げるための手段程度にしか考えられていません。

しかし、現在のホームページ制作においては、下層が大切で、下層の集客力と成約力を高めれば、全体で成果を出せるのです。

トップの役割

トップの役割

トップの役割はどのようなものになるのでしょうか。

基本的には、ホームページ制作のお打ち合わせで訪問すると、多くの会社でSEOばかりを見ていて、「トップでこのキーワードで上位表示ができる?」と言われますが、Web制作会社は、基本的にはサイトマップ的な役割であると考えています。

どういうことかと言うと、トップに訪れる訪問者は少し広目のニーズを持っていて、例えば弊社であれば、【ホームぺージ制作 大阪】で検索したユーザーが訪れます。

そして、検索からの訪問者を適切なWebページへと誘導して初めて成果を出せ、適切なWebページへと誘導ができるWebデザイン作成はもちろんですが、そこで成果に繋げるのではなく、サイトマップ的な役割が大切です。

下層の意味

下層の意味

では、次に下層の役割についてはどのようなものがあるのでしょうか。

基本的には、集客と成約において非常に大切で、しっかりとユーザーの検索意図を満たすWebページを作成すれば検索順位が高まりますし、さらには例えばお問い合わせを考えてWebページ作成を行えば、成約率も高まります。

このように現在のホームページ制作においては、下層の役割が非常に大きく、さらには集客構造したいも重要性が年々増しています。

SEO

まずWeb制作会社のSEO提案では指針を下層で立てるのが一般的だと思います。

現在のグーグルは、最も詳しいホームページ制作を上位表示させているので、同じテーマに関連した下層をしっかりと作り込み、上位表示数が増えれば増えるだけ、トップのSEOも成功します。

そのため、SEOを行われる方は、まずは下層で上位表示を狙うようにしなくてはならず、比較的キーワード難易度も低いので、しっかりとWeb運営をしていれば必ず上位表示が可能です。

もちろん、集客だけではなく、成約のために文章作成を行う際には、文章の流れだとここに内部リンクがあればユーザーがクリックしてくれ、さらにはこのWebページを見ればこういうニーズの顧客がお問い合わせをしてくれると考えながらWebページの作成とリライトを行うのが重要です。

ホームページ制作には、SEOが大切なので、しっかりと上記を理解した施策を行いましょう。

ソーシャルメディア

ソーシャルメディアの集客では、ツイッター活用法でご紹介の通り、基本的にはトップのURLを告知してもリンクを踏んでくれるユーザーはいなく、下層の方が圧倒的に効果的です。

実際に弊社ではこのソーシャルメディアを使った集客と成約対策を実施したり、提案していたりしますが、下層をしっかりと打ち出せば本当に高い集客力と成約力に成長します。

実際の事例

事例

実際にホームページ制作事例からご紹介をします。

トップだけにこだわった

現在は違いますが、過去にトップにこだわったホームページ制作では、プラシアさまがあります。

プラシアさまは外壁や屋根塗装を行う会社ですが、ホームページ制作直後は、【外壁塗装 大阪】だけでSEOを行い、公開後3ヶ月程度で上位表示を実現していました。

しかし、お問い合わせ数でみると、残念ながらほとんど伸びておらず、SEO効果で得たのか分からないと言われましたが、0から3件程度増えたと言われてました。

このようにトップにこだわってしまうと、実は上位表示が実現しても、肝心の成約数が増やせなく、ただSEOのために努力を行い続けた費用対効果の低い対策になるのです。

全体のバランス

次に全体の集客と成約をバランスよく対策したのがホームページ制作実績の航空株優買取りターミナルです。

航空株優買取りターミナルでは、すべてのページでしっかりと上位表示キーワードを定め、そして上位表示ができた後、これらのキーワードで訪問した見込み顧客を成果に繋げるにはどのWebページへと内部リンクを張れば良いかを考えながら、Web更新を実施しました。

結果、非常に高い集客力と成約力のホームページへと成長し、実際に弊社では2サイト目を相見積りなしでご依頼いただいたほどです。

そして2サイト目もWeb運営方法を明確に理解されているので、現在本当に高いSEO力と成約力で、弊社のホームページ制作実績の中でもっとも効果を出した事例です。

下層重視の対策

下層重視の対策

現在のホームページ制作において、トップにだけこだわる対策はおすすめできません。

さらには、集客力だけにもこだわるのはおすすめできず、基本的にはすべてのWebページで集客と成約を考えて初めて成果を出せるようになります。

現在、ホームページ制作中、あるいは集客対策を実施中、集客力はある程度高いけれども成果がほとんどないという会社はトップだけではなく、下層を改善すれば、一気に成果を高めれます。

当ページは株式会社セブンデザインが作成しています。
当記事についてやサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メール

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

これまでの実績

TOP