大阪のホームページ制作会社

株式会社セブンデザイン

SEOで行ってはいけないこと

ウェブサイトを制作したら、多くの方がSEOに取り組まれていることかと思います。

しかし、SEOをやり始め当初は、しっかりとコンテンツを作成して、正統派のSEOを実施していたとしても、なかなか成果が出てこないと、とにかく上位表示を行うために、自演の被リンクを行ったり、どこかのウェブサイトや本、雑誌などから原稿をコピーして利用してしまいがちです。

また、効率のよいSEOを考えるあまり、グーグルがスパムと見なす行為を知らずに行ってしまうことも多くあります。

しかし、そのような対策は、最初は順調に順位を上げることができるかもしれませんが、すぐに検索順位を落としてしまったり、最悪のケースでは、ペナルティーを受けてしまう可能性もあります。

そこで今回は、これからSEOを取り組まれて行こうとお考えの方向けに、SEOで絶対に行ってはいけない対策についてご紹介をいたします。

SEOとは

SEOとは、「Search Engine Optimization」の略で、日本語で言うと、検索エンジン最適化のことを言います。

検索エンジン最適化と言うと、検索エンジンが好むwebサイトを制作することであると、多くの方が考えてしまいがちですが、実際には検索エンジンを利用するユーザに対してウェブサイトを最適化することを言います。

従来であれば、検索エンジンに対してホームページを最適化するSEOであっても、成果を出すことができましたが、現在のSEOにおいては、検索エンジンに対してHPを最適化するだけで、成果を出すことは非常に難しいものになります。

そのため、SEOで成果を出すためには、もちろんテクニック的なSEOも行う必要もありますが、それ以上に検索エンジンユーザに対して、ホームページを最適化していくことに注力しなくてはなりません。

SEOで成功するために

SEOで成功するためには、ホームページの内部を検索エンジンに最適化することと、訪問者にとって本当に有益なコンテンツを構築すること、外部のウェブサイトからリンクを集めることの三点が重要になります。

ホームページの内部を検索エンジンに最適化する

webサイトの内部を検索エンジンに対して最適化することは、検索順位の向上と検索エンジンのwebサイトの情報収集速度に大きな影響を与えます。

検索順位

検索エンジンがHPをどのように評価するかを理解した上で、ウェブサイトの構成を作成することで、効率よくwebサイト全体の価値を高めることが可能になり、様々なキーワードで検索順位が大きく向上いたします。

検索エンジンは、「ホームページ全体のメインとなるキーワード」と「各カテゴリーごとのキーワード」、「各ページごとのキーワード」を認識します。

そのため、webサイトのURL構造は非常に重要になり、カテゴリー分けを行う際には、検索エンジンが認識しやすいようなURL構造で作成しなくてはなりません。

情報収集速度

ホームページのソースコードをできる限り軽量化することで、検索エンジンがそのページのコンテンツを素早くデータベースに登録してくれるようになります。

検索エンジンは、検索エンジンロボットと言われるプログラムを活用し、世界中にあるウェブサイトのデータをデータベースに登録しています。

この検索エンジンロボットは、1度の訪問でページのすべての情報を収集してくれるわけではなく、何度も再訪して初めて、ページの情報を完全にデータベースに登録してくれます。

そのため、できる限りコンテンツとは関係が無いタグを利用しないことが、検索エンジン対策にとっては重要になり、ソースコードを軽量化することで、素早くページの情報をデータベースに登録してもらうことが可能になります。

訪問者にとって本当に有益なコンテンツを作成

訪問者にとって有益なコンテンツを制作することで、検索エンジンから高い評価を受けるwebサイトになります。

検索エンジンの検索結果ランキングは、検索ワードごとの訪問者の満足度ランキングになります。

検索エンジンは、検索エンジンユーザのニーズに応えることができるウェブページを上位に表示したいと考えており、テクニックに頼ったSEOを実施しているウェブサイトを上位に表示したいわけではありません。

そのため、ページを構築する際には、そのページのテーマとなるキーワードで検索したときに表示されるすべてのウェブサイトの中で最も詳しいページを作成することが重要になります。

本当に有益なページを制作することができれば、そのページは大量の被リンク対策を行わずとも、自然と検索エンジンから評価されるウェブページにすることが可能です。

外部のウェブサイトからリンクを集める

現在のSEOにおいてもっとも重要なことは、ウェブサイトの内部をチューニングすることになりますが、外部のHPからリンクを集める被リンク対策もまだまだ効果的な対策になります。

そのため、必ず被リンク対策も行うようにしなくてはなりませんが、リンクを集めることは現在のSEOにおいて最も難しい対策と言っても過言ではありません。

しかし、だからと言って、闇雲な被リンク対策を行うことは、検索エンジンペナルティになる可能性が高いため、効率よく被リンクを集めるための対策を検討しなくてはなりません。

現在、最も効率よくリンクを集めることができる対策は、ソーシャルメディアを活用することであると言われています。

例えば、自社のwebサイト内にブログコンテンツを作成し、それらの記事詳細ページにソーシャルボタンを設置することで、ソーシャルメディアユーザにそのページの情報を拡散することが可能です。

その拡散された情報を受け取ったユーザの中に、御社の業種に関するウェブサイトを運営している方がいれば、御社のwebサイトへのリンクを掲載してくれるようになります。

これが現在の被リンク対策において、最も効率が良い対策になりますが、情報を拡散してもらうためには、質の高いコンテンツを作成し続けることが重要です。

この被リンク対策は、即効性のあるものではありませんが、ブログの更新を計画的に行い続けることと、コンテンツの質を高め続けることの2点に注力していけば、必ず成果の出る対策になります。

行ってはいけないSEO

SEOを行うにあたり、絶対に行ってはいけない対策の一部をご紹介いたします。

自演の被リンク

自演の被リンクとは、自分でホームページやブログなどを量産し、そこから大量のリンクを行う対策のことを言います。

被リンクは、SEOにおいて重要な要素になるため、何とか獲得しようと、自演の被リンクを行ってしまいがちですが、過剰な被リンク対策は、すぐにグーグルに見つかってしまい、ペナルティーの対象となるため注意が必要です。

コンテンツのコピーや自動生成

ウェブサイト内のテキストや画像を他のホームページから丸々コピーペーストしてしまうと、重複コンテンツとして扱われてしまいます。

また、原稿を自動生成するようなツールを利用して、意味のない文字列のページを大量に作成することも、スパム対象になるため、絶対に行ってはいけません。

リンクプログラムへの参加

リンクプログラムとは、簡単に言うと、相互リンクのことを言い、過剰な相互リンクによる対策もペナルティーの対象になります。

隠しテキスト

画像の下に大量のテキストを隠して置いたり、ALT属性にその画像と関係のないテキストを入れる、背景と同色のテキストでユーザが見えない文字を用意し、そこにキーワードを大量に記述することもペナルティーの対象です。

まとめ

SEOで行ってはいけないことは、ユーザを騙す行為になります。

グーグルは、ユーザにとって本当に価値のあるウェブサイトを上位表示したいと考えているため、何がユーザにとって役立つのかを考えながらホームページを制作することで、ペナルティー対象の施策を行う可能性は激減します。

もちろん、意図せずそのような対策を行ってしまう可能性もあるため、これからSEOに力を入れようとお考えの方は、まずはSEOで行ってはいけないことを明確に理解してから実施することをお薦めいたします。

TOP

ホームページ制作実績