大阪のホームページ制作会社セブンデザインのスタッフブログ

SEOではホームページの質が大切というが質って何?

SEOの質とは

SEOを行っていると質の高いページを作成することが重要だと書かれている記事を読んだことがある方も多いと思います。

この質については、ホームページに公開する質と、被リンク元のホームページの質の2つのポイントがあり、この2点をしっかりと対策建てて行うことで、ホームページは成功します。

ただ、実際にホームページの質と言われても、どのようなものか分からないと、とにかくユーザが見たときに優れた文章でなければならない、内容が網羅されていなければならないと考えてしまい、そうなってくるとホームページの運営が本当に不可能になってくるのです。

そこで今回はこのSEOの質について弊社なりに調べた結果どのようなホームページの質が求められているのかについてご紹介いたします。

ホームページの質とは

ホームページの質とは

現在SEO対策を行っている方は、SEOについて調べると、ホームページの質が大切だという記事を見たことはないでしょうか。

このホームページの質という言葉をそのまま受け止めてしまうと、そのページを見た人にとって本当に分かりやすく、情報が網羅されているページであると考えてしまいます。

そしてこう受け取った時に、弊社でも実際にタイトルに対して情報が網羅されて5,000文字程度の記事を作成して、何度も自分で読んでみてリライトを行い、本当にユーザにとって読みやすい記事とした経験があるのですが、実際これらのページをグーグルが評価してくれることがなかったのです。

ただ、そのページは実際に被リンクはいくつか獲得しているので、それなりに効果的なページであったとは思いますが、そのページだけで弊社のホームぺージの検索順位は上がることはありませんでした。

そこで弊社ではこの質について、何か別の意味ではないかと考えるようになり、さまざまな情報収集を行いました。

SEOの質には2つある

SEOの質は2つ

そこで弊社はSEOの情報が公開されているSearch Engine Journalの記事を見て、あることに気が付きました。

それは、このSEOの質には2つの要素があり、ユーザのための質とグーグルが評価する質はまったく別物だということになっております。

例えばよく例で言われる、今日の大阪の天気という記事があったときにその場合は晴れの2文字の記事でも良いと紹介されていることがあるのですが、実際に晴れというように2文字だけで上位表示を実現したホームページを弊社は見たことがありません。

このように、基本的には晴れしか書かれていないホームページでも上がる場合は、そのページ自体にdofollowやnofollowに関係がなく被リンク数が多い場合、あるいはドメインの価値が高いホームページの場合に限られているように思われます。

そのため、SEOのためのページ作成を行う際には、もちろんユーザのためにということを忘れてはなりませんが、それと同じくらいグーグルが好むページ作成を行うことが重要であると考えております。

どのようなページをグーグルが好むのか

グーグルが好むページ作成

では実際にグーグルが上位表示をしたい好むページとはどのようなページになっているのでしょうか。

これについては現在のグーグルは、画像だけのコンテンツがあってもしっかりと把握してくれるので、画像を中心としたページであれば多くの画像が掲載されていること、そしてテキストが中心のページは多くのテキストが記述されていることが重要になっております。

例えば弊社がホームページ制作時によく制作するコンテンツとしてはノウハウ系のスタッフブログになるのですが、このノウハウ系のスタッフブログであれば、ページタイトルに対してしっかりと記事を書いていくことが重要になっております。

そしてこのしっかりとという点については、非常にあいまいな情報になるのですが、画像を利用するや表を利用する、強調タグを利用するなど、ユーザが読みやすいための対策をしっかりと行うことが重要なのです。

そしてそのページタイトルに対してライバルよりもしっかりと記述されているページを作成することで、御社のホームページはライバルよりも上位表示ができるようになっており、しっかりとこれらを行い続けることによりSEOは成功するのです。

ただ、その際に、記事数も重要となっており、そのページの上位表示だけであれば、そのページの内容がライバルよりも濃いものであればいいのですが、トップページで狙うキーワードにおいては、ライバルよりも多くの記事数が必要になるので、本当に膨大な作業量となっております。

被リンクを増やしても上がる

被リンクも上がる

そしてこれらの作業はホームページ内に大量のページを作成する必要があるので、他の対策で上げたいと思われる方もいると思います。

その場合に必要なのが被リンクになっており、この被リンクをしっかりと集めることで、ページ作成を行わなくても上がるようになっております。

ただし、実際に弊社がこれまで見てきた限りで言うと、ある業種の会社さまが狙うキーワードで検索したときに10位までのホームページのページ数と被リンク数を調査したところ、被リンク数が突出していたこともあったので、相当被リンク数を集めるようにしなくてはなりません。

そしてさらには、さまざまなキーワードで検索してみたところ、被リンク数だけで上がっているホームページは、結構検索順位の変化が激しく、ある日突然圏外に落ちていることなどもあるので、あまり被リンクだけに頼ったSEO対策はオススメいたしません。

質の高いSEOを行おう

質の高いSEO

このようにSEOにおいての質は、ユーザとグーグルの2つがあると判断をしております。

そしてユーザのためのSEOだけをしていても、そもそものアクセス数が足りないので成果を得ることがありませんし、グーグルだけのSEOを行っても訪れたユーザを直帰させてしまうだけのホームページとなるのです。

そのため、ユーザ半分グーグル半分というようなSEO対策が必要になっていると考えており、これらをしっかりと行うことによって本当に成果の出るSEOとなるのです。

SEOでお困りの方はぜひお気軽に弊社にご相談ください。

御社にとって最良のサポートをご提供いたします。

類似記事

TOP

ホームページ制作実績