大阪のホームページ制作会社セブンデザインのスタッフブログ

SEOキーワードの選定

SEOキーワード選定

SEOは闇雲ではなく最小の努力で最大の効果を得るためにはSEOキーワードの選定は必要になってきます。

このSEOキーワードの選定は、基本的にはホームページ制作時であれば、ホームページ制作会社が行ってくれるものになっているのですが、しかしスタッフブログなどを制作していて、そのスタッフブログの更新を行う際にはホームページ制作会社ではなく、自分でSEOキーワードの選定を行う必要があるのです。

そしてこのキーワード選定は適当に選ぶのではなくしっかりと調査を行い、その調査結果を活かして行うことが重要になるのです。

そこで今回は、ホームページ運営段階で行い、SEOキーワードの選定方法についてご紹介いたします。

SEOキーワード選定法

SEOキーワード選定法

まずホームページ制作が終わり、そして運営が始まったら、しっかりとSEOキーワードを調査して、せっかく作成するページを効果的にすることが目的になります。

このSEOキーワードの選定法としては、大きく分けて2つの考え方があり、「実際に検索されているキーワード」と「ライバルもホームページ内でよく利用しているキーワード」の2つになってきます。

では、具体的にそれぞれのキーワードをどうやって発見するのかについてご紹介をいたします。

実際に検索されているSEOキーワード

検索されているSEOキーワード

実際に検索されているSEOキーワードの調査方法は、グーグルが提供するキーワードプランナーを利用します。

このキーワードプランナーで例えば【ホームページ制作】で検索を行うと、【ホームページ制作 大阪】や【ホームページ制作 自分で】などのホームページ制作に関するフレーズが表示されるようになります。

そしてさらには検索されている回数が非常にあいまいに提供されているのですが、この検索回数はそれほど意識をしなくて良いと思われます。

実際に10から100回くらいの検索キーワードであったとしても、そのキーワードでページを作成すると1,000人近く集まるキーワードもあるため、もちろんあくまで指標の一つにはなりますが、ここでリストアップされた内容で記事作成を行い続けるのが良いでしょう。

関連キーワード

関連キーワード

そして次にSEOキーワードの選定を行う際には、グーグルで検索を行ったときにページ下部などに表示されている関連キーワードをチェックします。

この関連キーワードについては、良く検索されているというよりも、ライバルなどが多く記述している内容が記載されているので、本当に訪問者が集まるかは分かりませんが、ライバルが書いている記事であれば御社もしっかりと記事を作成するのが良いと思います。

ライバルのホームページにあるキーワード

ライバルのホームページ

そしてここまでが完了すれば大体100ページを超えるものになるのですが、そこから日々の更新を行わなくてはならず、そのネタ探しのためのSEOキーワードの選定法をご紹介いたします。

そのキーワード選定法とは、基本的にはライバルが上げているページのタイトルと本文を読んでみて、そしてそこからそのページの上位表示キーワードを検討いたします。

そしてそのキーワードで御社も記事を書くことで、ライバルが検索に引っかかるキーワードで御社も表示されるようになるので、ライバル企業が獲得しているニーズの訪問者を御社も集客することが可能になります。

ラッコキーワード

ラッコキーワード

そして最近弊社の提案では、グーグルのキーワードプランナーを利用する前に、まずはラッコキーワードを利用いただくことが多くあります。

ラッコキーワードは基本的にはグーグルが表示させるサジェストキーワードを収集するものになっていて、こちらはどのキーワードで検索しても相当なキーワード数が表示されます。

そのため、基本的にはこのラッコキーワードに記載された内容を更新することから始めることが重要で、実際にあるお客さまでは、こちらのラッコキーワードだけを利用したスタッフブログで検索順位を大きく向上させたこともございます。

そのため、もちろんグーグルキーワードプランナーや関連キーワード、ライバルサイトの調査からでも良いとは思いますが、色々と調査方法がある状態よりも、1つのツールで調べる方が楽だという方は、まずはラッコキーワードを利用してSEOキーワードを選定してはいかがでしょうか。

記事作成時にそのページの上位表示キーワードをメモ

上位表示キーワードをメモ

そしてこれはキーワード選定とはあまり関係がないのですが、キーワードを選定して記事を作成する際には、そのページで上位表示を狙うキーワードをしっかりと記述していくようにしましょう。

その理由は現在のグーグルは他のページあるいは他のホームページからの原稿のコピーを過度に嫌う傾向があるので、上位表示キーワードが同じだったら、当然グーグルから嫌われる可能性があるのです。

そのため、これらのキーワードのメモは本当に重要になっており、基本的には類似した上位表示キーワードのページを作成しないように気を付けなくてはならないのです。

今回ご紹介したのは、スタッフブログのSEOキーワード選定法になっており、これらを行ったほうが効果的ですが、しかしまったくこれらの作業を行わずに記事作成を行っている会社さまでSEO成果が出ていることもあるので、継続して記事を書ける場合は、このSEOキーワードの選定は不要かもしれません。

類似記事

TOP

ホームページ制作実績