大阪のWeb制作会社セブンデザインのスタッフブログ

SEO対策用のキーワード選定法

SEOのキーワード選定法

SEOについて調べるとキーワード選定が大切だと書かれていることを見たことがないでしょうか。

ここに書かれている内容を見てみると確かにと思うことが多いのですが、しかし初めてのブログ運営をされる方や、アフィリエイトを始めようとホームページを初めて制作する方にとっては難しい施策になると思います。

当然これをやったからと言って、簡単に上位表示できるものではないと頭のどこかで少し思っているため、その作業が進まないということもあると思います。

そこで今回は、弊社も実施しているホームページ制作のキーワード選定法をご紹介いたします。

もちろんこれだけでは十分ではないですし、さらには選定時間をかけることが、ホームページの成果とは密接にかかわってくるので、相当大変な作業になりますが、ぜひ一度こちらの方法をお試しください。

すべてのホームページのタイプに対応

すべてのタイプのホームページ制作に対応

ホームページ制作といっても、1ページのホームページもあれば、複数ページのホームページもあります。

この方法であればどちらの場合のホームページであっても対応することが可能になっておりますが、ただやはり1ページのホームページ制作で上げることはできないとは言いませんが、しかし本当に大変な労力を伴っております。

基本的にはホームページのSEOにおいては、弊社が最も重視しているのがページ数と被リンク数になっており、ページ数が少ないホームページの傾向を見てみると、被リンク数が膨大についています。

そしてこの被リンク数については、もちろん闇雲に数を集めることもできますが、しかしそれらの方法では一時的に上がったとしても、グーグルのアルゴリズム変更によって検索順位を落とす恐れがあるのであまり推奨しておらず、自分で外部のホームページを制作してそこから被リンクを行うことが重要です。

ただ、この被リンク数はできれば少ないほうが良いので、ある程度ページ数を作成することを推奨しており、ページ数が多ければ弊社の経験からは、被リンク数が少なくて良いというメリットがあるので、これらをしっかりと理解して1ページのホームページを制作する必要があります。

弊社のお薦めとしては、ライバルサイトと変わらないページ数にして、そしてそこに良質な被リンクを行うことが大切で、この対策であれば、本当に少ない被リンク数で上位表示が可能です。

そして今回ご紹介するキーワード選定法は、複雑な作業はすべて取っ払って、最も効率よくキーワード選定ができる方法になっているので、情報量が不足している可能性がありますが、初めてのホームページ制作であれば、これだけやっていれば恐らくある程度の効果を得ることが可能です。

メインキーワードを定める

メインとなるキーワードを定める

まず初めにメインキーワードを定めます。

このメインキーワードは、大体のホームページにおいては、2つや3つ程度定めることが多くあり、これらのメインキーワードは基本的にはトップページの集客を検討します。

ただ、ホームページの内容次第では、トップページ以外のこともありますが、現在のグーグルは基本的には1ページ1キーワードになるので、それを踏まえてキーワード選定を行いましょう。

そして例えば弊社であれば、「大阪のホームページ制作会社」になるので、例えば【ホームページ制作】や【ホームページ作成】なんかが大切だと思ったら、それらのキーワードが実際に検索されているかの調査を行います。

この調査については、少し面倒なのですが、グーグルのキーワードプランナーを利用していく必要があります。

グーグルアカウントが必要になりますが、基本的にはグーグルアカウントを持っていれば誰でも利用ができるので、この機会にグーグルアカウントを登録して、実際に自分が狙いたいキーワードがどれくらい検索されているかを調べることで、本当にそのキーワードで上位表示を狙っていいかの判断ができるのです。

そしてこの調査結果では、関連キーワードなどもリストアップしてくれるのですが、確かに以下でご紹介する方法よりも情報量も多く正確なデータにはなりますが、ここで見ていくことは本当に大変な労力を伴うので、初めてのホームページ制作の方は、ここで関連キーワードを見ず、自分が上位表示したいキーワードの検索ボリュームだけを確認すれば良いでしょう。

もちろん、利用しなくても良いという意味ではなく、ある程度ホームページ運営に慣れて余裕が出てきてから確認することで、より効率的で効果的なホームページ運営が可能になります。

中ページ作成はキーワードから内容を定める

中ページはキーワードから内容を

基本的には1ページのホームページと複数ページのホームページで行い方は異なってきます。

まずホームページのタイプによる行い方の違いの前に、どのようなページを作成していけばいいのかについてご紹介をいたします。

このそれぞれのページのテーマの調べ方は非常に簡単で、御社がトップページで上位表示したいキーワードでグーグル検索を行い、検索結果ページの下部に表示されている「●●に関連する検索キーワード」をチェックします。

例えば弊社であれば、狙ったキーワードが【ホームページ制作】になるのですが、ホームページ制作で調べたときの関連キーワードは、「ホームページ制作 自分で」「ホームページ制作 相場」「ホームページ制作 大阪」「ホームページ制作 大阪 会社」「ホームページ制作 大阪 料金」「ホームページ制作 ソフト」「ホームページ制作 個人」「ホームページ制作 料金表」「ホームページ制作 一覧」「ホームページ制作 大手」の10個が表示されています。

この関連キーワードは数はキーワードによって異なりますが、実際に検索されることが多いキーワードになっているので、これらをベースにしてページ作成を行う必要があります。

そして、ホームページのページ作成は闇雲に作成するよりも最初はこの関連キーワードで調査をしてまさに合致するキーワードで原稿を作成することが大切です。

今回は【ホームページ制作】だけでしたが、弊社の場合は【ホームページ作成】なんかも含むことや、さらにはその文言をクリックして自社のビジネスに関係しそうなキーワードをすべて拾っていき、大体100ページから400ページほどのページ数を作成できるようにしなくてはなりません。

もちろん、400と言いましたが、基本的にはスタッフブログは闇雲に運営するよりも予めページタイトルを定めたほうが効率的なものになるので、ここでしっかりと調査データを使って、上げたいキーワードをリスト化し、リスト化が終われば、それぞれのページタイトルを定めていくことで本当い効果的なホームページ制作になるのです。

1ページのホームページ制作の場合

1ページのホームページ制作の場合

1ページのホームページ制作の場合は、リストアップ自体は同じ作業で行っていただきますが、関連キーワードではページ作成をしないのですが、しかしトップページ内に上から順番に情報を配置する際の見出し文言として利用をします。

例えば基本は【ホームページ制作】と定めたら、「ホームページ制作 自分で」「ホームページ制作 相場」「ホームページ制作 大阪」「ホームページ制作 大阪 会社」「ホームページ制作 大阪 料金」「ホームページ制作 ソフト」「ホームページ制作 個人」「ホームページ制作 料金表」「ホームページ制作 一覧」「ホームページ制作 大手」などの情報で原稿を作成するかを考えていき、掲載できそうであれば、見出しにしていくことで、よりユーザニーズを満たすホームページ制作になります。

現在のグーグルはユーザの検索意図をと言っていますが、実際にはユーザが良く検索するキーワードに関連するページ数が多いほうが良いという意味です。

そのため、これらを行うことで、グーグルがいう1つの対策はこなすことができるので、SEO効果を最大化することが可能なのです。

キーワード選定は大切だが時間をかけ過ぎない

キーワード選定は最大でも1営業日で

SEOについて調べていると、多くがキーワード選定の大切さを説明するブログやソーシャルメディアの投稿をしています。

確かにキーワード選定は非常に大切だとは思いますが、しかしキーワード選定をしているだけではホームページのSEO効果が上がることはありません。

基本的には、弊社は大阪のホームページ制作会社になり、このキーワード選定は当然ホームページの新規制作やリニューアル段階で行うのですが、お客さま自体にはあまりキーワード選定について話さないようにしています。

その理由はキーワード選定をがっつりと説明すると、どうしてもキーワード選定ばかりを行われるお客さまもいるので、そうなってしまうと肝心のページ作成が思ったほど進まず、成果を出すためのスケジューリングが大きくずれてしまう恐れがあるためです。

このキーワード選定にかけるのは、上記の対策であれば大体ですが、1営業日(7時間)も行えば、相当正確なデータを出すことが可能ですので、最大でも1営業日だと考え、もしそれを超えるようであれば、そこまでのデータでホームページ運営をお願いしております。

1ページのホームページの場合は、それぞれの見出しに記述する文言などを作成したり、さらにはできる限り多くの見出しのほうが良いので、デザイン上やユーザの利便性上を踏まえたうえで最大の数の見出しを入れることを検討したほうがより良いホームページ制作になるのです。

このキーワード選定はやり方が分かると、じっくりと検討していくことを行う方が多いですが、しかし実際には確かにSEOは質も大切ですが、現状を見る限りは量が全然足りていないことが多いので、まずは量を抑えることも大切になります。

上記が弊社が推奨するキーワード選定法になっており、もちろんホームページ制作会社が行うキーワード選定法よりはかなり調査方法としては不十分だと思いますが、しかし初めてホームページ制作を自分で行う方にとっては効率のよい対策だと思っております。

当記事は株式会社セブンデザインが作成しております。
当記事についてや弊社サービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

Web制作なら大阪のセブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

TOP

ホームページ制作実績