HP作成やサイト運営なら 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

グーグルが公表!SEO効果が出るのは4ヶ月から1年

グーグルが言うSEO効果までの期間

検索エンジンのグーグル曰くSEOは4ヶ月から1年の期間が必要だと言うことです。

実際に当社がホームページを制作した場合は、3ヶ月から3年と言っているので、大体似たような数値になっています。

そこで今回は、グーグル公表や当社実績からその期間をウェブマスターさまはどう捉えるべきかを思います。

グーグル公表

こちらがグーグルが公表しているYouTube動画になっています。

上記動画の1分40秒ぐらいで、4ヶ月から1年と公表をしています。

SEOの基本は、検索キーワードに対して詳しいか被リンクが多く人気があるかのどちらかになっています。

例えば、詳しさとはページ数と質になっているのですが、詳しく質の高いページを作成したとしても、実はグーグルはリアルタイムで御社のホームページを見ているわけではありません。

グーグルはもちろん、ヤフージャパンやマイクロソフトのビングなどの検索エンジンは、まずはクローラーと言われるホームページの巡回ロボットを利用して、情報収集を行います。

そしてそれらのデータは、各検索エンジンのデーターベースに格納されますが、最近は格納作業は非常に早く行ってくれると思われます。

弊社の直感的な感覚としては、ホームページによっても異なりますが、早いと数時間、遅くても2,3日もあれば認識はしてくれるのです。

ただ、データーベースに格納後に、検索順位を決定するプログラムの実装が少し遅くなっています。

もちろん、該当ページだけであれば比較的に早いですが、関連するページの検索順位が上がるのは本当に多くの時間が必要です。

この関連ページが上がるのに、4ヶ月から1年の期間が必要になっていて、関連ページが上がって初めて、ウェブマスターさまがSEO効果が出たと認識ができます。

もちろん、ドメイン評価が高いホームページは別ですが、しかし、一般的なホームページや、公開した直後の場合には、上記期間くらいはかかると認識をしていく必要があるのです。

弊社の感覚では3ヶ月から3年

グーグルは、4から12ヶ月と言っていますが、当社ホームページ制作実績で見れば、早くて3ヶ月であると思われます。

実際に、ANA・JAL株主優待即納サービスは、新規ホームページ制作作業中からスタッフブログの更新を行っていました。

そしてホームページ制作期間が3ヶ月だったのですが、完了してから、1週間以内に高いSEO効果を出し、高い売上を得ることに成功していました。

もちろん、この期間は鍵をかけておらず、基本的にはグーグル認識を進めています。

また、その他のプラシアさまコーワスタイルさまなども、3ヶ月で効果を出して、半年で非常に高い成果を得ることに成功をしています。

このように当社のこれまでのホームページ制作実績から言えば、3ヶ月あればなんとかなるかもしれません。

ただ、これはあくまで最短です。

実際に、成果を出すのにもっとも時間がかかったケースは、広告代理店さまからのご依頼であったため、社名は公表できませんが、2年かかった案件もあります。

では、3年ではなく2年ではないかと思われるかもしれませんが、恐らく2年かかった理由は、キーワード難易度とウェブマスターさまが行うサイト運営時間が影響を与えています。

そちらの企業さまでは、あれこれと対策を行っていたのですが、基本的には上位表示ができるまでの期間は、広く浅く対応していました。

そのため、恐らくではありますが、グーグルからすると、これと言って検索順位を上げる要因がなかったのだと思われます。

実際に、検索順位の上がり方がすさまじく、検索順位が上がったタイミングで、ビジネスに関連するすべてのキーワードで上位表示ができておりました。

ここでは、計測している上位表示キーワードだけではなく、特に狙っていなかったキーワードなども含めてです。

このようにキーワード難易度ともしかすればサイト運営者様の更新法によっては、最大で3年は見ていただかなくてはなりません。

ただし、弊社では経験がありませんが、金融系キーワードは非常に難易度が高いと言われているので、その場合はもう少し時間がかかるかもしれません。

1年単位で施策内容を検討

グーグル自体が4ヶ月から1年と言っているので、クライアントさまはSEO計画とスケジュールを立てる際には、1年単位で検討するようにしましょう。

弊社も実際にホームページ制作後真っ先に行うのが、この計画とスケジュールを策定することです。

なぜここまでしないといけないかと言うと、実は検索エンジンは単発の施策を高い評価をしてくれないためです。

例えば、1日に100ページを作成できたとします。

その場合は、1日に100ページを公開してはいけません。

と言うのも、グーグルはインターネットに公開をすれば、必ず評価をしてくれるわけではなく、認識漏れが存在しています。

100ページを上げた場合にどれくらい認識してくれるかは不明です。

さらには、時間が立てば、内部リンクがしっかりと設置さえされていれば、認識をしてくれるようになります。

ただ、100ページも公開すると必ず、数ヶ月経っても、インデックスされないページが多く出てきます。

グーグル自体の発言から言えば、重要ページが認識されていなければ、トップページなどの重要ページから内部リンクを貼れと言っています。

100ページも内部リンクを貼れるホームページは珍しくなっています。

このように認識漏れを意識する必要があり、もちろん、1ページである必要はありませんが、安全策を取るとすれば、1日1ページが良いでしょう。

そのため、100ページを公開する場合は、例えば、予約投稿を活用して、100日に分散させるのが良いでしょう。

もちろん、効果を発揮するのは、100日以上先の話にはなってきますが、認識漏れがあるよりもずっと効果的であると思います。

このように日々の作業量は少なくても問題はないと思いますが、継続し続けることが大切になっています。

これらをホームページを制作後にしっかりとスケジューリングをすることで、本当にSEO効果のあるサイト運営が可能なのです。

もちろんですが、先述の通り、スケジュールと具体的な対策法も定めておくようにしましょう。

公開後、最大1年も待てない

もし、ホームページを公開後に最大で1年も待てないと言う場合は、SEO以外の対策も同時並行するのが良いでしょう。

例えば、YouTube広告やリスティング広告などが当たります。

こちらは予算は必要になるのですが、しかし予算さえあれば、グーグルとヤフージャパンの広告枠に表示されるようになるので、早い段階から検索結果から見込み顧客が集客可能です。

上記のホームページ制作実績のプラシアさまは、ホームページ開設後から、SEOとYouTube、リスティング広告、グーグルビジネスプロフィールを活用していました。

その結果、現在は、高い検索順位になっているのですが、公開直後から本当に多くの見込み顧客を集めて居ます。

このように他の集客対策を併用することで、短期間で見込み顧客を集めれるのです。

もし無料で対策を実施したいのであれば、ツイッターやフェイスブック、インスタグラムなどのソーシャルメディア運用がおすすめです。

SEOは努力量で何とかなりますが、ソーシャルメディア運用は投稿内容が大切です。

しっかりとユーザーに響く投稿をしていれば、必ず短期間で集客に成功することが可能です。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

これまでの実績

TOP