大阪のWeb制作会社セブンデザインのスタッフブログ

SEOを初めて1年2ヵ月の効果

SEOを初めて1年2ヶ月の状況

当社がSEOを始めたのが、2020年5月になるので、明日でちょうど1年2ヶ月になっております。

弊社が2020年5月にSEOを始めた最大の理由は、弊社ではSEOに強いWeb制作を提供している会社になるのですが、弊社のホームページ自体のSEOがしっかりとしていなければ、お客さまにSEOに強いWeb制作の提案を行ったとしても、まったく説得力がないと感じたためになります。

そして明日でちょうど1年2ヶ月になるのですが、そのSEO効果はどれくらいあったのでしょうか。

SEO作業は本当に大変

まず初めに、これは弊社でWeb制作を行わさせていただいている会社さますべてにお話している内容になるのですが、SEO作業は本当に大変なものになっております。

基本的には現在のグーグルが目指す検索結果ページは、ユーザの検索キーワードに対して最も詳しいホームページのランキングになっており、SEOを行うにあたり、まず考えないといけないことは、狙ったキーワードで最も詳しいホームページへと成長させることになっております。

この最も詳しいホームページは、Web制作段階で行うとなると、Web制作会社に大量のページ作成を依頼しなくてはなりませんので、Web制作会社に更新可能コンテンツを作成してもらい、お客さま自身でどんどんページを追加していただくことが一般的です。

そのため、Web制作後のSEO作業とは、ページを作成し続けることになっているのですが、このページを作成し続けることは本当に大変で、弊社はもちろんですが、弊社のクライアントさまも日々その作業の多さに苦戦をされております。

ただ、実際に弊社は1年2ヶ月もの間、この作業をしっかりと行い続けることができており、確かに狙ったキーワードではまだ十分な結果にはなっておりませんが、しかしそれなりの効果を得ることには成功しております。

実はコアアップデートまでは成功していた

実は弊社のホームページは、2021年6月3日のグーグルコアアップデートで被弾いたしております。

そしてこのコアアップデートで検索順位を大幅に落としたのですが、実はそれ以前、すなわちSEOを初めて1年の効果としては、非常に高いものになっておりました。

2021年6月のコアアップデートは2段式

2021年6月3日のグーグルコアアップデートは、実は第1回目のアップデートになっており、第1回目のコアアップデートを公表する際に、グーグル自身が第2弾が7月にあると公表しております。

こちらのリンクは英語になっているのですが、簡単に訳すと「本日コアアップデートを実施します。このアップデートは7月にも続きますが、その理由はまだ準備が整っていないためです。一般的にコアアップデートはほとんどのホームページでは気が付くことはありません。」と書かれております。

そのため、今回のコアアップデートは第1弾のコアアップデートになっており、第2弾が7月中に行われるということです。

被弾後の対応

上記のように今回のコアアップデートは2段階で行われるのですが、弊社は運悪く第1弾のコアアップデートで被弾してしまいました。

6月4日に検索順位が大幅に下がり、弊社が検索順位を見ている30のキーワードで平均7位ほど下がってしまいました。

そして検索からの訪問者数はと言うと、大体6割くらいまで落ち込んでおり、これでは弊社のホームページはお問い合わせを獲得できるホームページと言うことができないと考えました。

そのため、その対応についてグーグルやツイッター検索で調べてみると、やはりもっとも多かったのが、7月まで待ってから対応をしたほうが良いという意見になっておりました。

被弾するような対策はしていない

もちろん、弊社のホームページは多少SEOのための更新にはなっておりましたが、コアアップデートで被弾するような対策は一切行っておりませんでした。

そのため、対策を行うにしても何が問題でコアアップデートに被弾したかを明確に知ることができず、実際に2021年6月30日時点でもコアアップデートの内容を調べても、どのようなアップデートが行われたかは知ることができません。

ただ、どうせ検索からの訪問者数が減ったのであれば、これ以上減ったとしてもそれほど大きな影響はないだろうと考え、6月の時点からホームページの改善を行うようにしております。

コアアップデート前の弊社の検索順位とアクセス数

実際に弊社のホームページがコアアップデートに被弾する前はどれくらいのアクセスがあったかと言うと、まず比較的難易度の高い30キーワードで順位を計測しているのですが、29キーワードで5位前後、1キーワードだけ12位という結果になっておりました。

そして検索からのアクセス数については、大まかに言うと、大体平日で1日200人程度、土日で120人程度になっていたため、そこそこのお問い合わせ数を獲得できるホームページとなっておりました。

大体1年くらいで、SEOをしっかりと行えば、これくらい成功させることが可能になっており、実際にWeb制作のヒアリングのために、お客さまの会社にお伺いすると、「いくつかのキーワードで検索したけれども、御社のホームページが上位表示されていた。弊社もそうなりたい。」とよく言われておりました。

そのため、1年間頑張れば弊社だけではなく、お客さまも必ず成果を出せるものになっており、もちろんSEOキーワードの難易度が非常に高いホームページは、もう少し時間がかかると思いますが、しっかりとSEO指針を決めてSEOを行うことで、少しずつ成果を高めることが可能になるのです。

2021年6月4日でアクセス数が激減

そして2021年6月4日以降の弊社のアクセス数としては、30の計測している検索キーワードでは平均7位ダウン、検索からの訪問者数が大体6割くらい、お問い合わせ数は半分以下となってしまいました。

ただ、これについては本当に理由が分からないものになっていて、取引のあるSEO会社に相談をしても、「7月まで待つべき。もし現状で判断をするのであれば、こういうポイントが弱いかもしれない。」という曖昧は回答でした。

そして弊社でもやっぱり7月まで待つべきかを考えたのですが、どうせアクセス数が半分になってお問い合わせ数も半分以下になっているのだから、この機にホームページの問題点を改善しようと考え、確か6月5日か6日には改定を決意しております。

そしてそこから6月30日までとにかくSEOのための改善を行っており、このSEOのための改善は、メリハリのあるSEOをテーマに日々SEOによるアクセス数の改善に取り組んでおります。

メリハリのあるSEOとは

メリハリのあるSEOとはどういうものになるかと言うと、基本的にはこのページは検索エンジンユーザにとって重要、このページは不要と言うようにページごとに検索エンジンの認識を考えることになっております。

例えば、一例ですが、弊社のスタッフブログには、現在は削除したためもうありませんが、月別アーカイブのページがあり、こちらのページは検索からの流入数やさらにアクセス数を見ると、1年もの間0という結果になっておりました。

そのため、確かにグーグルは認識してくれていはいるが、このページは不要であると推測し、思い切って月間アーカイブのページを削除いたしました。

また、さらには、同じスタッフブログ内に、上部にあるWeb制作・運営SEO・SEMなどのカテゴリーページについてアクセス解析を見てみると、検索からの訪問者数はありませんでしたが、しかしアクセス数自体は多少あったので、グーグルの判断では入口ページとしての価値はないと考えていると思い、noindexタグを導入いたしました。

このように不要なページを削除することがメリハリのあるSEOになると考えており、さらには住元春氏のインデックスの整理で検索流入が二倍になった話の記事を見て、noindexと削除を決定いたしました。

その後アクセス数はどうなったか

そして、2021年6月30日の検索からの訪問者数などについてご紹介いたしますた。

まずアクセス数については昨日のアクセスと6月3日時点のアクセス数を比較すると、1割減まで戻すことに成功しております。

ただ、昨日の時点では、検索順位は一切戻っておらず、単純にブログのリライトを行っているので、流入キーワード数が増えたのかな程度に思っておりました。

ただ、本日のお昼過ぎに30の検索キーワードの検索順位を調査すると、微妙に戻っており、平均2位上げることに成功しており、コアアップデートで平均5位ダウンまで戻すことができております。

また、リライトによって検索からの訪問者数は増えておりますので、このままメリハリのあるSEOと記事ページのリライトを行っていれば、おそらく近いうちにコアアップデートに被弾する前の検索からの訪問者数をはるかに超えるアクセスが稼げるのではないかと思っております。

SEOはしっかりとやれば必ず成果が出る

弊社はWeb制作を行う大阪の会社になるのですが、お客さまに集客をどうするかを確認する際には、「SEOは努力をすれば必ず成果が出ます。ただし、その努力量は多いです。」と説明をしております。

そして今回の弊社の事例では、まさにSEOの努力量は非常に多く、コアアルゴリズムアップデートで被弾はしてしまいましたが、しかしその後も努力を行い続けることで、検索順位はまだ戻りきっておりませんが、アクセス数はほぼ戻ったと言っても良いと思います。

このようにSEOはとにかく努力量が大切になっており、現在SEOを行うかお悩みの方は、ぜひSEOは努力すれば、その分結果で帰ってくるので、努力ができるようであれば、SEOを選択してみてはいかがでしょうか。

ただし、闇雲にSEOを行うことは推奨しておらず、しっかりとしたSEO計画を立てたうえでのSEOを実施するようにしましょう。

当記事は株式会社セブンデザインが作成しております。
当記事についてや弊社サービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

Web制作なら大阪のセブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

TOP

ホームページ制作実績