HP作成やサイト運営なら 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

SEO効果の高いタイトル作成法

SEO効果の高いタイトル作成法

SEOを考えるのであれば、タイトルは適切に作成しなくてはなりません。

弊社は、ホームページ制作時には、当社が最適化を行い、さらには、サイト運営の中でお客さまが新規ページ作成を行う際のために、タイトル作成法をルール化しております。

当ページでは、タイトル作成のメリットや、どんなルールがあるかについてご紹介をいたします。

タイトル最適化によるSEO効果

タイトル最適化によるSEO効果

タイトルを最適化することで、SEO効果を非常に受けやすくなっています。

当社はホームページ制作時に、タイトルを作成するのですが、その際には思い付きで作成しておらず、サイトマップを表にしたディレクトリー構成で、全ページのタイトルを定めております。

このディレクトリー構成は、エクセルあるいはグーグルスプレッドシートを利用します。

と言うのも、思い付きで個々のページで考えていくと、SEO効果を最大化させるタイトルが、非常に思いつきづらくなっています。

そのため、ホームページを制作する前に、まずはディレクトリー構成に、各ページのタイトルを記載していき、それからホームページを制作しています。

タイトルの最適化の効果は、非常に高く、一例ですが、ツイッターで【タイトル SEO】で検索を行うと、タイトルタグを少しだけ変更しただけでもSEO効果を出した事例が多く出てきます。

そして、その判断基準自体は、正直なところよく分かりません。

例えば「2021年度版!ホームページ制作法」というタイトルを「2022年度版!ホームページ制作法」に変えただけで上位表示ができるケースもあります。

ただ、なんとなくですが、最新のホームページ制作法を公開していたほうがユーザー目線であると判断をして上げているのかもしれません。

このようにタイトルは、明らかにSEO効果としては高くなっていて、適切であれば、高いSEO効果を得れるのです。

具体的なルール

ルール

では、SEO効果を出すために、気をつけておくべきポイントをご紹介します。

個々のページで重要キーワードを設定

当社ホームページ制作では、当たり前に、すべてのページで重要キーワードを設定しております。

例えば、トップページはこのキーワードを、サービスページはこのキーワードをというように、すべてのページで1つ上位表示キーワードを定めております。

これをサイト運営でも行いましょう。

ここで設定した上位表示キーワードは、タイトルで利用するものになっているので、ページ個々で固有のキーワードを定めなくてはなりません。

また、一点だけ注意点があり、それは【ホームページ制作 学習】という重要キーワードを設定したら、別ページで【Webサイト作成 勉強】の設定はいけません。

上記は確かに単語は異なりますが、同じニーズのページであり、カニバリ発生率が非常に高くなってしまいます。

カニバリとは、単語は違うけどニーズが同じ場合に発生するものになっていて、カニバリが発生したページ数が多ければ多いほど、全体の検索順位を下げてしまいます。

32文字前後で作成

現在の検索エンジンは、ページタイトルは、最大で32文字までしか、検索結果に表示してくれません。

グーグル自体は、何文字でもしっかりと認識ができると発言していますが、念には念を入れて、32文字前後を意識して作成しましょう。

ここで大切になるのが、一般的には、当ページで言えば「SEO効果の高いタイトル作成法|大阪のホームページ制作会社セブンデザイン」がタイトルです。

ただ、共通箇所になる「|大阪のホームページ制作会社セブンデザイン」を含んで32文字だと少ないので、ここは無視して良いでしょう。

前半部分のそのページのタイトルを32文字以内に抑えて、検索結果ページにすべて表示させることで、正しいSEO効果を得れると思っております。

ただ、再三になりますが、グーグルは何文字でも良いと発言していて、長いタイトルだから駄目だということはありません。

重要単語は左側に

各ページで重要単語を定めていると思いますが、その単語はできる限り左側に配置しましょう。

当ページでは、【SEO タイトル 作成法】なのですが、本来はSEOを後ろにして、タイトル作成法を前にしたかったです。

ただ、思いつかなかったので、取り敢えず現在のものになっております。

検索エンジンは、先に表示されている単語を重要視しています。

そのため、重要単語、さらにはそのページ固有の単語はできる限り前に持ってきた方がSEO効果を発揮できるようになっています。

当社ホームページ制作では、本文の文頭に、必ず重要キーワードを配置していただくようにしていて、それは上部の方が検索エンジンが高く評価してくれる可能性が高いためです。

これと同様の考え方になっています。

基本的には、重要なキーワードは前の方が効果を発揮し、個々のページで重要キーワードは前の方に利用した方が良いでしょう。

ただし、いくら大切なキーワードだからと言って、冒頭に詰め込み過ぎるのは良くなく、バランスを考えて全体的に入れる方が効果を発揮します。

ニーズが同じページ作成は不可

先述もしていますが、基本的には同じニーズの類似ページは作ってはいけません。

現在の検索エンジンは、同じニーズあるいは原稿が同じページに対して、スパム行為として判断をしており、ペナルティーを課しています。

そのため、エクセルで作成したタイトルと、ニーズが同じものを作成しないように気を付けましょう。

ただし、多少同じニーズのページが存在しているくらいでは、実はペナルティー対象にならず、意識が大切で、多く作成しないように注意が必要という話になっております。

検索結果をイメージ

タイトルを作成する際には、上位表示キーワードが定まっているので、そのキーワードで検索を行い5位くらいに表示されたいイメージを持ちましょう。

その時に、クリックされやすいかを検討していくことで、本当に最適なタイトル作成となります。

あくまで目的は検索順位を上げることではなく、訪問者を獲得することです。

意外と盲点になってしまいガチなポイントですが、見込み顧客が検索結果で見たときにクリックしたくなる文章を作成するのが重要です。

タイトルの利用シーン

タイトルの利用シーン

では、タイトルの利用シーンを3つご紹介します。

検索結果に表示

昨今のホームページ制作では、SEOは、ほぼほぼ必須になっております。

実際に多くのホームページ制作実績の企業では、公開後最初に取り組む対策がSEOになっています。

そのため、検索結果での表示は必ず意識しましょう。

確かに、上位表示テクニックがベースになってくるとは思いますが、しかしいくら上位表示を行っても、ユーザーがクリックして訪問してくれなければ意味がありません。

そのため、タイトル作成時には、まずは初めに、検索結果に表示されたときに、ユーザーがクリックしたくなるような文言を想定しなくてはなりません。

アンカーテキストに利用

実はタイトルは、他のブログなどで紹介されたときに、アンカーテキストとして利用されるケースが多いです。

こちらについては対策法はありません。

ただ、ある程度は意識しているといないでは、結果として文言が変わってくるため、頭の片隅に常に入れておくのが良いでしょう。

ソーシャルメディアカード

最後に、ツイッターであれば、ツイッターの投稿画面にURLを記載するとツイッターカードが表示されます。

昨今のホームページ制作では、SEOの次にソーシャルメディアが人気のある集客対策であるため、必ずソーシャルメディアカードを意識しましょう。

これを意識すると、不要な単語などを削るのに非常に役立ちます。

もちろん、重要キーワードだけを羅列させるのは、検索結果でのクリック率などで問題があります。

そのため、文章として成立させたうえで、ソーシャルメディアでクリックされやすさを意識しなくはなりません。

SEOに強いホームページ制作では必須

SEOに強いホームページ制作では必須

タイトルの検討は、SEOに強いホームページ制作で必須です。

ツイッターやグーグル検索で、【タイトル SEO】で検索をすると多くの検索結果が表示されるくらい、多くのWebサイト制作会社やSEO業者が気にしているポイントです。

ただし、自分で作成する際には、完璧に作成しようとして、1時間や2時間などの時間を使うのは非常にもったいないです。

後からも十分に変更ができるので、まずは今現在自分が思う最良のタイトルを作成しましょう。

この作業を繰り返していけば、どんどん御社の中でタイトル作成のノウハウが蓄積され、ノウハウが溜まれば、リライトを行いましょう。

ホームページ制作後にSEOのために記事作成を行われている方は、記事の質以外にもタイトルを意識することで、より効果的なSEOが行えるようになるのです。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

これまでの実績

TOP