大阪のホームページ制作会社株式会社セブンデザイン

SEOにおけるホームページ制作の質

SEOにおけるホームページ制作の質

SEOを行っていると質の高いページを作成することが大切だと言われます。

しかし、この質の高いページというのはどういったページになるのでしょうか。

これについては基本的にはグーグルしか分からないものになっているのですが、しかしホームページ制作会社やSEO会社はある程度これまでの経験からどのようなホームページがグーグルが質が高いと評価してくれ、どのようなページが質が低いと評価されているかを把握しています。

そしてこの質の高いホームページ制作のポイントを抑えることで、ホームページのSEO効果は高まり、実際に成果を出せるようになるのです。

そこで今回は、大阪のホームページ制作会社 株式会社セブンデザインが考える質の高いページについてご紹介をいたします。

ホームページ制作のSEOの質

SEOのホームページの質

まず具体的な施策をご紹介する前に、SEOの質の高いホームページ制作とはどのようなものになるのかについてご紹介をいたします。

まず質の高いページには、弊社では、3点のポイントがあると考えています。

タイトルに対して詳しい

まず、新規ページを作成する前に、どのようなページを作成するかのタイトルについて考えられると思います。

そして質の高いページとは、そのタイトルに対して最も詳しいページであることが大切で、例えば「SEOに効果的なページ作成法」というページを作成するのであれば、他のホームページよりも詳しい「SEOに効果的なページ作成法」についての記載が必要になっております。

このようにグーグルは原則、「最も詳しいホームページを上位表示させる」と言っているので、他のホームページよりも詳しいページ作成を行うことで、SEO効果を最大化させることが可能になります。

また、この詳しいページを作成する際には、実際に上位表示したいキーワードで、検索を行ってみて、上位5位以内に入っているホームページが掲載している情報は最低限網羅するのが一般的な考え方です。

ユーザが見やすい

次に質の高いページを作成するためには、そのページをユーザが読みやすく理解しやすいことが大切です。

このユーザが見やすいというのは、基本的には単にテキストだけでページを作成するのではなく、画像を利用したり、表、箇条書き、強調タグなどをしっかりと利用していくのが良いでしょう。

これらをうまく利用して、しっかりと読みやすく理解するページとすることで、グーグルから評価される質の高いページになっております。

被リンクが多い

そして最後に質の高いページについて、グーグルは質が高ければ自然と被リンクが集まると言っております。

そのため、質の高いページを作成するためには被リンクが必要になっており、この被リンクをしっかりと集めることで、ホームページの成果は向上するのです。

ただ、この被リンクはどんなに真剣に記事作成を行ったとしても、あまり集まるということはなく、もちろん自然に被リンクを集めるための対策は必要ですが、自分で被リンク対策を行うことも必要になっております。

質の高いページ作成のテクニック

質の高いページ作成のテクニック

では、実際に質の高いページを作成するテクニックとしては、弊社では以下のことを推奨しております。

文字数を意識

こちらは意識する必要はないと思われますが、大体どれくらいの文字数で原稿を作成すればいいのかを知りたいという場合には、2,000文字程度と話をしております。

この文字数を意識することで、もちろんすべてのページではないのですが、スタッフブログなどのコンテンツは、ボリュームが多いページを量産していると、ブログコンテンツであると認識してくれるようになり、トップページなどと別の評価をしてくれるとのことです。

もちろん、最も詳しいページ作成を行っていると自然と文字数が多くなると思いますので、そこまで意識はしなくていいですが、文字数がないと原稿作成が進まないという場合は、2,000文字を一つの目標文字数として記事を作成していくようにしましょう。

ユーザの理解のしやすさを意識

そして次に、ユーザのページの理解のしやすさを意識します。

これは本当に大切なものになっていて、画像を利用したり、表や箇条書き、太字があったほうが良い箇所はしっかりと利用するなどをして、そのページのユーザの読みやすさを追求します。

これらを利用することで、グーグルはこのページは読みやすいように表や箇条書き、太字を利用していると認識してくれ、そこまで効果的ではないにしても、微妙にSEO効果がある対策であると言われております。

内部リンクの設置

この内部リンクの設置は効果があると言っている記事をよく見ますが、グーグル自体がそこまで効果的ではないけれども、ユーザのホームページの利便性を高めるためには設置すべきと言っております。

そのため、無理やり内部リンクを設置する必要はないですが、本当にユーザにとって役立つ内部リンクはしっかりと設定していくことで、ホームページのSEO効果を微妙に高めることが可能です。

記事数を意識

そして最後に記事数を意識すると良いでしょう。

この記事数については、実際に例えば弊社のホームページで言えば、弊社のホームページは大阪のホームページ制作会社のホームページになり、メインで上位表示を狙うキーワードは、【ホームページ制作 大阪】になるのですが、例えば【SEO 大阪】で検索順位を上げたい場合には、SEOに関連する記事をしっかりと作成していくのが良いでしょう。

これらをしっかりと行うことで、ライバルよりも詳しいとグーグルが判断してくれれば、自然とそのキーワードで上がるようになっております。

また、これらの上げたいキーワードに関連する記事をあらかた作成した場合においては、順位を上げるにはリライトが必要になっており、内容が充実しても上がらないあるいは作成したページ自体が上がらなければリライト作業を行うことで、よりグーグルから質の高いページを多く持っているホームページであると認識されるようになります。

上げたいキーワードを定める

そして最後に現在のグーグルは非常に重複を嫌う傾向があります。

そのため、記事を作成する前にしっかりとそれぞれのページでどのキーワードで上位表示をしたいかを定めることが大切です。

そして同じキーワードで記事を作成しないようにすることで、本当に効果的なホームページ制作が可能になっており、ここのページの質だけではなく、ホームページ全体として、さまざまな情報が掲載されている質の高いホームページだと認識されます。

地味にこの作業は大切になっており、お客さまのホームページ制作でスタッフブログを制作して更新を頂いていると、結構内容が似たページを量産していることもあるので、しっかりとそれぞれのページで異なったキーワードで上位表示を狙うようにしましょう。

質の低いページに被リンク

質の低いページに被リンク

上記が基本的なSEO対策の方法なのですが、業種によってはこれらを行うだけでは上がりきらないホームページもあります。

その場合においては、トップページではなく、記事ページに対して被リンク対策を行うのがお薦めです。

グーグルはこれらの対策を行っていても質が低いとみなすことがあり、これはキーワードの頻出度であったり、キーワードを利用している箇所が影響をしているのですが、ここまで突き詰めて原稿を書いていくとなると相当の時間がかかるので、そこまでは意識せず、もし質が低いとみなされたら、被リンク対策を行うと良いでしょう。

そしてそのページの価値を高めることで、ここのページの価値が高ければ、当然カテゴリートップページやホームページ全体も質の高いページをたくさん制作している良いホームページだと認識してくれるようになり、期待以上のSEO効果を得ることが可能なのです。

質が高いというのは最も詳しくて人気があること

質の高さは最も詳しくて人気がある

これまで数多くのホームページに対して、SEO対策を行ってきた限りで言うと、質の高いページというのは、別に文章が魅力的であったり、文法が正しいなどはそれほど影響していないように思われます。

実際にニッチなキーワードで検索を行うと、検索結果の下位に、本当に綺麗な日本語で、さらには魅力的なページを見かけることがあるのですが、これらのページはグーグルからすれば上位に表示しているページよりも質が低いのです。

このように魅力的な文章や文法が正しいかどうかも大切ですが、それよりもグーグルが評価しているポイントをしっかりと理解して対策を行うことで、より効果的なホームページ制作が行えます。

ホームページ制作においては、質が高いページが大切だと言われていますが、この質はどのようなものなのかをしっかりと理解して対策を行うことで、本当に成果の出るホームページ制作となるのです。

類似記事

TOP

ホームページ制作実績