サイト作成の成果を追求 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

もっとも無難でスマートなSEO方法とは?

無難でスマートなSEO

弊社のホームページ制作実績の会社さまや、弊社サイトではSEOを行っています。

そしてSEOを行っていて非常に感じる点は、マイナスになるような対策はしない方が良いと言うことです。

あれこれと対策をしてしまうと、確かにプラスになるケースもあるのですが、マイナスになるケースも多く、そうなってくるとより多くの努力が必要になります。

無難でスマートなSEOとは

無難でスマートなSEOとは、できる限り作業量を減らして、検索順位を上げれる対策です。

というのも、昨今新規ドメインのホームページ制作が有利と言うSEOの先駆けの方や専門家もちらほら見かけます。

サイト運営期間が長くなると、あれこれホームページを触ってしまい、もちろんSEO効果としてプラスもありますが、マイナス効果も多くあります。

そしてこのマイナス効果をなくすだけでも非常に高い効果を発揮できるので、実は新規ドメインでのホームページ制作が強くなるのです。

では、具体的にどのようなホームページが上がりやすいかをご紹介します。

ホームページ制作実績の会社がなぜ上位表示ができ、同じ作り方をしている会社がSEOで失敗しているケースからご紹介をします。

Webサイト制作会社の責任度合い

まず、SEOで成功しない理由を考える前に、そのホームページ制作自体に問題があるのではないかと考えられるケースがあります。

しかし、残念ながら、Webサイト制作会社で営業をしていて、ある程度SEOについて理解をされている場合はほとんどそのようなケースは見られません。

ウェブデザイン性ばかりを気にしたり、さらにはSEOをまったく考えず、ただホームページを制作されてしまうとそのような場合があります。

ただ、これまで弊社以外が制作したホームページにSEOレクチャーだけを行っている会社も多くが成功しています。

最近のSEOにおいては、適切なサイト運営量が非常に大切になっています。

そのため、自社サイトが上がらないときは、まずはざっくりと、ソースコードを確認して、問題がなそうであれば、サイト運営努力量が足りていないのです。

では、サイト運営努力量を正しくするために弊社が特に意識している点をご紹介します。

目標ページ数までとにかく新規ページを作成

弊社がホームページを制作時に定めた目標ページ数までとにかく毎日新規ページを作成することが大切です。

この目標ページ数まで高める理由は、現在のグーグルやヤフー、マイクロソフトのビングなどの検索エンジンは、最も詳しいホームページを上位表示させています。

もちろん、闇雲に詳しいのではなく、ユーザーの検索キーワードに対して詳しいことが大切です。

例えば、【ホームページ制作】で上位表示をしたい場合は、下層ページにホームページ制作に関する情報を網羅させることが大切になります。

この詳しいをとにかく高めるのは相当大変ですので、まずは検索を行い、1位から10位のホームページが何ページあるかを出して、平均値を算出しています。

そしてその平均値が御社が目標にすべき数値です。

この作業を継続し続けていれば、必ず上位表示が可能になってくるので、とにかく新規ページ作成をルーチンワーク化してしまいましょう。

ユーザーのために質を高める

大半の企業さまでは、リライトは面倒くさいと考えられます。

実際に弊社もリライトは本当に面倒くさいと思っています。

が、現在のSEOでは質を見られているので、リライトをしないと検索順位が上がらず、問い合わせが獲得できないので、たまに行っています。

では、リライトをしないと必ず上位表示ができないかと言うと決してそうではありません。

実は新規ページ作成時にしっかりとユーザーのことを考えて、少しでも質を高める努力をしていれば、リライトは不要になっています。

このようにリライト作業量を減らすだけでもお客さまの負担は大きく軽くなるので、どうせ公開するのであれば、初めからしっかりと質を意識しておきましょう。

301リダイレクトや削除するページは作らない

あくまで理想論ですが、301リダイレクトや削除する可能性が高いページを作るのは辞めましょう。

確かに404ページが多くても、グーグルの公表では、マイナス効果はないと言っています。

しかし、実はグーグルは別のことも言っていて、質が低いと思って削除して検索順位が落ちるのは当然で、グーグルが高く評価していれば、その分マイナス効果になるとも言っています。

さらに301リダイレクトについては、基本的にはリダイレクト元のページのSEO評価を新ページへと譲渡が可能です。

ただし、8割程度になってしまうや、さらには、8割の効果を得るためには原稿も完全に同じでなくてはならず、関連性がないと判断するとマイナス評価と言っています。

このように基本的には、404も301リダイレクトも確かにプラスになるケースはあります。

しかし、マイナス評価になる可能性もあるので、基本的には404ページや301リダイレクトが必要になる可能性がある場合は、新規ページの作成を行わないようにしましょう。

被リンクはナチュラルリンクだけで良い

SEOを行っていて、サイト更新をしていると、なかなか検索順位が上がらないことがあります。

グーグルやヤフー、マイクロソフトのビングなどの検索エンジンは、ページを公開してすぐに認識してくれるのではなく、タイムラグがどうしても発生します。

このことを知らないと、現在自分が行っている対策が間違えているのではないかと思い、被リンク対策に走ってしまいますが、これは絶対に不要です。

基本的な被リンク対策は、ナチュラルリンクだけでよく、自分で行う必要はありません。

確かに弊社では、外部リンクサイトのご紹介でも掲載している通り、まれにお客さまに被リンク施策を提案します。

ただ、あくまでおまじない程度であったり、さらには、国や市区町村が運営する外部リンクサイトに限定しています。

基本的には現在のSEOでは被リンクはそれほど必要がありません。

ただ、検索エンジンが価値を評価した被リンクは非常に高い効果を生み出せるため、基本はナチュラルリンクを狙っていくようにしましょう。

多くの対策に手を出すのは辞める

無難でスマートなSEOのためには、あれこれ対策を調べて、すべてを中途半端に広く浅く行うのはあまり良いとは言えません。

もちろん何を中心に対策を行うかは、企業によってさまざまです。

対策をあれこれするのではなく、ホームページ制作後にSEOのためにこれをすると決めれば、最低でも1年はその対策だけを行い続けましょう。

中途半端に広く浅くすると、効果がある対策と効果がない対策がある、さらには効果がある対策の作業量が少なく検索順位が上がらないというケースを稀に見かけます。

そのため、1つや2つの対策に限定して、しっかりとその作業を行い続ければ必ず御社のホームページの検索順位が高まります。

また、その対策法を検討する際には、Webサイト制作会社やSEO業者にサポートしてもらうのが良いでしょう。

スマートなSEOで成果が出たホームページ制作事例

上記のように弊社ではスマートなSEOを推奨しています。

実際にホームページを制作した会社さまで、このスマートなSEOで成功したのが、プラシアさまになります。

プライアさまは、ホームページを制作するまで、あまりパソコンを利用してこなかった、さらにはプライベートも含めブログ運営はした経験がありませんでした。

しかし、弊社ではホームページを制作後に、検索順位を上げるには、スタッフブログと成功事例を毎日更新して欲しいとお願いをしています。

その結果、1日1記事はできていませんが、しかし週に7記事程度は達成している状態で、狙ったキーワードすべてで5位以内にランクインしています。

行っていることは、被リンク対策は0になっていて、新規ページ作成だけになっています。

このように現在のSEOでは1つの対策でもやり込めば必ず上位表示ができるので、複雑に考えずにできる限りスマートなSEOをおすすめします。

当ページは株式会社セブンデザインが作成しています。
当記事についてやサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メール

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

これまでの実績

TOP