大阪のWeb制作会社セブンデザインのスタッフブログ

メリハリのあるSEOを実施

メリハリのあるSEO

今回は弊社のホームぺージについての記事になります。

弊社のホームページのSEOは、とにかく記事を作成するだけに注力をしており、それで2021年6月3日までは順位を高めておりました。

実際に、どれくらい順位が上がっていたかと言うと、弊社が検索順位を計測している30のキーワードで29キーワードが6位前後、1キーワードが12位となっており、当時はこのページ作成によるSEOが非常に効果的に思えておりました。

しかし、2021年6月3日にグーグルがコアアップデートを行い、弊社の検索順位は30のキーワードで平均7位ダウン、訪問者としては約半分にまで落ち込んでしまいました。

そのため、弊社では6月4日以降にSEOの見直しを行っており、そして見直した結果、SEOにメリハリをつけるという指針でSEOのためのホームページ改善を行っております。

2021年6月3日に検索順位が大幅ダウン

グーグルは2021年6月3日にコアアップデートの実施を公表いたしました。

このコアアップデートの内容については、2021年6月29日現在でも分からないものになってはいるのですが、取り敢えず分かっている情報としては、7月にもう一度アップデートが行われるということになります。

今回のコアアップデートは2段階で行われるのですが、その理由はグーグル自身がコアアップデートの作業が半分しかできていなかったためであり、取り敢えず半分のアップデートだけを6月3日に行い、残り半分は7月に実施するということです。

そして弊社のホームページは、2021年6月4日にコアアップデートの影響から大きく検索順位を落としており、この落ち方が30のキーワードで検索順位を見ていたのですが、平均で7位ほど検索順位が落ちる結果となっておりました。

6月3日時点の計測では29のキーワードが6位前後、1キーワードが12位でしたので、そこから7位落ちて、1ページ目のキーワードは4つ、2ページ目のキーワードが21個、3ページ目のキーワードが5つまで順位を落としてしまい、実際にこれらの順位では、狙ったキーワードでは検索者の獲得はできないくらいまで検索順位が落ちてしまいました。

ただ先述した通り、2021年6月29日現在でも、どのような内容でアップデートが行われたかが分からず、弊社としては特におかしな対策は行っていないことなどから、どのような対策を行えば効果が出るかが分からない状況にあります。

検索からの訪問者数は6割に

そして順位は大幅に落ちてしまいましたが、訪問者はどれくらい落ちたのでしょうか。

この訪問者については、グーグルアナリティクスでの計測を行ったのですが、幸いにも弊社のホームページはスタッフブログがあり、大量のページを作成していたため、スタッフブログ自体の検索からの訪問者数も落ちてはいますが、しかし順位がキープされている検索キーワードもあったので、検索順位ほどの影響は受けておりませんでした。

実際に検索順位と比例したら割と少ない下落になっており、訪問者数としては、4程度の訪問者が減少した程度になっております。

ただ、やはりスタッフブログにおいては、ある程度直帰率も高いコンテンツになるので、成約数については、4割減で済んだかというとそういうことはなく、お問い合わせ数で言うと半分以下程度まで落ち込んでおります。

おそらく前兆はインデックス未登録の急増

2021年6月3日のグーグルアップデートに被弾してしまった後、なぜ弊社のホームページが被弾したかをかなり色々と調査をいたしました。

そしてすべてのホームページで言えるかどうかは不明ですが、一つだけ気になるデータがあり、それはグーグルサーチコンソール「カバレッジ>除外>クロール済み - インデックス未登録」の数値が異様に向上したという点になっております。

実際に、どれくらいインデックス未登録が増えたかと言うと、大体ですが、2.5倍くらいリストに表示されるようになっており、この2.5倍になった日付が4月21日になっております。

そしてそこから本当に緩やかにですが、インデックス未登録のページ数が増えており、現在は100ページを超えるページがインデックス未登録となっているのです。

メリハリのあるSEOを実施

そのため、弊社では、このインデックス未登録を改善することが検索順位を戻すことに繋がるのではないかと考えており、このインデックス未登録を改善するために、メリハリのあるSEOを実施することといたしました。

このメリハリとはどういうものになるかと言うと、「グーグルにとって無価値なページの改善」と「ユーザにとって無価値なページの改善」の2つの対策になっております。

グーグルにとって無価値なページ

まず初めに取り掛かったことは、弊社のスタッフブログでは、スタッフブログのトップページから下部にあるページネーションを使って、2ページ目や3ページ目のページへと移動が可能です。

そしてまったく同じレイアウトと内容のページが、実は月別アーカイブのページとカテゴリーのページにあり、さらには弊社のホームページ内に現在削除済みですが、スタッフブログ更新情報のページがありました。

そしてこれらのページの検索からの流入数はまったくありませんでしたので、これらのページはおそらくグーグルのインデックスの巡回効率を下げているだけのページになっていると考えました。

そして次に、これらのページのアクセス数を見ていくと、カテゴリーページは非常に少ないですがアクセスがあり、月別アーカイブとスタッフブログ更新情報のページはアクセス数がまったくありませんでしたので、カテゴリーページはnoindexに、月別アーカイブとスタッフブログ更新情報のページは削除いたしました。

これによりnoindexと削除を含めると150ページくらいが減少したことになっており、グーグルのクローラーの情報収集効率は飛躍的に高まるのではないかと考えております。

SEOをされている方はご存知だと思いますが、クロールバジェットと言われるものがあり、このクロールバジェットは、簡単に言うとホームページごとにグーグルの巡回ページ数あるいは巡回時間が決まっているというもので、これについては1,000ページ程度のホームページであれば、グーグル自身や大手SEO会社さまも否定している内容になっています。

ただ、今回の対策は、もしクロールバジェットがあるとするのであれば、クロールバジェット的にも効果があるのではないかと思っております。

ユーザにとって無価値なページ

次にユーザにとって無価値なページをどうするかになっているのですが、こちらは単純にリライト作業を行っております。

ただ、ページ数が膨大であるため、まだ20ページくらいしかリライトを行えておりませんが、まずは目標ページとしてスタッフブログの429記事をすべてリライトしようと考えています。

このリライトの効果は非常に高いものになっていて、実際にまだ20記事くらいしかリライトを行えておりませんが、アクセス数が元のアクセス数と比較すると8割ほどになっているので、2割ほどを戻すことに成功しております。

単純計算すると後20記事をリライトすれば、元の訪問者数に戻すことができるのですが、実際にはあと50記事くらいかなと考えてじっくりとリライト作業を行っております。

もちろんもしかすると、「グーグルにとって無価値なページ」の対策が聞いたのかもしれませんが、しかしメインとなる検索キーワードの順位は戻っておらず、またまだアクセス解析を使った分析はしていないので、単純に順位が上がったのではなく、流入キーワード数が増えたのではないかと思っております。

E-A-T対策も実施

そして最後に最近SEOをしていると良く耳にするE-A-T対策のようなものも行いました。

E-A-T対策のようなものと言ったのは、E-A-T対策と呼べる対策ではないことがあり、単純にスタッフブログに運営会社情報を追加しただけになっております。

なぜそのようなことを行ったかと言うと、グーグルはページの信頼性を重要視しているためであり、この記事は誰が書いてどのような経歴を持っているかをしっかりと打ち出すことがSEOにとって重要であると公表しております。

そして残念ながら、スタッフブログに会社情報を打ち出すことがE-A-T対策にはならないのですが、何もないよりはあったほうがグーグルの理念に則った形式となるため、効果が出ればいいな程度で会社概要へのリンクを追加いたしました。

順位は変わらないがアクセスは戻ってきた

上記が弊社が行ったメリハリのあるSEOになっております。

基本的には認識しなくていいページは認識させない、そしてユーザにとって価値のないページはリライトするというのがメリハリになってくると思います。

そして上記だけでも、2021年6月3日のコアアップデートによって減少した訪問者数を戻すことに成功しており、現在はもとの検索からの訪問者数の2割減にまで戻すことができました。

ただ、トップページで狙った30のキーワードについては、順位を戻しておらず、順位については7月のコアアップデート以降に検討しようと考えております。

当記事は株式会社セブンデザインが作成しております。
当記事についてや弊社サービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

Web制作なら大阪のセブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

TOP

ホームページ制作実績