大阪のホームページ制作会社セブンデザインのスタッフブログ

SEOはメリハリを付けよう

SEOのメリハリ

現在、非常に多くのホームページでSEO対策を行っていると思います。

実際に弊社は大阪でホームページ制作を行っているのですが、お客さまのほぼすべてがSEO対策を希望されているため、弊社のホームページ制作は基本的にはSEOありきとなっております。

そしてこのSEO対策においては、弊社では創業以来行い続けていて、その時々の流行などの対策を行っているのですが、2021年6月のアップデートで訪問者数は変わらなかったですが、弊社が計測している30のキーワードで大体ですが6位ほどを落として考え方を少し改めて、本当にSEOに強いホームページ制作を行うことを考えております。

この対策法については確かに時間がかかるものになるのですが、しっかりと行うことで本当に成果の出るSEOとなります。

その時々のSEO手法は多少リスクがある

その時々のSEOはリスキー

2021年6月までの弊社のSEO対策としては、2020年から2021年6月までは有効な対策になっておりました。

そしてこの対策法については、基本的にはホームページの更新と多少の被リンクを行う対策法になっていたのですが、実際に弊社はこの対策で、30キーワードの検索順位が、平均50位くらいから6位くらいまで順位を上げております。

実際に平均で10位以内に入ったのがSEO対策を始めて5ヶ月目くらいになっており、そこからじわじわと順位を上げておりました。

しかし、2021年6月のアップデートによって、平均で6位ほど検索順位を下げる結果になっておりますが、実はここまで検索順位が下がっても、現状で言えば訪問者数は変わらない結果となっております。

ただ、これまでの対策法を行い続けることは、非常にリスクが高いこと、そしてお客さまのホームページは今回のアップデートでは影響がなかったのですが、しかしこのような提案は今後辞めて、もっと地道なSEO対策を提案して、本当にSEOに強いホームページ制作としようと思っております。

基本的にはSEO対策でもっとも重要なのは訪問者数が増えることにより、お問い合わせ数が増えることが重要であるため、例えばグーグルのコアアップデートの度にお問い合わせ数が上下していては話にならないのです。

そのため、弊社では今後のSEO対策としては、まっとうなSEO対策を提案していこうと考えており、これらをしっかりと行っていただくことで、確かに時間はかかりますが、しかし本当に成果の出るSEO対策となると思っております。

これからのSEOはメリハリ

SEOはメリハリ

そしてこれからの弊社のSEO提案はどのようなものになるかをご紹介いたします。

この結論に至った理由は、グーグルの発言などをつなぎ合わせて考え方結果になっており、確かに実作業を行っていて、多少の変更はあるにしても、基本的にはこの対策が最も強いSEOであると確信しております。

その行い方としては、まず基本的にはクローラビリティーを考えたホームページ制作を行うという点は変わらず、お客さまのホームページ運営が大きく変わってくるものになっております。

どう変わるかというと、基本的にはこれまでは更新にルールをがちがちに設けて、ホームページの更新を行っていただいていたのですが、今後はこれらをもっと緩く行う予定をしております。

どういうことかというと、従来のSEO(弊社が検索順位を落とすまでのSEO)においては、実はキーワード密度がかなり大きな影響を与えており、もちろん現在も影響は与えているのですが、それぞれのページの固有のキーワードとトップページで上位表示を狙うキーワードを作成ページ全体で利用することを義務付けておりました。

もちろんこれだけではないにしても、この対策法は非常に効果を表すものになっていて、実際に早いホームページでは、50記事作成くらいでも検索順位を上げるほどになっておりました。

また、この対策法の良い点としては、グーグルサーチコンソールの「カバレッジ>除外>クロール済み - インデックス未登録」を無視していても結構順位を上げれるものになっておりました。

しかし、今回のアップデートによってグーグルはおそらく、「クロール済み - インデックス未登録」の影響力を高めたものになっていたので、弊社の検索順位は落ちたのではないかと思っております。

そのため、今後はキーワード密度はある程度の意識は必要だとは思いますが、「クロール済み - インデックス未登録」の数を改善せずとも最小化していく提案が必要になっていると考え、今後は「クロール済み - インデックス未登録」が少ないSEO対策の提案を行うようにいたします。

この「クロール済み - インデックス未登録」の数を最小化するために必要なのはメリハリになっております。

SEOのメリハリ

SEOに強いホームページ制作はメリハリ

どういうことかというと、基本的には、SEO対策を考えてホームページ制作を行う際に、できる限り価値のあるページを量産ができるようにホームページの提案をしておりました。

例えばブログなどでページ送りがある場合には、6記事作成したら1ページが自動で増えるように、1ページに5件の表示などを提案していたのですが、今後はこれらのページに対しては適切な対応を行う予定をしております。

ブログで言えばですが、例えばブログトップから2ページ目、3ページ目・・・とあるのですが、それと合わせて、カテゴリーやアーカイブなどのページも存在してきます。

そしてSEO対策を行われる場合に、かなりの記事数を作成して頂けるはずなので、それなりにページ数があると、ブログページとアーカイブページ、カテゴリーページの3つのコンテンツが増え続けることになるのです。

そしてこれらのページを考えたときに、検索エンジンユーザはカテゴリーページであればある程度検索したときに引っかかれば役立つこともあると思いますが、ブログの記事を探すときに、【ホームページ制作会社セブンデザイン 2021年の6月の記事】などの検索を行うことはないので、これらのページはnoindexとすることを推奨いたします。

そしてカテゴリーなども同様になっており、本当に必要であればの残していく必要があると思いますが、しかし基本としてはnoindexが必要になるコンテンツだと思っております。

そしてこれらのカテゴリーをnoindexとすることで、グーグルはカテゴリーページやアーカイブページを見なくて良くなるため、ホームページ内の巡回効率が飛躍的に高まるのです。

このように本当にユーザにとって役立つページだけをグーグルにインデックスしてもらうようにして、逆にあまり役に立たないページはしっかりとnoindexとすることで、本当に成果の出るSEOとなるのです。

弊社では今後ホームページ制作を行う際にはこれらをしっかりと考えて、本当にお客さまのホームページ制作をSEOに最適化することで、小手先のテクニックを利用することではなく、たとえ順位が上がるのが遅くても、コアアップデートで検索順位が落ちないホームページ制作といたします。

SEOのメリハリは設計が大事

SEOのメリハリは設計

このように今後弊社はホームページ制作を行う際に、検索エンジンユーザ目線に立ち、noindexをしっかりと利用したホームページ制作を行います。

これらを行うことで、検索順位は安定していき、お客さまのホームページはしっかりと運営していれば、必ず成果が一定化するものであると考えております。

ホームページ制作においてSEO対策は一般的には必須になっているので、もちろんお客さまに努力はしていただくのですが、しっかりと努力をしていただければ、一定の成果を出し、そしてさらには成果が向上し続けるSEO対策に強いホームページ制作を行うことが、ホームページ制作会社の弊社の使命であると考えます。

類似記事

TOP

ホームページ制作実績