大阪のWeb制作会社セブンデザインのスタッフブログ

SEOのためのグーグルアナリティクス活用法

SEOに使えるグーグルアナリティクス

弊社のWeb制作では、Web制作が終わったらグーグルサーチコンソールとグーグルアナリティクスを導入しております。

そして基本的にはSEOではグーグルサーチコンソールを、成約率の向上ではグーグルアナリティクスを利用することが一般的であると言われておりますが、実はグーグルアナリティクスはSEOの効果分析にも効果的なツールとなっているのです。

このグーグルアナリティクスを利用してホームページの改善や被リンク対策を行うことで、御社のホームページは飛躍的にSEO効果を発揮できるようになるのですが、具体的にはどのような利用法を行えば良いのでしょうか。

グーグルアナリティクスとSEO

グーグルアナリティクスのSEO効果

弊社で大阪でグーグルアナリティクスの利用をサポートしております。

このグーグルアナリティクスのサポートは、基本的にはWeb制作直後はSEOの効果分析の方法を、ある程度SEOで成功してきたら成約率の効果分析の方法をお伝えしており、実はグーグルアナリティクスはSEOの効果分析にも非常に重要なデータを提供しているのです。

そしてグーグルアナリティクスの結果から、SEOの効果分析を実施することで、御社のホームページは飛躍的にSEO効果を高めることが可能になっており、しっかりとグーグルアナリティクスのデータを活用したSEOを行うことで、御社のホームページは本当に多くの訪問者を検索結果ページから集客することが可能になるのです。

そのため、Web制作が終わったらアクセス解析を導入することは非常に重要になっており、しっかりとアクセス解析のデータを見てSEOの効果分析はもちろん、成約率の分析も行うことで御社のホームページは期待以上の成果を発揮するのです。

では具体的にグーグルアナリティクスを利用して、どのようなSEOの効果分析を行うのが良いかをご紹介いたします。

閲覧開始数の確認が基本

閲覧開始数の確認

グーグルアナリティクスでSEOの効果分析を行う際には、まずはグーグルアナリティクスの「行動>サイトコンテンツ>すべてのページ」を表示し、閲覧開始数順に並び替えるようにしましょう。

このすべてのページのページでは基本的には、ホームページにあるすべてのページの解析データーを閲覧することが可能になっており、さらには閲覧開始数順に並び替えることで、入口になった回数の多いページ順のリストを確認することが可能になります。

そしてページのリストから閲覧開始数の多さと、さらにはもう一つのデータである直帰率を確認し、問題になっているページの改善を行うことで、御社のホームぺージは飛躍的に集客力と成約力を高め、期待以上の成果の出るホームページへと成長するのです。

現在のグーグルアナリティクスの利用は、単にWeb制作における成約率だけではなく、SEOにおいても重要な要素になっているので、SEOを行われている方は、グーグルアナリティクスの閲覧開始数もしっかりとチェックを行うようにしましょう。

閲覧開始数が足りない

閲覧開始数不足

閲覧開始数が少ないページは基本的には集客に失敗しているページになります。

そしてこの集客に失敗しているページでSEO効果を発揮するために、「上位表示を行いたいキーワードで最も詳しいページへとリライトすること」と「被リンク数を増やすこと」で、そのページの閲覧開始数を高めることが可能になります。

もちろんこれは、御社が更新できるページだけではなく、Web制作時に作成したページも含んでおり、これらのデータを活用してしっかりと閲覧開始数を伸ばすための対策を継続して行うことで御社のSEOは本当に成果を発揮できるようになるのです。

そしてこれまで弊社がお客さまのホームページを制作し、その後にSEOサポートを行ってきた限りで言うと、被リンクよりも、ページの詳しさの向上と内部リンクの設置がもっとも効果を発揮するように思われますので、これらを徹底して行うことでホームページにあるすべてのページの閲覧開始数を伸ばすことが可能になり、御社のSEOは成功するのです。

直帰率が高い

直帰率

グーグルアナリティクスの「行動>サイトコンテンツ>すべてのページ」から直帰率を確認して、閲覧開始数が多いページの直帰率を下げることで御社のSEO効果は飛躍的に高まります。

この直帰率を改善することで、御社のホームページの集客力が向上することはありませんが、しかし成約率が飛躍的に高まるため、本当に成果の出るホームページへと成長するのです。

この直帰率の改善は、実は行わなくてもある程度の成約数を獲得することは可能になるのですが、しかし成約数を増やそうと考えた場合には、集客力の向上だけではなく、直帰率の改善が非常に重要になっているので、もちろんSEO以外の場合でも同じですが、SEOに力を入れて対策を行われている方は、せっかくSEOで成功してある程度の見込み顧客を集客しているのであれば、しっかりと直帰率を改善して、ホームページの成約率を高めるようにしなくてはなりません。

そしてこの直帰率の改善は、実はWeb制作においては非常に重要になっておりますので、弊社では必ずWeb制作時から直帰率の改善のためのフローをご紹介しているのですが、実は予算がかかることとSEO作業が膨大であることなどから、直帰率の改善対策までは実行できる会社さまは比較的少ないように思います。

グーグルアナリティクスを利用して正しいSEOを

グーグルアナリティクスを利用した正しいSEO

上記がSEOのためにグーグルアナリティクスを利用される方に見ていただきたいデータになっております。

そしてこれらのデータを利用してSEOを実施することは、グーグルサーチコンソールのデータだけを見てSEOを行うよりも飛躍的に効率的な対策が行えるようになるので、弊社ではWeb制作中にグーグルアナリティクスの利用法をお伝えし、そしてWeb運営の中でお客さま自身でグーグルアナリティクスを使ったWeb運営を実施して頂いております。

基本的にはSEOは闇雲に詳しいホームページを目指すよりも、成果が出ていないページを改善して成果が出るようにすることの方が効果を発揮できると思われますので、しっかりとグーグルアナリティクスを利用したSEOを実施することで御社のSEOは期待以上の見込み顧客を集客することが可能になるのです。

もちろんグーグルサーチコンソールを利用することも重要ではありますので、しっかりとグーグルサーチコンソールとグーグルアナリティクスの両方を使ったSEOをオススメいたします。

当記事は株式会社セブンデザインが作成しております。
当記事についてや弊社サービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

ホームページ制作 大阪|株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

TOP

ホームページ制作実績