HP作成やサイト運営なら 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

SEO効果を高めるキーワードの選び方

SEO効果を高めるキーワードの選び方

ホームページを制作したら、一般的には集客対策として、SEOを実施されると思います。

このSEOでは、単にサイト運営を行っているだけでは、上位表示が難しいケースもあり、基本的には自社のホームページ全体でキーワードを考える必要があります。

今回は、このキーワードの選び方をご紹介し、適切に選定することで、ページ個々はもちろんトップページも上位表示が可能になっています。

SEO効果を高めるキーワードを選ぶ重要性

SEO効果を高めるキーワードを選ぶ重要性

ホームページ制作にはSEOが必須と言っても過言ではありません。

SEOでは、がむしゃらにサイト運営を行っていても、効果を出すことは非常に難しくなります。

もちろん、すべてのホームページ制作で成果が出ないという話ではありませんが、キーワード難易度が普通より高いと、一般的にはがむしゃらなサイト運営では効果を発揮しません。

そして、難易度が中以上の会社さまは、実はそのサイト運営努力にプラスして、キーワードをしっかりと選ぶだけで、高いSEO効果を出せます。

検索エンジンには、主にグーグルとヤフージャパン、マイクロソフトビングが主要な検索エンジンです。

そして、クローラーと言われる情報収集プログラムを利用して、ホームページの情報収集を行い、ソースコードを自社データーベースに格納しています。

このデーターベースに格納された情報で、AIではありますが、アルゴリズムが実施され、検索順位が決まります。

このようにすべてが自動化されております。

そのため、恐らくではありますが、本文でどんだけしっかりと書いたとしても、グーグルは文章を評価していないと思います。

では、何を評価しているかと言うと、キーワードの利用法です。

実際、文法であれば可能ですが、プログラムが、日本語を正確に理解するのは不可能であると思われますし、さらにはその情報がどれくらい優れているかも判断がつかないと思います。

当社サイトを例に言うと、当社はWebサイト制作会社で本業はホームページ制作になっています。

ただ、当スタッフブログでは、ホームページ制作において、SEOが必須であるため、SEO関係も多く記事化しています。

そして、検出 - インデックス未登録やクロール済み - インデックス未登録に該当したページは、数あるSEO業者を抑えて1位あるいは2位に表示されています。

さらには、メタキーワードも上位表示ができていて、どちらかと言うと、メタキーワードは、SEO業者が得意とする分野になっております。

当社が、SEO業者よりも、検出 - インデックス未登録やクロール済み - インデックス未登録、メタキーワードに対して詳しいかと言うと絶対にないと思います。

なのに上位にいるというのは、グーグルが言うユーザー目線で作成された文章だからではなく、恐らく、それぞれの会社が保有している知識レベルの高さを見ていないからです。

そのため、当社ではキーワードの利用法ではないかと考えています。

もちろん、どのように利用すれば良いかは不明ですが、しかし、各ページで上位表示キーワードを定め、適切な利用法を行うことは非常に大切であると思います。

そして、キーワードを適切に利用すれば、御社のホームページ制作は、下層ページはもちろん、トップページも上位表示が可能になってくると思っております。

この作業時間は、実はそれほど多くなく、多くのホームページ制作実績の企業さまは、月に10から30分程度で定めております。

たったこれだけの作業で、サイト運営は飛躍的に効果を発揮できるので、キーワード選びを行わないというのは非常にもったいないと言えます。

再三ですが、この選定を行う効果としては、それぞれのページで上位表示ができるだけではなく、トップページやカテゴリートップなども上位表示が可能になり非常に大きいと言えます。

そのため、これからホームページを制作される方は、ぜひとも効果を意識した選定を行い、適切に配置させることで、高い効果を得れるでしょう。

では、次にどうやってキーワードを選んでいけば、検索順位が高まる可能性が高くなるかをご紹介します。

SEOに効果的なキーワードの選び方

SEOに効果的なキーワードの選び方

当社では、ホームページ制作中からSEO効果が出るキーワード調査と選定を行っていただいています。

基本的にはこのキーワードの選び方は、もちろん、グーグルキーワードプランナーを利用しても良いですが、当社としては、お客さまのビジネスに関連していればなんでも良いと思います。

グーグル自体も、検索からの流入数と関連ページのSEO効果は別物であると言っているように、キーワードからページを作成ではなく、お客さまが公開したい情報を公開しましょう。

では、実際に当社ホームページ制作で行っている具体的な選び方をご紹介します。

エクセルで管理

まずキーワード選定は、エクセルで管理を行いましょう。

その理由は、検索エンジンは重複を非常に嫌う傾向があり、同じSEOキーワードのページを作成しないという意味があります。

この管理は、実はワードプレスでは難しくなっていて、できないこともありませんが、エクセルで管理するのが良いでしょう。

さらには、ホームページ制作中である初期は、管理画面がありません。

そのため、そのホームページ制作期間を使って、制作するウェブページはWebサイト制作会社が適切に作成してくれているため、御社が新規作成するページを設定していきましょう。

当社のホームページ制作では、1ヶ月くらいをかけて、大体100記事程度のタイトルとSEOキーワードを定めていただいています。

そうすることで、ホームページを公開後に、原稿作成に全力で取り組むことで、公開直後に100記事ほどを公開できるケースが多いです。

ちなみにですが、タイトルを100記事分作成して、実際に管理画面が完成して、記事を書いていたときにタイトルやSEOキーワードを変更するケースがあると思います。

その際には、しっかりとエクセルも書き直すようにしましょう。

各ページで選定

エクセル管理の説明で、タイトルなどを記載と書いていますが、上記はエクセルを利用する理由をご紹介しております。

実際に、タイトルやSEOキーワードを記載する際には、まずはどのような情報を書いていくかを考えながら、エクセルシートを埋めていきましょう。

例えば、インデックス未登録というキーワードで記事を書こうと思ったら、以下の3ページが思いつきます。

ここで定めるキーワードは、御社ビジネスに関連する内容であれば、何でも構いません。

ただし、インデックス未登録など、大カテゴリーは重複することはありませんが、タイトルはかぶらないように意識しましょう。

  • 検出 - インデックス未登録
  • クロール済み - インデックス未登録を改善
  • インデックス未登録の状況と改善

このようにタイトルを埋めていき、そしてこのタイトルを単語化したものをSEOキーワードの欄に入れていきます。

上から順番に以下になります。

  • 検出 インデックス未登録
  • クロール済み インデックス未登録 改善
  • インデックス未登録 改善

このようにして、エクセルに埋めていけば、類似コンテンツを作成する可能性が大きく下がります。

さらには、大カテゴリーキーワードに対して、情報の洩れも無くなるため、SEOでいう情報の網羅性が高まります。

例えば、1年後に御社がインデックス未登録について書こうと思ったら、そのエクセルを見て、すでにどの情報が書いているかが一目でわかります。

これは非常に大切になるので、しっかりと記述してからサイト運営を行えば、飛躍的に御社のSEO効果が高まるのです。

事前調査を実施

このようにして、キーワードを定めたら、次に実際にグーグル検索を行い、1位から5位までのホームページをざっくりとチェックしておきましょう。

そして可能であれば、1位から5位のホームページの見出しをエクセルに控えておくと良いでしょう。

現在の検索順位を決定するアルゴリズムは、本当に分からないものになっています。

そのため、正しいサイト運営法は上位表示しているホームページにあると考えるのが一般的です。

ただし、書いている内容を、そのまま御社のサイトに活かすのではなく、あくまで参考として捉えると良いでしょう。

例えば、上位表示サイトの見出しをすべて真似すると、仮に上位表示ができたとしても、他のホームページと違いがありません。

これでは、比較検討、すなわち成約率に問題が出てきてしまうため、しっかりと御社の言葉で記載をしていく必要があります。

この注意点だけ理解をしていれば、当社ホームページ制作実績の企業さまでは、効果的な見出し作成を行っています。

基本的には、事前調査で得たライバルサイトを参考にして、見出しを作成していれば、集客力と成約率が高いウェブページへと成長します。

検索順位を見る

ホームページを公開後の話ですが、公開後1ヶ月くらいしたら、実際にSEOキーワードで検索を行い、検索順位をチェックすると良いでしょう。

1ページ目にランクインされていれば良いと判断をしましょう。

もし2ページ目以降の場合は、キーワードの出現率を調べ、ほとんど利用されていなければ、もう少し利用回数を増やすリライトを行います。

逆に、現在利用しすぎかもと思えば、もう少し減らすリライトを行いましょう。

ここでは、単に単語を増やしたり削ったりだけではなく、増やしたり削った前後の文章も含めてリライトをしなくてはなりません。

単に単語を削っただけだと、検索エンジンは無視してくる傾向があり、必ず前後の文章も含めたリライトが必要になります。

SEOキーワードを選んだホームページ制作の効果

SEOキーワードを選んだホームページ制作の効果

SEOキーワードを選定したホームページ制作の集客力は非常に高いです。

実際に当社ホームページ制作でも、SEOキーワード選定を適切に行っている企業さまは、あり得ないくらい多くSEOで見込み顧客を集客しています。

昨今で言えば、コンテンツSEOと言われる手法があり、簡単に言うと、各ページの品質を高め、内部リンクを張り巡らせれば、SEO効果を出せる手法です。

確かに効果は非常に高いです。

ただ、それほど品質が高いページ作成を行えない企業さまの方が多いのではないでしょうか。

そういった場合でも、コンテンツSEOの一部になる上位表示キーワードを定めるだけで、本当に高いSEO効果を得れます。

現在ホームページ制作を行っている、あるいはSEO作業を実施されている企業さまは、ぜひ上記を参考にSEOキーワードを定めてみてはいかがでしょうか。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

これまでの実績

TOP