大阪のホームページ制作会社セブンデザインのスタッフブログ

SEOにおけるホームページの更新頻度は間接効果

ホームページ制作後の更新頻度

弊社は大阪でSEOに強いホームページ制作の追求を行っており、これまで数多くのホームページに対してSEOを行ってまいりました

そしてこのSEOを行ううえで、更新頻度が重要であるという記事を見たことがある方も多いと思います。

しかし実はこのホームページの更新頻度はあまり関係がないものになっており、確かに更新頻度が高いほうが間接的にホームページの検索順位は上がるのですが、例えば毎日ブログ記事を書いたからと言って必ず上がるものではないのです。

そこで今回は、弊社がこれまでホームページ運営を行ってきた、そしてお客さまがホームページ運営を行ってきた結果から、現段階で弊社が考える更新頻度の考え方についてご紹介をいたします。

更新頻度が高ければSEOで上がるは嘘だと思う

更新頻度が高いとSEOで成功するは嘘?

まずこのホームページの更新頻度が高ければ検索順位が上がるというのは基本的には間違えていると思います。

もちろん、更新頻度が半年の間に0というのはさすがに下がる恐れがあるのですが、しかし基本的には、検索順位を下げないための対策としては、半年に1度程度の更新でも下がっていないホームページをよく目にします。

そして、さらに例えば1日1記事の作成を行えば検索順位が上がるというのもおそらく間違いで、更新頻度については実はそこまでグーグルは重要視していないように思われます。

基本的にはグーグルは量より質を重視しているのですが、この質についてはどのようなページを作成すれば質が高いかは公表されていないので、ホームページ制作会社やSEO会社がそれぞれのこれまでの実績によって判断を行っているのです。

そのため、実は検索順位と更新頻度はあまり関係がないように思われ、極端な話1年間更新していないホームページでも下がっていないホームページは膨大にあるのです。

更新頻度が高いホームページのSEOのメリット

SEOメリット

上記でSEOと更新頻度は関係がないと言っておきながら、SEOを考えると更新頻度は重要になります。

その理由は更新頻度が高ければ、ユーザの検索キーワードに対してどんどん詳しいホームページになっていくことがあり、この効果によって上がっていると思われます。

どういうことかというと、基本的にはこの更新頻度については、ただデータを上書き保存するだけでも確かに更新頻度になるのですが、実はこれはまったく意味のない作業になっております。

実際に昔お客さまがホームページの更新頻度が大切だからという理由から、トップページのファイルの一部を少しだけ変えてアップし直し、そしてXMLサイトマップの最終更新日も変えて公開していたことがあるのですが、この作業は単純に時間の無駄だったという結果に終わりました。

そしてこれらを見ていて思うのが、おそらくグーグルは更新頻度を見ているというよりも、更新頻度が高いホームページであれば、どんどんホームページ内のボリュームが増えることによって、ユーザにとって本当に役立つホームページと判断したら検索順位が向上しており、単純にこれらは更新頻度ではなく、更新頻度が高いほうが定期的に情報が追加され、詳しいホームページになるということになっております。

そのため、更新頻度が重要だからと、ホームページの1行を差し替えてアップし直すことで、ファイルが上書きされることによる、最終ファイル更新日とXMLサイトマップの日付が最新になるということはほとんど意味を持たないものになっているのです。

更新頻度が高いと記事の質も高まる

記事の質が高まる

このように更新頻度自体は、ほぼSEOに意味がなく、どちらかというと更新頻度が増えることで、ホームページのページボリュームが増える感覚が短くなるので、その分SEOの効果が高まるのです。

そしてこれ以外にも実は更新頻度を高めるメリットとしては、ノウハウの蓄積があります。

例えば初めてブログ記事を作成される方は、相当な時間がかかるものになっていると思われます。

弊社も実際にブログ記事を作成し始めたころは、1記事書くだけでも5時間前後かかっていたと思いますが、現在は大体1記事あたり1時間弱で制作しております。

このノウハウを蓄積すること、すなわち記事作成時間を短縮できるのは非常に良い傾向であり、これはこれまでどれくらい文章を作成してきたかが重要になると思われます。

そのため、現在であれば、1日時間が取れるときであれば、大体5記事くらいを作成することができるので、弊社は土曜日が定休日になるのですが、1ヶ月のうち1日だけ土曜日の出社を行い、1日時間を取って5記事を作成して、それらを予約投稿することで、その月はもうホームページ運営を行う必要がなくなるのです。

そのため、更新頻度が高いことは、自社に記事作成のノウハウの蓄積の意味としても重要になっており、これらをしっかりと行い続けていることで、どんどん記事作成時間を短縮することが可能になるのです。

ホームページ制作後は1日1記事で

1日1記事が基本

そして弊社がお薦めするホームページの更新頻度は、ホームページ制作直後であれば、1日1記事の作成を目標にして、最悪でも2日に1記事の作成となります。

この作業を行う目的はもちろん、ホームページをより検索エンジンユーザの検索キーワードに対して詳しいホームページにすることも重要になるのですが、それ以上にブログ更新ノウハウを蓄積して頂いて、可能な限りブログ記事を短時間で作成するノウハウの蓄積となっております。

そして最初を乗り切ったお客さまは、例えば最初は1記事あたり8時間かかっていたお客さまも、現在は1記事1時間での作成ができておりますので、毎朝1時間だけブログ更新時間を取っていただき、更新作業を行っていただいております。

そして時間が短縮できれば、例えば毎朝1記事を作成することに加え、空いた1時間でブログ記事の公開ができるようになるので、効率良くSEO対策が行えるようになります。

更新頻度は気にしなくていい

更新頻度は気にしなくていい

そして記事を作成することは大切だとは思いますが、しかしホームページ制作後の更新頻度についてはそれほど意識する必要がないと思います。

この更新頻度を意識しないことによってホームぺージ運営はかなり楽なものになるので、更新頻度を意識せず、ただし検索キーワードに対して最も詳しいホームページが上位表示されるということを考えるようにしましょう。

これが弊社が考える更新頻度の考え方になっており、確かにホームページ制作後に1日1記事を上げることは重要だとは思いますが、更新頻度が高いことは検索順位とほとんど影響がないので、それほど意識する必要がないと思っております。

類似記事

TOP

ホームページ制作実績