サイト作成の成果を追求 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

正しい更新がSEO効果を高める

ホームページの更新について

ホームページ制作後の更新とSEOは関係すると言われてます。

しかし、更新にはいくつかのポイントがあり、ポイントを抑えずに更新を行い続けても、成果を出せないのです。

では、効果を向上させるにはどうすれば良いのでしょうか。

効果のある更新を行う際には、しっかりとホームページ制作期間の間に内容を検討が重要です。

良質は必須

良質が大切

ホームページ制作後に更新を行う際には、御社が現段階でできる範囲で良いのですが、ページを見たユーザーが、内容を理解しやすく、そして他には掲載されていない有益な情報が掲載が重要です。

現在のグーグルはユーザーファーストで確認し、グーグルがどのような基準でユーザーファーストと言うのかは、恐らくどのWeb制作会社などでも分からないと思いますが、ユーザーのために有益なホームページ制作と、新規作成によって、グーグルは更新を評価してくれる可能性が高まります。

そして、ユーザーのために良質なページを作成しても、グーグルの判断で、ページは検索結果に表示の価値がないと判断をされてしまい、質が低いと判断されてしまいますが、質の低いと判断されると、グーグルサーチコンソールにインデックス未登録としてリストアップされ、リストに出てくるページをユーザのために改善すれば、必ずグーグルが良質であると認識してくれます。

そのため、基本的には新規作成やリライトなどを行う際には、ページを見たユーザーにとって本当に分かりやすく有益であるのを意識が必要です。

従来のSEOはとにかく新規作成だけで良かったのですが、現在では、価値のないと認識されてしまうので、価値がないとグーグルサーチコンソールにリストアップされ、検索結果に表示されませんので、しっかりと検索結果に表示されるように価値を高める対策が必要です。

もちろん、ホームページ制作段階でのコンテンツも同様で、しっかりと打ち合わせを行い、本当にユーザーのために作成しましょう。

頻度が高いだけ

高いだけは駄目

頻度が高いとSEOに効果的であると多くのブログで紹介されてますが、とにかく毎日新規作成を行ってるにもかかわらず、まったく成果が出ないという方もいらっしゃいます。

グーグルが考える更新がどのようなものなのかをしっかりと理解が大切です。

そして、キーワードの難易度が高いと、実は間違えた更新を行っても、成果が向上はなく、しっかりと正しい方法を理解してから行う必要があります。

そのため、基本的には頻度が高いは重要ですが、しかし正しい方法を知らずに更新を行っても、成果が向上はないので、しっかりとホームページ制作中にどのような更新を行えば成果が向上かを検討が必要です。

では、実際に正しい更新とはどのようなものかについてご紹介をいたします。

下記に作成した内容をしっかりと確認し、実際に更新ができるようにホームページ制作が大切です。

タグの変更

タグを変更

更新を行う際に、例えばトップの検索順位を上げたいからという理由から、トップの1行のテキストを変更などの対策を行われてるのを稀に見かけます。

基本的にはこれらの作業はまったく意味がなく、これまで弊社がさまざまなホームページ制作実績の会社さまにサポートを行ってきた結果、グーグルの言う更新とはタグが大幅に変更が重要です。

もちろんリライトと言うと、追記や削除も重要ですが、これまでの経験から言えば、追記や削除は大幅に行わなければ成果を向上させれません。

そのため、リライト作業を行う際には、基本的には0から作り直しを想定が重要で、単に追記や削除で対応は、大幅に追加や削除を行わなければ、効果が向上はありません。

また、スタッフブログなどの完全に自社自身で更新できるコンテンツ作成以外にも、Web制作会社に新規作成を依頼も、タグの変更の意味で言えば非常に効果的なSEOです。

もちろん、リライトだけでもしっかりと行えば成果を発揮しますが、しかし現在のホームページ制作後のSEOでは、タグの変更率も非常に重要であると理解をして対策が必要です。

全体

全体

ページのテーマに関連キーワードのページの検索順位を高めれます。

基本的にはグーグルがSEOで上位表示したいホームページは「もっとも詳しい」か「もっとも人気のある」で、ホームぺージ制作中はもちろん更新でも「もっとも詳しい」の作業です。

少し分かりづらいので、実際に弊社の例で言うと、例えば弊社ではSEOサービスがあるのですが、【SEO 大阪】で上位表示をさせるには、SEOがキーワードのページを作成が大切です。

SEOに関連とは、最小限の被リンク数でSEOを実施やSEOの基礎知識などのタイトルであったり、さらにはメタキーワードは必要?不要?などのタイトルには入ってませんが、関連内容です。

このように、このキーワードでこのページを上げたいと定めたら、キーワードに関連ページ数を増やせば、御社はキーワードで詳しく成長し、自然と検索順位の向上が可能です。

そのため、御社が上位表示したいキーワードをホームページ制作中にピックアップして、そしてキーワードに対して関連タイトルをしっかりと抽出し、記事を作成で御社は本当にSEOに強いです。

個別

単体

次に個別ページについてですが、それぞれのページで上位表示には、作成タイトルに対して、他のホームページよりも詳しい情報を掲載が重要です。

基本的には個別ページでは、グーグルサーチコンソールのインデックス未登録を意識が必要であり、インデックス未登録はどのようにグーグルが判断してインデックス未登録としてるかは不明です。

ただし、まったく何も分からないのではなく、以下の点を意識してホームページ制作や新規作成、リライトを行うとインデックス未登録にならない方が多いように思います。

  • 類似を作らない
  • タイトルに対してもっとも詳しい
  • 画像や表など装飾を使う
  • 内部リンクをしっかりと設置

上記の4点を意識でインデックス未登録の可能性は大きく下がると思います。

そして本当に面倒くさいのですが、実際に弊社は上記4点を意識して作成してますが、その中でもSEO以外で効果が発揮されてるのが内部リンクの設置です。

内部リンクを設置で、訪問者がさまざまなページを見てくれ、実際に弊社のホームページは内部リンクを設置で、直帰率の大幅改善や1人が見た平均ページ数の向上を実現してます。

そのため、新規作成やリライトを行う際には、内部リンクの設置を意識をおすすめし、内部リンクのあるページ作成を行えば、効果が向上はもちろんですが、成約数も高まります。

個別ページのSEOについては、がむしゃらに新規作成したり、リライトではなく、ホームページ制作期間の間にしっかりと計画やスケジュール立てがもっとも重要であると思います。

頻度への意識

頻度を意識

ホームページ制作後の頻度はSEOに関係してると言われるWeb制作会社などが大半だと思いますが、弊社では実は頻度はそれほど重要ではないと考えてます。

確かにワードプレスなどで更新を行うと、pingがグーグルに送信され更新を伝えれるのですが、しかし効果はほとんどないと思ってます。

ただし、頻度が高いのは、実は例えば新規作成を毎日1ページで、御社が狙うキーワードに対してどんどん詳しいホームページへと成長し、結果効果が向上します。

実際に、ビッグキーワードで上位表示してるホームページの調査をしてると、上位表示されていてもトップにはリンクがないページを作成して、まったく更新していないように見せかけるホームページもありますが、3ヶ月に1ページの頻度で上位をキープし続けるホームページもあります。

もちろん頻度を意識は重要ですが、しかし無理に更新は必要ないと考え、ホームページ制作時にできる範囲のスケジュールを立て、スケジュールに則った本当に質の高い新規作成が効果的と思います。

カニバリに注意

カニバリ

更新に力を入れてると、結構な頻度でカニバリと呼ばれるコンテンツの類似が発生します。

カニバリは量が少なければ、カニバリを起こしたページへの影響だけですが、カニバリの量が多い場合は、トップはもちろん全体のSEOで検索順位が落ちる傾向があります。

実際に弊社のホームページは、2021年6月3日のグーグルコアアルゴリズムアップデートで検索順位を大幅に落とし、この原因を調査したら、多くの量のカニバリを起こしていたページがあり、ホームページ制作時からこれらを意識が必要と思います。

そのため、本当にユーザーのために正しい更新は大切ですが、そこにカニバリへの意識が必要であり、これらを行ったうえでグーグルのインデックス未登録にリストアップされたページを改善で、本当にSEOに効果的な更新です。

現在のホームページ制作やSEOにおいてはカニバリは本当に大きなマイナス要因であり、しっかりと対策を立ててカニバリ対策を実施しましょう。

当ページは株式会社セブンデザインが作成しています。
当記事についてやサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メール

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

これまでの実績

TOP