サイト作成の成果を追求 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

SEOで勝ったホームページ制作実績の会社の対策法

SEOで勝てたホームページ制作実績の会社

弊社のホームページ制作は、ほぼすべての会社さまに公開後はSEOのために新規ページ作成とリライトを行っていただいています。

もちろんすべての会社さまにSEO効果を出していただきたいですが、中にはなかなか出ない会社も実際にはあります。

今回は、ホームページ制作実績の企業さまでSEOで成功した事例をご紹介したいと思います。

SEOは正しい努力を継続

もちろん、SEOにおいてテクニックは大切ですが、最も大切なのはユーザーのための新規ページ作成とリライトになります。

Webサイト制作会社がSEOに最適化されたホームページを作り、その後お客さまがユーザーのためのサイト更新を継続し続けます。

実際にこれだけでSEOキーワードの難易度によっては上位表示が可能です。

ただ、もっともベストなのは、定期的にWebサイト制作会社にサイト運営を依頼することになっています。

メイン作業は、お客さまが自分で更新ができる箇所は自分で更新、たまにで良いので、お客さまが更新できない箇所を依頼することで、飛躍的に効果的な検索エンジン対策が可能です。

そして実際にこれまで数多くのホームページ制作を行った会社のSEO状況を見ていると、継続がもっとも大変でもっとも重要だと考えます。

例えば、SEOのために100ページを作るとしても、1日で100ページを作るのではなく、50日や100日で100ページを作成したほうが効果を出せるようになっています。

その理由は、フレッシュネスと検索エンジンの認識漏れ対策になります。

フレッシュネス

フレッシュネスとは更新頻度を言います。

グーグルは良く更新されるホームページは、新しい情報が多いホームページであると考え、上位に表示させてくれます。

逆に、更新頻度が低いホームページは、古い情報しかなく現在は役に立たないと考え、検索順位を落とします。

もちろん、これまでの経験で見ると、1ヶ月程度であれば更新しなくても下落した事例がないので、問題はないですが、定期的なサイト更新を継続する仕組み作りが重要です。

検索エンジンの認識

検索エンジンは、クライアントさまのホームページを24時間365日監視しているわけではありません。

現在世界中には億を超えるホームページが存在し、それらのホームページも巡回しているのです。

そのため、例えば御社が今日は暇だから10ページをアップしようとするのではなく、今週は時間のある日に差がある。

1週間で作成できる記事が14記事なので、1日に2ページを公開したほうが検索エンジンが各ページを認識できるようになります。

SEOはどうしても検索エンジンを利用するため、グーグルやヤフージャパン、マイクロソフトのビングなどのペースに合わさなくてはなりません。

そのため、時間がある日とない日でばらつきがある場合は、予約投稿を適切に利用するようにしましょう。

では、実際にSEOで成功した会社の対策法をご紹介します。

公開1週間で効果を出し2019年から高い売上をキープ

半年でSEO成果を出せる?公開5日でバカ売れしたホームページ制作法とはでご紹介しているホームページ制作実績のANA・JAL株主優待即納サービスをご紹介します。

こちらのホームページは、ホームページの作り方からSEOを意識しています。

基本的には、SEOに強いクローラビリティーを意識したホームページを制作しました。

ただ、実は弊社作業中から、公開前の状態にもかかわらず鍵をかけずに検索エンジンの認識を開始させています。

その理由は、1日でも早く検索エンジンにホームページの情報を見てほしかったためです。

実際に弊社のホームぺージ制作期間が大体3ヶ月で、トップページが完成したのが2週間後くらいでしたので、2ヶ月半早めに認識をできました。

そしてさらには、ホームページ制作中から実はスタッフブログの記事を作成しています。

具体的に公開までに何ページ公開したかと言うと、弊社の作業中に1日に1ページを作成いただいたので、120記事前後をご用意いただいています。

また、公開日後には、1日の作業ですが、グーグルサーチコンソールとグーグルアナリティクスなどのアクセス解析を導入しました。

グーグルサーチコンソールでは、トップページに対してURL検査とXMLサイトマップを送信しています。

そして翌日には弊社が把握している国が運営するドメインのホームページへの登録申請を30ほど行っています。

もちろん、1日1ページ作成は継続していたのですが、実際に行ったのはこれだけになります。

そして、公開して1週間以内に成果を発揮し、そこから先が本当に効果的な対策を連発されていました。

例えば、メールマガジンを搭載しているのですが、航空会社の株主優待券が大きく値下げしたときにはメルマガを配信し、見込み顧客を集客。

FAXDMを送信すれば、送信直後は、アクセス数が飛躍的に高まるケースはありませんでしたが、じわじわと1週間から1ヶ月くらいは訪問者数の向上。

旅行会社などにポスターを掲載していただき、ホームページを宣伝し、訪問者数の底上げなど、どの対策も非常に効果を出しています。

現在では、安定した売り上げがある状態ですので、作業量を減らすために、検索順位と訪問者数を見ながら更新頻度を落としています。

さらには、プロのライターを雇用し、その方が専属で新規ページ作成やリライトを行っています。

1ワードでは足りなかったので上位表示キーワード数を増やした

成約数が足りない!SEOキーワードに区を含め成果が倍増したホームページでご紹介しているホームページ制作実績のプラシアさまのご紹介です。

こちらのホームページは、【〇〇 大阪】というキーワードで上位表示を狙うお約束で、ホームページ制作をご依頼いただきました。

もちろん、上位表示を保証するものではなく、上がるまではできる限り無料サポートをするご契約です。

こちらのホームページは、あるキーワードで上位表示を狙い、施工事例とスタッフブログを更新しています。

実際に確か半年くらいしたら、そのキーワードで上がったのですが、実は想定していた成約数よりずっと低い数値になっていました。

そのため、お問い合わせ数を増やすために、当社が提案した内容は、SEOキーワード数を増やすならこの方法、今の訪問者数で成果を出すならホームページ内部の改善を提案しました。

予算もあったので、SEOキーワード数を増やす対策を取られ、スタッフブログや実績ページの更新法を一新させています。

その効果があり、【〇〇 都島】や【〇〇 城東】、【〇〇 鶴見区】などのキーワードで上位表示を実現しました。

本当にちょっとした更新方法の変更でもここまで上がるので、現在のグーグルのページ認識力は本当に高いと思われます。

現在では、YouTube広告やリスティング広告、グーグルビジネスプロフィール、チラシ配布などの効果を高めるために日々さまざまな運用作業を行っています。

ホームページ制作後に適切な努力が大切

他にも多くの会社さまがありますが、すべてを紹介すると異常に長くなるので、2社のご紹介としています。

基本的にはSEOは、SEOに最適化されたホームページを制作後に、正しい手法で継続したサイト更新が重要です。

弊社ではホームページ制作は提案書の内容になりますが、サイト運営は、レクチャーかマニュアル作成を行い、お客さまにご提出をしています。

正しい運営法を行わなければ絶対に検索順位は上がりませんし、流入キーワード数も増えません。

また、サイト運営を継続しなければ、非常に上がりづらく、さらには次第に下落してしまう可能性もあります。

正しい努力で継続してSEOは初めて成功するのです。

当ページは株式会社セブンデザインが作成しています。
当記事についてやサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メール

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

これまでの実績

TOP