大阪のWeb制作会社セブンデザインのスタッフブログ

時代に合った記事ネタでSEO効果を出す

時代に合った記事ネタ

Web制作が完了した後、SEOのために新規ページの作成を行い続けられている方は多いと思います。

この新規ページにおいては、ある程度ページ数が増えてくると、記事ネタを考えることが本当に多くの時間がかかるのですが、闇雲に作成すると成果が発揮できないため、キーワード調査やライバルのホームページの調査が重要になると言われており、弊社ではさらに、それと並行して、時代に合ったネタでスタッフブログの更新を行うことが重要になると提案をしております。

この時代に合った更新ネタは、記事を公開するまでの期間に制限もありますし、さらには記事を公開するだけではなく、ソーシャルメディアで拡散することも重要になっており、通常のスタッフブログの更新よりも本当に大変な労力が必要になるのですが、しかし圧倒的にホームページ全体のSEO効果を高めることが可能になっているのです。

そのため、弊社ではWeb制作が終わったら、お客さまにスタッフブログの記事ネタの探し方を教えて欲しいと言われると、この時代に合った記事ネタの探し方もご説明をしております。

時代に合ったテーマ

時代に合った記事ネタでページを作成

Web制作が終わった後、SEO効果を発揮するために、日々スタッフブログに御社のノウハウを公開する新規ページを作成することは、一般的に行われるSEOになったと思います。

そしてその際に、御社のビジネスに関連する内容であることはもちろん、後からリライト数を減らすために、普遍的な内容での情報掲載が新規ページの中心になる対策ですが、しかしその際に、御社が記事を作成しようと考えたタイミングで話題になっている内容で情報を公開することが効率の良いSEOになっております。

どういうことかと言うと、今現在流行っている内容と言うのは、基本的には、例えばニュースになった情報や、ソーシャルメディアで話題になっている情報など、ユーザーが今現在調べたいと思っている情報のことを言います。

そしてこの情報をしっかりと新規ページを公開すること、その段階ではまだ御社も正確な情報を掴んでいないとしても、取り敢えずページを作成して、そして公開後にどんどんその情報に対して御社の知識レベルを向上させていき、そして誤った情報はリライトしていくことで、そのページのSEO効果はもちろん、ユーザーの成約率の対策にもなるのです。

時代に合ったネタ探し

時代に合ったネタ記事

では実際に時代に合ったネタをどのように探せば良いのかについてご紹介をいたします。

このネタ探しは、Web制作後に単発で行うのではなく、日々の習慣としていくことが重要になっております。

ニュースや雑誌

最も効率的なのが、ニュースや雑誌などの情報を公開していくことになっております。

例えば、Web制作会社で言えば、2021年8月頃だったと思いますが、グーグルがすべてのホームページに対して、グーグルサーチコンソールに表示されるクロール済み-インデックス未登録と検出-インデックス未登録を急増させたことがあったのですが、この急増は多くのニュース系サイトやSEO会社などのスタッフブログで紹介される現象となっておりました。

そのため、弊社では、すぐにクロール済み-インデックス未登録の改善法検出-インデックス未登録の改善法のページを作成しており、その結果被リンク数はもちろん、多くの検索エンジンユーザーの集客、さらにはソーシャルメディアでもURLの拡散が定期的に行われております。

このように時代に合ったネタをTVやニュースサイト、さらには日経トレンドなどの雑誌から仕入れることで、恐らくそのページ自体の賞味期限はあると思いますが、非常に多くの見込み顧客を集客することが可能になるのです。

他社サービスなどの説明

他社のサービスを紹介するページを作成している場合は、この他社のサービスの仕様が変更されたときには、その情報をいち早く公開することで、多くの見込み顧客を集客することが可能になります。

この他社のサービスを紹介するページについては、基本的にはアクセス数も被リンクの獲得も先述したニュースや雑誌の情報ページよりも、少し低くなることが一般的ですが、しかし実際に他社のサービスを利用している方を集客することができれば、そこそこの見込み顧客を集客することが可能になり、他社サービスの説明なので、お問い合わせを獲得する可能性は低いですが、被リンクを獲得することが可能になります。

スタッフブログを運営していると、どうしてもネタ的に他社サービスを詳しく紹介するページを作成することがあるのですが、他社サービスの情報を詳しいページとするだけでもSEOで成果を出しているホームページも多くありますので、弊社ではWeb制作時には、ニュースや雑誌さらには他社サービスなどを日々確認することを習慣化して、お客さまのスタッフブログの更新ネタにすることをお願いしているのです。

ソーシャルメディアでの拡散

ソーシャルメディアでネタを公開

この時代に合った情報ページを作成した場合は、単にページを公開してSEOでの集客を待つだけではなく、しっかりとソーシャメディアでの拡散を行うことも重要です。

基本的には現在の集客対策にはソーシャルメディアの活用は必須であると言っても過言ではありませんので、Web制作後にアカウントを開設されていると思いますが、この時代に合ったネタのページにおいては、ソーシャルメディアを利用することが重要なのです。

と言うのが、時代に合ったネタのページ作成においては、多くの場合でそのページには賞味期限が存在しているものになっているので、SEOを狙ってのんびりとそのページの訪問者数を集めるのではなく、効率良くそのページへの訪問者数を集めることが大切になっているのです。

そしてこの集客においてもっとも相性が良いのがソーシャルメディアになっており、実際に弊社では上記の検出-インデックス未登録とクロール済み-クロール済み-インデックス未登録のページをツイッターとフェイスブック、グーグルビジネスプロフィールで拡散することで、1日に80人程度の見込み顧客の集客に成功しておりました。

現在では少し落ち着いたとは思われますが、しかし、単に検索エンジンだけではなく、ソーシャルメディアを利用することで、より多くのユーザーからお問い合わせを行ってくれる可能性を増やしたり、さらには露出を増やして閲覧者数を増やすことで、被リンクを行ってもらえる可能性が非常に高まり、本当にSEOに強いホームページへと成長するのです。

リライトは必須

リライトは外せない

そして先述もしているのですが、これらの時代に合ったネタのページを作成したら、リライト作業は必須であると理解しましょう。

このリライトにおいては、リライトをするだけでもSEO効果を向上させることができるので、Web制作時にスタッフブログの運営計画を立てる際には、リライトのスケジュールも立てるのですが、しかし時代に合った記事ネタのページにおいては、特にリライトが重要になっております。

ニュースサイトなどで取り上げられ初めの頃は、御社もそこまで深い知識量はないため、間違えた情報を公開していることもあるとは思いますが、しかし時間が立つにつれてその情報の正確性は高まっていき、そしてその時々で正確な情報へとリライトを行うことで、御社の成約率はもちろんSEOのための被リンクの獲得においても重要な要素になっていくのです。

そのため、時代に合ったページ作成においては、基本的にはリライトが定期的に必要になることを理解して、後からリライトが行いやすいように、どのページが時代に合ったページなのかが分かるように対策を行うことが重要になるのです。

そしてこの分かりやすい対策としては、「カテゴリーを分ける」や「ページタイトルに共通の文言を入れる」、「ホームページに表示されないが管理画面に表示される箇所に記載」、「別途エクセルファイルで管理する」などになっており、この後から見たときにすぐにこのページはリライトが必要だと分かるようにしておくことで、御社のSSEO効率は高まるのです。

当記事は株式会社セブンデザインが作成しております。
当記事についてや弊社サービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

TOP

これまでの実績