大阪のWeb制作会社セブンデザインのスタッフブログ

SEOライティングのポイント

SEOライティングとは

どうせWeb運営を行うのであれば、SEOで効果を出したいという方は多いのではないでしょうか。

このSEOで成果の出るWeb運営においては、新規ページの作成が基本になっており、新規ページを作成する際に、多少ですがSEOに強い原稿作成法を意識することが重要になります。

SEOを意識した記事作成

SEOを意識した記事作成

新規ページの作成がSEOに効果があるという理由から、闇雲に記事作成を行ってもSEO効果が出ると言うことはありません。

実際に弊社のクライアントさまの中でも、複数の会社さまで、SEOのために新規ページの作成を行い続けていらっしゃるのですが、やはりルールを定めてしっかりと運営をされている会社さまが成果を出し、そうではない会社さまは一行に狙ったキーワードで上位表示が行えていないように思います。

そのルールとは、以下でご紹介するルールになっており、このルールの中でも重要になるのが、そのページの訪問者にとって本当役立つ情報であることと、そのページのSEOキーワードが明確であること、さらには自社の体験を含めることの3つになっております。

また、さらには現在のグーグルは新規ページを1ページ作成したからと言って、検索結果に1ページ分のSEO効果を反映しているということは非常に稀なケースになっており、基本的にはある程度のボリュームの向上が見られなければ、SEOにはプラスに働いていると思いますが、しかし検索順位が高くなることはないので、しっかりとページ数も重要であると考えながら、新規ページの作成を継続することが重要になるのです。

では具体的にSEOライティングでは、どのようなポイントを意識することが大切になってくるのかについてご紹介をいたします。

クローラビリティーの最適化

クローラビリティー

クローラビリティーとSEOは密接な関係にあり、このクローラビリティーを高めることが重要であると紹介しているブログはあまり見かけませんが、しかしSEOを意識したWeb制作にとっては本当に重要なものになっております。

クローラビリティーとは、クローラーと呼ばれる検索エンジンの情報収集プログラムが「ホームページに訪問したときに、ホームページが巡回しやすいかどうか」と「再訪しても良いと感じてくれるか」どうかになっており、このクローラビリティーを高めることで、検索順位は一気に向上すると言われております。

そしてこのクローラビリティーの最適化は、単純にお客さまだけで行えるものではなく、Web制作会社に協力をしてもらい、以下のようなポイントを最適化することで、クローラビリティーは最大化いたします。

  • 正しいHTMLやCSS、JavaScriptの記述
  • XMLサイトマップの設置
  • robots.txtの設置
  • PHPのバージョンアップ
  • ワードプレスのバージョンアップ
  • プラグインのバージョンアップ

上記がクローラビリティーを高める対策になっており、上記の6点をしっかりと意識することで、クローラビリティーが最大化され、SEO効果を高めることが可能です。

また、多くのブログで、1日のクローラーの訪問頻度を100以上にすることで、さまざまな検索キーワードで検索順位が一気に向上すると言われております。

ページごとのキーワード設定

キーワード設定

現在のSEOでは検索意図が大切と言われておりますが、弊社の考え方としては、この検索意図を検討するよりも大切なことが、すべてのページで上位表示キーワードを定めることであると考えております。

基本的に検索意図と言うのは、そのページで求めている情報、すなわちページタイトルに対してもっとも詳しいページを作成することが重要であり、検索意図を策定するために何時間も費やす必要はなく、作成してみて効果がなさそうなページであれば、検索意図に最適化するためのリライトを行うことが唯一の手段であると思っております。

そのため、基本的には新規ページの作成で検索意図に完ぺきに応えることはできないと思っており、この新規ページの作成時には、作成するページで上位表示をしたいキーワードをしっかりと定めることの方が重要になっております。

作成したページごとのSEOキーワードさえしっかりと策定していれば、そのキーワードで検索したときに上位表示されているページを参考に御社もページ作成が行えるようになるので、自然と検索意図にも応えることができるのです。

これはSEOライティングに限らずすべてのホームページに対して言えるものになっており、このページごとのキーワード設定はWeb制作時はWeb制作会社が行ってくれますが、Web制作後の運営を行う際には、お客さま自身でキーワード設定を実施していく必要があるのです。

ページタイトルを作成

ページタイトルの作成

「ページごとのキーワード設定」の続きですが、上位表示したいキーワードが定まれば、そのページの原稿をいきなり作成するのではなく、しっかりとページタイトルについて検討することが大切です。

このページタイトルにおいては、以下のポイントを意識して作成することが大切です。

  • そのページのキーワードを利用する
  • そのページ固有のキーワードはなるべく前に
  • 30文字以内のページタイトルにする

上記がページタイトルを作成する際の注意点になっており、これらをしっかりと守ってページタイトルを作成することで、ページタイトルとしてはSEOで効果を発揮することが可能になります。

もっとも詳しいページを作成

詳しいページ

そして「ページタイトルを作成する」の続きで、それぞれのページタイトルが作成できれば、そこから実際にそのページの原稿を作成していくようにしましょう。

この原稿作成は本当に大変な作業になっておりますが、実際に上位表示を行いたいキーワードが分かっているため、原稿を書く前に、そのキーワードで検索を行って、1位から5位にランクインしているホームページよりも詳しい情報を記載することに注力いたします。

そして先述している通り、現在のSEOでは検索意図を満たすことが大切と言われておりますが、基本的にはこの検索意図は常識の範囲で考えることはもちろん大切ですが、しかしそこに時間をかけるのは本当にもったいないと思われます。

弊社が考えるにこの検索意図は、例えば【梅田 居酒屋】で検索する人が、「梅田で居酒屋を開業したい人なのか」、「梅田の居酒屋を探している人なのか」と言うようなレベルの話になっていると考えており、当然【梅田 居酒屋】の検索意図は、「梅田の居酒屋を探している人」であるため、梅田の居酒屋を紹介する記事を書くだけで良いと考えております。

このようにそこまで必死になって検索意図を考えてしまうと、ライティング自体が進まないという問題があるので、検索意図については基本的には常識の範囲で考える程度にしておき、それよりも最も詳しいページ作成を行うことに注力することが重要なのです。

実際に、この考え方で成功しているのが、弊社のWeb制作実績のANA・JAL株主優待即納サービスになり、こちらのホームページではできる限り短い時間で、常識の範囲で検索意図については考え、とにかく最も詳しいページ作成に時間を割いていただき、非常に高いSEO効果を得ることに成功しているのです。

文字数は気にしなくていい

文字数への意識はしなくていい

SEOは文字数が多いほうが有利という情報を一度は目にしたことがあると思いますが、最近の弊社の提案では、実は文字数はそこまで注力しなくても良いと提案することが増えたように思います。

もちろん、結果として1,000文字のページを作成しているよりも、5,000文字のページを作成しているホームページの方が効果を出しているようには思われますが、1,000文字だからまったく成果が出ないや、5,000文字あるからと言って必ず成果を出しているわけではありません。

ただ、感覚的にこの文字数は10,000文字あるとかなり効果を発揮しているように思われ、10,000文字あるページはかなりキーワードの難易度が高い場合であっても多くの場合で5位以内にランクインしているように思われます。

ただし、10,000文字のページを量産することは非常に難しいので、文字数にこだわることはあまり推奨しておらず、しっかりと本当にユーザーにとって役立つページ作成を行っていただくことを推奨しております。

この文字数にこだわらないと言うのは、文字数が少なくても良いという話ではなく、例えば1,000文字程度のページもあれば、5,000文字程度のページもあると言うように、ページタイトルに対して詳しい情報を掲載しているページであることが必要になっていると思います。

画像や表などを利用

画像や表などを活用

スタッフブログなどを更新する際には、しっかりとページに画像を利用したり、strongタグを利用して太字にしたりして、そのページをテキストばかりの単調なページにならないようにすることが大切になっております。

ページを作成する目的は、SEOのためであっても良いとは思いますが、しかしSEOのためのページ作成では実はそれほどグーグルに評価をしてもらうことができませんので、基本的には訪問者のためのページ作成が求められております。

実際にグーグル検索を行ったときに、画像を利用していないページももちろんランクインしているのですが、しかし圧倒的にしっかりと画像や表、箇条書きなどを利用して、ページの装飾を行って、ユーザーにとって見やすく分かりやすいページを作成しているホームページが上位表示しているので、このページの装飾は必ずではありませんが行うようにしましょう。

ただし、この装飾は必須ではありませんので、取り敢えず原稿作成が初めてで原稿作成だけで手いっぱいと言う場合においては、後からページの装飾を行う前提で、最初は原稿だけのページを作成し続けても問題がないと思います。

オリジナリティーを出す

オリジナリティー

弊社がこれまでSEOを見てきた中で、SEOライティングにおいてかなり重要度が高いのが、ページごとにしっかりと御社のオリジナリティーを出すことになっております。

例えば、弊社は大阪のWeb制作会社になるのですが、Web制作に関する情報は検索をすれば、本当に細かいものまで他のホームページでも紹介されているので、一般的にその中でオリジナリティーを出すことは難しくなっております。

しかし、このオリジナリティーと言うのは、「他社が打ち出していない情報」という大きなくくりになっているので、ページの記事を作成する際には、できる限り実体験に基づいた情報を書くことがSEOライティングの基本になっております。

実際に弊社では、「検出 - インデックス未登録」の改善法のページは弊社がお客さまや弊社のホームページで実際に行った事例を紹介しており、その結果現在は当ブログの中でトップページに次、2番目にSEO効果を出しているページになっております。

実際にグーグルがどのような情報をオリジナリティーがあると判断しているかは分かりませんが、しかし弊社のこれまでの経験からは、自社の体験を含めた原稿を書くことで、そのページの検索順位が高まっていることや、さらにはトップページのSEOとしても効果を発揮しているように思います。

コピー&ペーストはしない

コピペは駄目

当たり前の話ですが、ホームページで新規ページを作成、あるいはライトを行う際には、外部のホームページはもちろん、自社サイトの他のページからのコピー&ペーストは行ってはなりません。

基本的には現在のグーグルは、コピー&ペーストに非常に厳しいと考えながらWeb運営は行った方が良く、もちろん1ヵ所や数ヵ所あったくらいでは、ペナルティーになることはありませんが、しかしコピー&ペーストが多いとペナルティーを受けてしまう可能性があるのです。

そのため、すべてのページでコピー&ペーストは行わない方が良いものになっており、Web運営はもちろんですが、Web制作中も原稿作成が面倒だからという理由から、過去に自社が他のホームページに掲載した情報であっても、自社のホームページはそのホームページように原稿作成を行うことが大切です。

代名詞は極力控える

代名詞は辞める

代名詞を使わないというのではなく、極力使わないようにしなくてはなりません。

グーグルは代名詞である「それ」や「これ」などの文言をそのまま認識してしまうので、そこにそのページで重要なキーワードを入れたとしても、訪問者が見たときに不自然でないのであれば、代名詞の箇所にはしっかりとキーワードを含むようにしましょう。

極端に被リンク数が多いホームページを除き、グーグルはページで利用しているキーワード以外は上位表示してくれることはありませんので、代名詞ではなく上位表示したい名称での文章作成はSEOライティングの基本中の基本になっております。

ただ、再三になりますが、代名詞を利用することが駄目だと言うことではなく、読んでみて不自然でなければ代名詞ではなく、名詞を利用することを推奨しております。

SEOライティングはユーザー視点が大事

ユーザーのために

上記が基本的なSEOライティングのポイントになっております。

そして、色々と記述いたしましたが、一般的な中小企業さまにおいて、Web担当者の方は、Web以外の業務も行っているため、ここまで気にするというのは非常にハードルが高いと思われます。

そのため、SEOライティングを行う際には、「ユーザーが読みやすく、役立つ記事を書くこと」だけに注力してくださいと提案していることの方が多く、このユーザーのための記事を書くことこそが、SEOで成果を出すための唯一の手段になっていると思われます。

現在のSEOは作業量も作業時間も年々増えているように思われますので、しっかりとSEOはユーザーのためにと考えながらライティング作業を行うことで、短期的には難しいですが、中長期で見たときには必ずSEOで成功することが可能になっております。

当記事は株式会社セブンデザインが作成しております。
当記事についてや弊社サービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

Web制作なら大阪のセブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

TOP

ホームページ制作実績