HP作成やサイト運営なら 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

SEO情報が多すぎて分からないときに見て欲しい情報

SEO情報は多すぎて分からない

SEOを行われる方は、グーグルやヤフー、マイクロソフトのビングなどの検索エンジンを利用して、どんな対策が必要かを調べられます。

そしてさらに突っ込んで調べる方は、ツイッターやフェイスブック、インスタグラムなどのソーシャルメディアも利用されると思います。

これらを調べていると本当に情報量が多いため、混乱していき、どんなホームページ制作やサイト運営でのSEOを行えば良いかが分からなくなるケースがあるのです。

SEO情報は本当に多い

SEOについて調べた経験がある方はご存知だと思いますが、SEO情報は氾濫しています。

当社もWebサイト制作会社としてSEOに強いホームページを作っているため、定期的に検索エンジンやソーシャルメディアで検索をしています。

そして調べていると、本当にさまざまな情報があるのですが、いくつかのパターンで分かれているように思います。

  • 本当に役立つ
  • 自社サイトには効果がない
  • 古い施策

まず本当に役立つ情報ですが、これは本当に少なくなっています。

さらに言えば、実は本当に役立つ情報はすでに多くの方がご存じないように、新規ページ作成でコンテンツ量を増やしリライトで質を高めることになっています。

実際に弊社のホームページ制作実績で言えば、新規ページ作成とリライトだけで多くの企業が上位表示に成功しているのです。

ただ、まったく本当に役立つ情報がないかというと決してそうではなく、役立つ情報はグーグル発信になっています。

基本的には、グーグルの発言やグーグル社員の投稿を除き、本当に信頼できる情報を公開している企業やパイオニアの方は、2,3人しか知りません。

そのため、これらの情報を本当に効果があるかどうかを選定する必要があるのですが、これらは本当に難しくなっています。

正しいSEOをピックアップは不可能

実際に、弊社もこれまで数多くのホームページ制作を行ってきて、SEOで成功させてきた実績はありますが、調べていてその情報が正しいのか間違えているのかは判断が付きません。

ただ、一点だけ分かるのが、古くないかどうかです。

本業はホームページ制作にはなるものの、すべてのホームページでSEOを実施しています。

そのため、この情報が古いかどうかの判断は実際に付けることが可能です。

例えば、昔は効果があったけど今は効果が出なくなったような施策は山のようになります。

例えば、被リンク対策などは自演系は、ほとんど効果がない状態になっています。

このように実際に実施したからこそ分かるような内容もあるのですが、当社が知らないような施策方法もあります。

このようにすべての内容を自社で判断するのは不可能であり、基本的には情報を見たときに、すぐに実行するのではなく、疑ってみることは必要であると思われます。

取り敢えずはグーグルの発言中心

このようにSEOは非常に多くの方が語っているため、どの内容が本当かが分からなくなっています。

そのため、基本的にはグーグル以外の内容は無視して構わないと思っております。

というのも、実際にこれまでの事例で言うとタイトルタグを書き換えればSEO効果が出たという情報を見たことがありました。

確かにタイトルタグを書き直せばSEO効果があるのは明白になるのですが、ただ、ホームページ制作実績の会社さまや弊社サイトでは検索順位が上がることはありませんでした。

もちろん書き直しの方法が悪かったかもしれません。

タイトルタグはそのページの情報の総まとめになっていることや、さらにはグーグルも再読み込みが一番早い情報になっているのは間違いがありません。

ただ、御社サイトにそれが当てはまってくるかどうかは別の話です。

このように基本的には、上記でご説明した通り、どの情報が自社サイトに当てはまるかが分からないので、それであればもうグーグルだけで良いのではないかと思っております。

ちなみにですが、当社のこれまでのホームページ制作経験で言えば、グーグルで上がれば、ヤフージャパンやマイクロソフトのビングなどの検索エンジンも上位表示が可能です。

当社の対策法

では、グーグルだけの発信を信じた弊社の対策法をご紹介します。

これらの対策は弊社サイトはもちろん、ホームページ制作実績の会社さまでも試しており、効果のある対策になっています。

まず、ホームページを公開後に、新規ページ作成が非常に効果を発揮します。

検索エンジンは、基本的には検索ユーザーのキーワードに対して詳しいページを評価します。

そして実は、例えばトップページで上位表示を狙うキーワードに関連するページ数が多ければ多いほど、トップページの検索順位も向上が可能です。

実際にこの対策で多くの会社さまが狙い通りに上位表示を実現しているため、間違いがない対策になっています。

そしてもう一点の対策はリライトです。

リライトは詳しさを向上させるのに非常に大切です。

現在の検索エンジンは単に関連するページ数が多いだけではなく、個々のページの詳しさも評価対象にしています。

この詳しさは文字数ではないですし、さらに関連キーワード数でもありません。

そのページタイトルに対して詳しいウェブページであることだけが重要であり、この効果は非常に高いものになっています。

まず一点目の効果としては、詳しさを向上させるとそのページの検索順位が高まります。

どう判断しているかは不明なのですが、文字数を減らしたリライトでも、50位から3位まで上がった事例があるほどです。

そのため、新規ページ作成時には詳しさを意識し、その後はもう少しこのページを良くできると気が付いたときには必ずリライトを行う必要があります。

そしてもう一つのメリットは、インデックス未登録対策です。

グーグルサーチコンソールのカバレッジの中にある除外には、クロール済み - インデックス未登録と検出 - インデックス未登録の2つのデータがあります。

そのうちのクロール済み - インデックス未登録は適切なリライトを行えば数を減少させることが可能です。

もちろんリライト時に内部リンクを掲載することが大切になっていて、しっかりと前後の文脈も含めてリライトを行えば、改善されていくのです。

正しい情報をとトライ&エラーで確認

上記が情報収集の考え方と実際の対策法になっています。

基本的には、さまざまな内容が公開されているため、調べるにしても限界があります。

そのため、基本的には自分で判断をするしかなく、さらには実際にこの情報は本当っぽいと思ったら、自社サイトで試してみましょう。

もちろん大量の作業を試すのはよくありません。

一つひとつ着実に対応していくことが重要です。

その理由は、その対策法が間違えていたときに、検索順位の下落被害を最小限にすることが可能であるためです。

そして結果が出るまでの期間は、1,2ヶ月は見ていくようにしましょう。

このようにトライ&エラーを繰り返すことしかSEOの正しい方法は分からないため、時間がかかる作業になってくるのです。

そして当社がクライアントさまにとってベストな対策は、Webサイト制作会社やSEO業者を頼ることになっています。

これらの会社であれば調査を行った回数も非常に多いので、すでに取引のある会社であれば、適切な回答を行ってくれるでしょう。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

これまでの実績

TOP