大阪のホームページ制作会社

セブンデザインのスタッフブログ

SEO・SEM- 2 ページ目

メタディスクリプションの作成法

メタディスクリプションとは、メタディスクリプションタグ内に記述する文章のことを言い、メタディスクリプションを作成することで、検索エンジンの検索結果ページのタイトル下の3行ほどのテキストに、その文章をそのまま表示させることが可能です。

メタディスクリプションは、検索結果の上位表示対策としては、まったく効果がありませんが、ページごとに分かりやすく魅力的な文章を作成することで、検索結果ページでのクリック率を大きく向上させることが可能になるため、検索からの訪問者数を向上させたいとお考えの方であれば、必ずメタディスクリプションを作成しなくてはなりません。

今回は、検索からの訪問者数を向上させたいとお考えの方向けに、メタディスクリプションを作成する目的と、本当に訪問者数が向上する効果的な制作法をご紹介いたします。

記事を読む

【2020年】弊社で利用しているSEOツール

SEOは闇雲に行っても成果が出ることはなく、しっかりとデータを収集して、どのデータがSEOでライバルになっているホームページよりも劣っているかを明確にしてから対策を行っていくことが大切です。

そのため、この指標は本当に大切になっており、これらのデータを収集して、改善作業を行っていくことで、ホームページの成果を最大化させることができるのです。

そこで、今回は、弊社でよく利用する無料のSEO分析ツールをご紹介いたします。

ただし、こちらは無料ツールに厳選しているため、その他のツールも利用しております。

記事を読む

SEOに効果的な新規ページの考え方

弊社では、SEO対策を実施していますが、ホームページ公開後に行うSEO施策は原則お受けいたしておりません。

その理由は、SEOの主な手法が、記事作成が中心になっているため、もちろん弊社でこれらの記事作成を行うことは可能なのですが、無駄に時間がかかってしまうため、SEOサービスの価格が高くなってしまうからです。

そのため、お客様自身で記事の作成を行っていただくようにお願いしているのですが、その際に毎回お客さまにお話する注意点があります。

今回は、この注意点がどのようなものなのかについてをご紹介いたします。

記事を読む

メタキーワード作成のメリットと記述法

メタキーワードとは、メタキーワードタグ内に記述する単語や文章のことを言い、従来は、ホームページにあるすべてのページで固有のキーワードを設定することで、検索エンジンに対して、ページごとの重要なキーワードを伝えることができました。

しかし、現在は、グーグルやヤフージャパン、ビングなどのユーザ数の多い検索エンジンは、メタキーワードを認識していないため、作成してもSEO上のメリットは一切ありません。

但し、グーグルは、「現在はメタキーワードを認識しておらず、現段階ではこの方針を変更する予定はないが、今後メタキーワードを利用する可能性もある。」と公表しているため、メタキーワードを作成するかの判断は、個々によってさまざまです。

今回は、メタキーワードを作成するかどうかでお悩みの方向けに、メタキーワードを作成するメリットと、作成する場合の記述法についてご紹介をさせていただきます。

記事を読む

検索順位が人と違う場合の調べ方

SEOに力を入れている場合はもちろん、そこまで注力していない場合であったとしても、ウェブサイトのテーマになるキーワードで検索を行ったときに、自分が運営しているホームページが、大体どれくらいの順位に表示されているかは把握されているかと思います。

しかし、自分で検索を行ったときは、非常に多くのキーワードで上位表示ができていても、別のパソコンで検索してみると、ほとんどのキーワードで圏外であったり、アクセス解析の結果を見ると検索からの訪問者数がほとんどいなかったなどの経験がある方は多いのではないでしょうか。

その理由は、検索エンジンは、パーソナライズド検索と呼ばれる「検索者の現在地」や「過去に訪問したホームページの履歴」などから検索順位を変える技術を導入しているため、普通に検索を行っただけでは、実際の検索順位より上位に表示されてしまうのです。

そこで今回は、正しい検索順位を調べるために、パーソナライズド検索の影響を受けずに検索を行う方法をご紹介いたします。

記事を読む
1 2 3 4 13
TOP