大阪のホームページ制作会社

セブンデザインのスタッフブログ

SEO・SEM- 5 ページ目

SEOのキーワード選定法

SEOを行う際には、必ずSEOのキーワード調査を実施しなくてはなりません。

SEOキーワードの調査とは、御社の見込み顧客が検索エンジンでどのようなキーワードで検索を行っているのかを調査することを言います。

この調査を行わずにSEOを実施してしまうと、狙ったキーワードで上位表示が実現されたにも関わらず、見当違いのキーワードであったために、見込み顧客が集客できなかったり、競合他社のウェブサイトよりも上位に表示させるための具体的な対策法を知ることができません。

そこで、今回は、SEOを意識したホームページを制作、あるいはホームページ運営の中でSEOのチューニングをご検討の方向けに、本当に成果の出るSEOを実施するためのSEOのキーワード調査法についてご紹介をします。

記事を読む

グーグルサーチコンソールに変更

2015年5月20日に、グーグルウェブマスター向け公式ブログにて、「"Google Search Console" - ウェブマスターツールが新しくなりました」という記事が公開されていましたのでご紹介します。

この名称変更は、元々グーグルウェブマスターツールは、ホームページ運営者に利用してもらうために提供していたツールですが、グーグルが利用者の調査を実施したところ、HP運営者だけではなく、小規模事業主や、SEOの専門家、マーケティング担当者、プログラマー、デザイナー、アプリデベロッパー、個人のwebサイト運営者などのウェブサイトやSEOに関わる幅広い方が利用していることが分かりました。

そのため、今回グーグルウェブマスターツールからグーグルサーチコンソールに名称変更を行い、webサイト運営者だけではなく、グーグルSEOを行っているすべてのユーザに対してのサービス提供の実施を開始するようです。

記事を読む

【近くの〇〇】検索が急増

2015年5月8日のWeb担当Forumに、「【近くの〇〇】で検索しているユーザが急増している」という記事がありましたので、ご紹介いたします。

グーグルが公表した内容は、アメリカでの検索状況になり、スマートフォンを活用し、【near me】や【closest】、【nearby】などの日本語で言う【近くの】や【一番近い】、【すぐ近くの】などのフレーズで検索するユーザ数が増えているとのことで、2011年との比較では34倍、また2014年との比較でも2倍近く検索者が増えているようです。

グーグルが公表した内容は、アメリカでの検索状況になりますが、日本でも同じような現象が起きていると思われます。

記事を読む

グーグルウェブマスターツールの検索アナリティクスベータ版

グーグルウェブマスターツールの検索クエリが、大幅バージョンアップし、検索アナリティクスと名称を変え、ベータ版の提供を開始しております。

検索アナリティクスのアルファ版のリリースは、2015年2月ごろとなっていますが、2015年4月20日ごろからベータ版のリリースが開始しており、弊社で運営・管理させていただいているウェブサイトがベータ版の利用ができるようになっていたためご紹介します。

記事を読む

SEOで成果を出すためのアクセス解析活用法

ホームページの集客力を向上させる手法として、最も一般的な対策がSEOになります。

そのため、多くの企業様がSEOの成果を向上させるために、サーチエンジンからの評価向上対策として、コンテンツを充実させたり、良質な外部リンクを獲得するために、ソーシャルメディアの活用を行われていますが、SEOはとにかく闇雲に行っても期待通りの成果を得ることは難しいものになります。

本当に効果的なSEOを実施するためには、「検索での表示回数」と「実際の検索からの訪問者数」、さらには「キーワードごとの直帰率」を数値データとして明確にしながら、SEOの問題点の発見と、改善を繰り返し行うことが重要です。

今回は、これからSEOを考えている、あるいはSEOを実施しているけれども、期待通りの成果を得ることができていないとお悩みの企業様向けに、アクセス解析が示す数値データを活用した本当に成果の向上するSEOについてご紹介いたします。

記事を読む
1 3 4 5 6 7 12
TOP