大阪のホームページ制作会社

セブンデザインのスタッフブログ

SEO・SEM- 6 ページ目

HPの表示を早くしSEO効果を高める「Better Delete Revision」

SEOを行なわれている方であれば、ウェブサイトの表示速度対策にも気を使われていることかと思います。

ホームページの表示速度は、SEOとしてももちろん重要ですが、ユーザがウェブサイトに訪れたときに、あまりに表示速度が遅いと、ユーザはページが完全に表示される前にウェブサイトから離脱をしてしまうため、ホームページの成約対策としても重要な対策の1つで、ユーザにストレスを与えないよな表示速度を保つための対策を行わなくてはなりません。

今回は、ワードプレスでホームページを作成している方向けに、HPの表示速度を少し早めることができるプラグイン「Better Delete Revision」をご紹介させていただきます。

記事を読む

グーグルの公式内部SEOチェックツール6選

どんなに、優れたデザインやコンテンツのウェブサイトであったとしても、集客ができていなければ、お問い合わせや商品購入などのホームページ制作目的を達成することはできないため、ホームページから期待通りの成果を得るためには、まずは集客をどのように行うかを検討する必要があります。

ホームページの集客方法としては、広告に出稿したり、リーフレットやチラシなどにURLを掲載するなど、さまざまですが、多くの方が取り組まれているのが、SEO対策になるかと思います。

しかし、データに基づいて対策を行わなくては、どんなにSEOのために原稿を追加したり、推測で問題がありそうなページを改善したり、被リンク対策を行っても、成果が出ることはありません。

そこで今回は、SEOで成果を出したいとお考えの方向けに、SEO効果向上に役立つデータを示してくれる、グーグルが提供する内部SEOチェックツールをご紹介いたします。

内部SEOチェックツールとは

内部SEOチェックツールとは、ホームページの内部にあるSEO上の問題点を発見してくれるツールになります。

内部SEOチェックツールを利用することで、ウェブサイトのどこに問題があるかが明確になるため、すぐに効果的な改善を実施することが可能になり、SEOに力を入れているのであれば、必ず利用しなくてはなりません。

公式内部SEOチェックツール

グーグルが提供する内部SEOチェックツールをご紹介いたします。

グーグルアナリティクス

グーグルアナリティクスとは、内部SEOのチェックツールではありませんが、グーグルが提供するアクセス解析になり、ウェブサイト全体でグーグルなどの検索サイトから何人が訪れているのかや、ページごとにどんな検索ワードで集客できているのか、ページごとに何回入口になったのかなど、SEOの成果を確認することができるツールになります。

グーグルアナリティクスを使い、SEOで成果を出していないページを発見したり、たくさん人を集めているけれども、検索ワードがまったくビジネスと関係が無いなどを知ることだけでも非常にSEOの改善に利用することができるツールになります。

そのため、SEOを行われていて、まだグーグルアナリティクスを導入されていない場合は、必ず導入しなくてはなりません。

グーグルアナリティクス オプトアウト アドオン

グーグルアナリティクスと一緒に導入したほうがよいツールは、グーグルが提供するグーグルアナリティクス オプトアウト アドオンになります。

グーグルアナリティクス オプトアウト アドオンはブラウザにインストールするタイプのアドオンになり、利用するブラウザすべてにインストールしておくことで、自分のアクセスがグーグルアナリティクスでカウントされないようになります。

グーグルサーチコンソール

グーグルサーチコンソールを導入することで、ホームページの内部にある問題点の発見を行うことができます。

例えば、SEOのマイナス評価を受ける同じ内容だとグーグルに認識されているページのリストや、タイトルタグやメタディスクリプションの重複なども発見することが可能です。

グーグルサーチコンソールが示すデータからホームページを改善するだけでも、内部SEOの問題点を大幅に減らすことが可能です。

モバイルフレンドリーテスト

モバイルフレンドリーテストでは、スマートフォンに最適化されたウェブサイトかのチェックを行えます。

PageSpeed Insights

PageSpeed Insightsとは、ウェブサイトの表示速度を計測してくれるツールになり、現在のSEOでは表示速度が非常に重要になるため、あまりに速度が遅い場合は、表示速度を向上させるための対策を行わなくてはなりません。

また、PageSpeed Insightsでは、表示速度の改善方法も示してくれるため、HTMLやCSSなどの知識がある方であれば、すぐに改善することが可能です。

Lighthouse

Lighthouseは、グーグルクロームのアドオンになり、ウェブサイトのコンテンツの評価を行ってくれるツールになります。

また、「表示速度」と「分かりやすさ」、「グーグルが考える問題点」、「SEO」、「ウェブサイトのアプリ化」の5つの項目で点数付けを行ってくれるため、どの項目を改善していけば良いかが、非常に分かりやすいツールになっています。

最後のウェブサイトのアプリ化の項目については、ホームページのアプリ化を行っていなければ、特に必要がないデータになります。

まとめ

今回は、グーグルが提供する内部SEOの分析ツールをご紹介させていただきました。

どのデータも非常に内部SEOにとって重要な指標になるため、是非この機会に自分のホームページのチェックをされてみてはいかがでしょうか。

スマホ対応しているHPは検索結果で優遇

2015年2月26日に、グーグルが「スマートフォン対応を行っているホームページは、スマートフォンでの検索結果で優遇する」と発表いたしました。

このスマートフォン対応による検索順位の変化は、2015年4月21日から導入され、少しずつ検索結果に影響が出てくるようになります。

記事を読む

SEOを意識したワードプレスの更新・運営法

今や多くの企業サイトが、より効果的なSEOを行うために、ワードプレスを活用したホームページを製作し、自社でページの新規作成やコンテンツ内容の更新などを行っています。

特にSEOを意識せずにコンテンツの更新だけを目的としてワードプレスでウェブサイトを制作したのであれば、ワードプレスの管理画面から特に何も意識をせずに必須項目の入力と画像のアップロードを行うだけで構いませんが、SEOを考えた場合であれば、更新する際に非常に多くの注意点があります。

今回は、ワードプレスを導入したホームページを制作し、定期的に更新を行っているけれども、なかなか成果が出ないとお悩みの企業様向けに、SEOに強いwebサイトとするためのワードプレスの更新方法をご紹介します。

記事を読む

訪問者数が倍増するSEOの考え方

ホームページから成果を出すためには、SEOを実施し、ある程度の訪問者を集客することができる仕組みを構築した後、アクセス解析が示す数値データを活用したwebサイトの内部の改善を行い続けることが重要です。

しかし、多くの企業様のwebサイトでは、SEOを実施するも、期待通りに訪問者数が伸びずに、ホームページから成果を出すことを諦めてしまっています。

せっかくwebサイトを制作したにも関わらず、それでは非常にもったいないです。

今回は、SEOで期待通りの成果が出ないとお悩みの企業様や、これからSEOの実施を検討されている企業様向けに、訪問者数が倍増するSEOの考え方をご紹介します。

記事を読む
1 4 5 6 7 8 12
TOP