大阪のホームページ制作会社

株式会社セブンデザイン

SEO対策はALTタグを入れれば良いのか

実際にお客さまから頂いたご質問になりますが、「あるECサイト制作ツールを使ってホームページを作ったが思ったより人が来なかった。そして制作ツール提供会社に問い合わせたところ、SEOが必要ならALTタグを入れましょうと言われたのだけど、入れてもらえないだろうか」というお問い合わせをいt抱きました。

この質問に対して確かに入れることは可能ですが、入れても大して効果は上がらないですよと行えさせて頂き、お客さま自身で行えるSEO対策のアドバイスを行いました。

ではなぜALTタグだけでは順位が上がらず、どのような施策を行えばそのホームページが上がったのかについてをご紹介いたします。

ご相談を受けたのはネットショップ様でアクセス数が倍増

まず基本所法として、今回ご相談を受けたのはネットショップさまになっております。

そのため、訪問者数がダイレクトに売り上げに繋がってくるため、何とかSEOで成功して訪問者数を増やしたいと考えておりました。

そして弊社でアドバイスをさせて頂き、その作業をお客様自身で行っていただいた結果、かなりSEOで成果を出すことに成功して、1日に10件程度は商品が売れるという結果になっておりました。

もちろんさらなる集客対策を求められて、現在その集客対策を行っていただいております。

オルトを入れてほしいとお問い合わせが

最初のお問い合わせとして、ECサイト制作ツール業者から、SEOのためにはオルトタグを入れなければならないと言われ、オルトタグをどのように入れたらいいかが分からないので、入れてほしいというご相談をいただきました。

確かに、そのホームページはほぼ画像がメインになっているホームページでしたので、ALTを入れることで、ホームページの原稿量が増えるのですが、しかしオルトタグはあくまで画像検索での効果のウェイトが高いと考えており、そこまで検索結果ページを上げる力はないと思います。

もちろん、ALT自体を入れることはSEO効果があるので、入れたほうが良いのですが、しかしそれは実際に上がった時に落ちにくくなったり、知れていますが画像検索からの訪問者数が増えるというメリットが強いように思われます。

そのため、弊社では、オルトタグは後にして、まず予算をかけるのであれば別の対策を行いましょうと提案をいたしました。

その提案は以下のものになっております。

ページタイトルの見直しと内容の見直し

まず、ページタイトルにしっかりとキーワードを含むこと、そしてのそのページの内容を短文で紹介するタイトルに変更をいたしました。

基本的にはページタイトルの付け方自体は、ほとんど問題のないものになっておりましたが、一部グーグルのキーワードプランナーで調べると、間違えたキーワードを入れている箇所もありましたので、その辺りを最適化する作業を行いました。

そして、本文については、確かに今回SEOで上げるという目的を持ってお問い合わせをいただきましたが、普段はそこまでウェブサイトを触っている感じがしなかったので、リライトをしていただくことは非常に難しいと思い、本文の変更は一切いたしませんでした。

もちろんSEOテクニックとして、ページの上部に狙ったキーワードは2,3回は使っていくなどの手法があるのですが、それらを意識すると原稿作成に時間がかかり過ぎるので、追々対応していくように話をいたしました。

スタッフブログの作成

そして、次にスタッフブログの作成をお願いしました。

こちらについては、SEOテクニックについては特に何もお伝えせずに、ただ文字数を2,000文字以上で、大量にページを作成してくださいとお伝えをいたしました。

ここでももちろんSEOテクニックを駆使したほうが効果的なページ作成ができるのですが、これまでまったくホームページ運営に力を入れてこなかった方がいきなりSEOに最適な文書を書くことは不可能だと判断をして、とにかく文字数だけ気を付けて原稿作成をしていただいたのです。

もちろん、エンドレスで行うのではなく、公開タイミングや目標ページ数などはお伝えさせて頂きましたが、このスケジュールに則り、しっかりと更新を行っていただけましたので、大体ですが、半年を超えるあたりにはかなり検索エンジンからの評価が高まったようで、検索からの訪問者数は30倍程度まで成長いたしました。

空いている時間に被リンクをする

基本的にはホームページ内部に新規ページを作成するだけで良いのですが、やはりまだまだ被リンクは効果的な対策の一つになるので、被リンク対策をお願いいたしました。

もちろんこの被リンク対策についても、被リンクが付くタイミングや更新スケジュールなどを作成して、その通り実行をしていただきました。

この被リンク対策は相当きつかったようで、ホームページ内のブログであれば、しっかり作成することができても、外部のブログになると、コンテンツ自体が自分のモノではなくなるので、本当に筆が進まないと言っておられました。

ホームページの改善も1回した

こちらは数が足りませんが、そのホームページではホームページの改善も半年間で1度だけ行いました。

ただし、1ページではなく多くのページの改善をされたのですが、その時にはすでにSEO効果から1日に1つは売れる位の売上を持たれておりました。

そのため、比較的予算が出しやすいものになっており、この改善で本来であれば一気にホームページの集客力を高めたかったのですが、結果的には微増という結果になってしまいました。

そしてその改定に合わせて、すべての画像にALTタグの導入をさせて頂きました。

現在はソーシャルメディアから集客中

そのホームページでは、検索順位としては狙ったキーワードで大体すべて5位以内と言う結果になっており、これ以上SEOで上げるのは大変だということで、SEOで順位が下がらないように施策を行い、現在はソーシャルメディアを運営いただいております。

話を聞いていると、ソーシャルメディアの運用は苦痛がないこと、そして何か楽しいとおっしゃられており、楽しい作業でホームページの訪問者数が増えるのであれば、非常に良い傾向だと思っております。

まだまだソーシャルメディア運用は成功とまでは行っておりませんが、しかし少しずつ着実にソーシャルメディア内での発言力を高めること、そして友達を増やすことに成功をしております。

これらを積み上げて頂くことで、ホームページの運営効率は大きく向上していき、最小の労力で最大の効果を得れるホームページになるのです。

そして現在は、その会社さまでは、ECサイト制作ツールを使ったネットショップではなく、もう少しソーシャルメディアで結果が出るようになれば、オリジナルのネットショップ制作を検討されているそうです。

TOP

ホームページ制作実績