大阪のホームページ制作会社

ホームページ制作やSEO対策を提供する大阪のセブンデザインが運営するスタッフブログ

SEO・SEM
2014/11/13

競合サイトのSEO調査と分析の仕方

SEOを実施する際には、闇雲に行っても成果が出ることはなく、狙ったキーワードで実際に上位表示しているウェブサイトのSEO調査と分析を行い、その結果を生かしながらSEOを実施する必要があります。

調査や分析を行わずに、どんなにSEOを行っても、期待通りの成果を得ることはできず、また数値データとしてSEOを捉えていないと、どれくらいページ数を増やせば良いのかや、被リンク数を増やせば良いのかが分からないため、すぐに結果が出ない場合、継続して行い続けることは難しくなってしまいます。

今回は、これからSEOを行おうとご検討の方、または現状SEOを行っているけれども期待通りに成果が出ないとお悩みの方向けに、便利なSEO調査ツールから分析法までをご紹介いたします。

SEO調査・分析を行う理由

SEO調査と分析をなぜ行わなくてはならないのかについてご紹介いたします。

ウェブサイトの問題点の発見

SEOを行う前には、自分と競合のホームページの現状を把握するようにしなくてはなりません。

現状把握を行わずにSEO対策を実施しても、どのページにどのような対策が必要かを知ることができず、成果が出るかは運次第になってしまいます。

効率の良いSEOを行える

競合サイトの調査と分析を行うことで、競合サイトがどのようなキーワードに注力してSEOを行っているかや、具体的な手法を知ることができます。

競合他社が力を入れているキーワードと、その具体的な対策法を参考にすることで、競合サイトよりも上位に表示されるための対策を実施することが可能になります。

目標の数値化を行える

SEOは継続して行い続けることが重要になりますが、具体的にどれくらいページ数や被リンク数を増やせば競合サイトより成果が出るかを知っておかなくては、成果が出なかった場合、継続して行うことができません。

そのため、具体的な数値データとして、競合サイトを把握して、その数値を上回るための、SEO計画を立てることが重要になります。

但し、ウェブサイトの質が低い場合は、どんなに数値を上回っても良い結果を得ることはできないため、必ず質についても検討しておく必要があります。

1.現状の検索順位を把握する

検索順位チェックツール「GRC」

これからSEOを行われる方がまず初めに行うことは、自分と競合サイトのウェブサイトのテーマになるキーワードでの検索順位の把握になります。

どれくらい競合他社と差があるのかを明確にすることで、具体的な目標設定を行えます。

検索順位の調べ方は、検索順位チェックツール「GRC」を利用することで、ワンクリックで調べることができますが、インストール型になるため、手動で調べたいやウェブサービスで調べたい方は、「正確な検索順位の調べ方」のページをご覧ください。

正確な検索順位の調べ方を見る
GRCをダウンロード

2.現状把握と比較

競合他社と自社サイトのインデックス数(ページ数)や被リンク数、表示速度などを調査します。

基本情報の把握

SEOチェキ!

ページ数や被リンク数などの基本的な情報を調査するのに、「SEOチェキ!」というツールを利用します。

ウェブサイトのURLを入力し、「チェック!」をクリックすることで、タイトルやディスクリプション、H1タグ、内部と外部の発リンク数、ウェブサイト全体のページ数を知ることができます。

SEOチェキ!はこちら

被リンク数の調査

Open Site Explorer

被リンク数の確認には、「Open Site Explorer」というツールを利用します。

現在、グーグルは正確な被リンク数を提供していないため、あくまで目安として利用します。

Open Site Explorerはこちら

ページの表示速度の比較

PageSpeed Insights

ページの表示速度の比較を行うためには、グーグルが提供するウェブサイトの表示速度分析ツール「PageSpeed Insights」を利用します。

ウェブサイトの表示速度をPCとモバイルのそれぞれで採点してくれるため、競合他社と比較して、競合他社よりも良い点数になるようにしなくてはなりません。

但し、レスポンシブウェブデザインでの制作や、グーグルアナリティクスの導入が減点対象になるため、100点を狙う必要はなく、弊社のこれまでの経験から40点から55点ほどのウェブサイトであれば、十分な数値であると言えます。

競合サイトとのページの質の比較

自分のウェブサイトと競合サイトで同じテーマのページ同士で、どちらが質が高いかを確認します。

このページ比較は、ツールを利用して行うことができず、例えば当ページであれば、【競合サイト SEO調査】などがSEOワードになるため、そのキーワードで訪れたユーザが、競合他社のウェブサイトよりも、満足できるコンテンツ作成ができているかの確認を行います。

このページのトップへ