大阪のホームページ制作会社

ホームページ制作やSEO対策を提供する大阪のセブンデザインが運営するスタッフブログ

SEO・SEM
2014/11/13

SEO分析ツールのご紹介

SEO対策は、闇雲に行っても成果の出るものではなく、SEOに重要だと言われている様々な要素を調査し、その調査結果を生かしたSEOを実施して、初めて御社の期待通りの成果を得ることが可能です。

しかし、初めてSEOの分析を行われる方にとって、どのような調査を行っていけば良いのかや、グーグルなどで検索を行うと、非常に多くのツールがあるため、どのツールを使えば良いのか分からないとお悩みのことかと思います。

そこで今回は、弊社でお勧めするSEO分析ツールをご紹介いたします。どのツールも、SEO分析を行うツールとして非常に有名なものばかりとなっていますので、この機会に是非一度利用されてみることをお薦めいたします。

SEO分析ツールとは

SEO分析ツールとは、自社サイトと競合他社のページ数や外部リンク数など、SEO対策にとって重要だと言われている様々な要素を自動で調査できるツールのことを言います。

多くのSEO業者様やシステム開発会社様が、様々なSEO分析ツールを提供しているため、どれを使えば効果的なのかお悩みのことかと思いますが、初めてSEO分析を行う方であれば、今回ご紹介するツールから使われてみることをお薦めいたします。

ホームページ全体の調査

ホームページ全体のSEO状況を把握するためのツールをご紹介いたします。

グーグルウェブマスターツール

グーグルウェブマスターツール

グーグルが提供するwebサイト運営の支援ツールになります。

グーグルウェブマスターツールを活用することで、御社のホームページのインデックスページ数や、外部リンク数、ページタイトルとディスクリプションの問題点など、SEO上の早急に改善したほうが良いポイントを調査することができます。

現状、SEO対策を意識されていないホームページであっても、今後SEO対策を行う可能性もあるため、必ずグーグルウェブマスターツールは導入しなくてはなりません。

但し、グーグルウェブマスターツールは、御社で管理しているホームページのみ調査が可能になり、競合他社のwebサイトの調査は行えません。

「グーグルウェブマスターツール」の解説はこちら

グーグルアナリティクス

グーグルアナリティクス

グーグルが提供するアクセス解析ツールになります。

グーグルアナリティクスを活用することで、検索エンジンユーザの流入について分析を行うことができ、御社が重要だと考える検索ワードを含むフレーズでどれくらいの訪問者が訪れているのかや、訪れたユーザが入口ページだけを見て帰っていないかなどを調査すること可能です。

グーグルウェブマスターツール同様に、グーグルアナリティクスも御社で管理しているwebサイトが調査対象になり、競合他社の分析は行えません。

「グーグルアナリティクス」の登録はこちら

外部リンク調査

御社のホームページの被リンクを調査できるツールをご紹介いたします。

Open Site Explorer

Open Site Explorer

外部リンクを調査する際に、最も多くのユーザに使われているツールかと思います。

オープンサイトエクスプローラーは、自社サイトのドメインオーソリティーとページオーソリティーを調査できることはもちろんですが、自社サイトにリンクをしているホームページ一覧とそれぞれのドメインオーソリティーとページオーソリティーを調査することが可能です。

SEOの成果向上において、ドメインオーソリティーやページオーソリティーの高いwebサイトからリンクをされることは非常に重要となるため、これらを調査することで、効果的なリンクかどうかの分析を行うことができます。

特に、ペンギンアップデート以降、外部リンクの質も非常に重要となっており、質の低いwebサイトからのリンクは、検索エンジンスパムとなってしまうこともあるため、ペナルティーを受けた可能性がある場合や、SEOを実施前後で、オープンサイトエクスプローラーを活用し、外部リンクの精査を行うことが重要になります。

「Open Site Explorer」はこちら

ahrefs

ahrefs

リンク数の推移を調査することが可能です。

SEOに効果的なリンク数の増やし方は、あるタイミングで一気にリンクを増やすことではなく、継続してリンクを増やし続けることが重要になり、リンク数が増え続けているwebサイトであれば、検索エンジンは人気のあるwebサイトであると認識してくれるようになります。

そのため、ahrefsを活用し、御社の被リンクの推移を確認することで、外部リンク数が着実に増えているかの確認ができ、もしリンク数が増えていない場合は、外部リンクが継続して増える仕組みを構築しなくてはなりません。

また、ahrefsでは、ページごとのソーシャルメディアでのシェア数なども測定することができるため、ソーシャルメディアなどを活用している場合であれば、必ず利用したいSEO分析ツールになります。

「ahrefs」はこちら

majestic

majestic

アンカーテキストの文言を分析することが可能です。

同じ文言でのアンカーテキストリンクが多い場合、検索エンジンは、自作自演のリンクであると認識し、検索エンジンスパムを行っていると判断します。

そのため、majesticを活用し、御社へのリンクのアンカーテキストの傾向を把握し、過度なキーワードの詰め込みを行っている場合は、早急に改善しなくてはなりません。

「majestic」はこちら

ホームページの内部を調査

御社のwebサイトが抱えるSEO上の問題点を調査できるツールをご紹介いたします。

PageSpeed Insights

PageSpeed Insights

グーグルが提供するwebサイトの表示速度を分析できるツールになり、モバイルとパソコンのそれぞれで、ホームページの表示速度の点数化を行ってくれ、さらには表示速度を向上する対策法を示してくれます。

表示速度は、SEOの指標の一つになり、ページの表示速度を高めることで、グーグルからの評価を向上させることが可能です。

点数が低い場合は、ページ下部に表示されている改善策を行わなくてはなりません。

「PageSpeed Insights」はこちら

aguse.jp

aguse.jp

マルウェアの検出チェックとブラックリスト判定の調査が行えます。

自社サイトの分析だけではなく、外部リンクリストにある怪しいwebサイトの調査も行うことで、否認すべきかどうかの判断材料の1つとして活用できます。

もし、これらに問題があった場合、早急に対応しなくてはなりません。

「aguse.jp」はこちら
このページのトップへ