HP作成やサイト運営なら 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

アクセス解析グーグルアナリティクスを使ったSEO分析

グーグルアナリティクスでSEO分析

SEOにおいてはグーグルサーチコンソールを利用することばかりが着目されています。

実際にホームページ制作実績の企業さまでは、SEOに力を入れているケースが多くあり、グーグルサーチコンソールだけを見られています。

しかし、実はグーグルアナリティクスも同時に確認することで、より高いSEO効果を得れるようになるのです。

SEOとは

まず初めにSEOって何だろうと言うことを明確にしましょう。

当社がホームページを制作した会社さまであれば、当初にSEOとは何かをご説明しているため、多くの会社さまが正しいSEOの概念を理解しています。

しかし、SEOを単純に検索順位を上げる対策法であると考えているウェブマスターさまが多いのも事実になっています。

そのため、少し前置きとしては長いかもしれませんが、SEOとは何かをご紹介したいと思います。

SEOとは確かに上位表示を実現したり、流入キーワードを高めることを言います。

しかし、そう考えているとどうしても、テクニックを重視してしまう恐れがあるのです。

例えば、文字数を多くや、キーワード出現頻度を意識したりと、本当に多くのテクニックを意識してしまいます。

しかし、最も大切なのは、ユーザー向けのホームページを制作し、そしてサイト運営を継続することです。

基本的には検索エンジンは、検索結果をユーザーのために作成しており、ユーザーに役立たないようなホームページは下位に表示しようと日々アルゴリズムの改定を行っています。

そのため、最も大切になるのは、ユーザーになっていて、ユーザーのためにページを作成し続けていくことで、上位表示が可能になります。

もちろん、テクニックで言うと、検索キーワードに対しての詳しさが大切です。

そのため、狙ったキーワードに関連するページ数や個々でしっかりとした内容を掲載していく必要もあります。

これがSEOになっていて、基本的にはユーザーに向けた詳しいページ数が多ければ多いほど上位表示が可能になります。

グーグルサーチコンソールはテクニックより

もう一点だけご説明を加えると、グーグルサーチコンソールは少しテクニック的な要素が多いように思われます。

もちろん、この改善はユーザーが便利になるよう行わなくてはならないのですが、例えば最近の事例でお話をします。

グーグルサーチコンソールには、クロール済みと検出のインデックス未登録が表示されています。

このインデックス未登録の改善は、サイト更新頻度と内部リンク数の向上が改善のポイントになっています。

このように、基本的にはこの2点に注力をしてホームページを更新し続けることが重要になっていますが、もちろんここでもユーザーのためには存在しています。

例えば価値のないページをどんだけ新規作成したり、リライト後の原稿がまったくユーザーに役立たなければ、更新と見なされません。

さらには、内部リンクにおいても、関連性が大切になっていて、関連しないページへの内部リンクは、存在しないあるいはマイナス評価になるのです。

このように、少しユーザーという要素が入ってきますが、しかし基本はよく更新をして、内部リンクを充実させることで改善される数値です。

グーグルサーチコンソールはこのようなデータ数が非常に多く、基本的にはテクニックよりも指標を提供してくれているのです。

もちろん、SEOにおいては重要なので、しっかりと対策はしなくてはなりません。

ただ、お客さまにおいては、データを見て間違えた解釈をしてしまう可能性があるので、基本はグーグルアナリティクスを利用した方が良い結果を得れると思います。

グーグルサーチコンソールを使った改善は、Webサイト制作会社やSEO業者のサポートを受けることが重要です。

グーグルアナリティクスで押さえるポイント

では、やっと本題になりますが、グーグルアナリティクスで押さえておくべきポイントをご紹介します。

検索エンジン流入数の確認

もし御社がSEOを行っているのであれば、しっかりと検索エンジンからの流入数を確認しましょう。

この確認は、現在主要な検索サイトは、グーグルとヤフージャパン、マイクロソフトのビングの3点です。

そしてヤフージャパンは、グーグルと同じエンジンを積んでいて、基本的にはグーグル対策だけで良いでしょう。

また、ビングについては、異なる仕様になっていますが、そのユーザー数の少なさから後回しでも良いと思われます。

そのため、まずはグーグルからの流入数を確認して、SEO作業を行っているのであれば、月単位でアクセスが増えているかをチェックします。

ここで増えていなければ、御社の対策法に間違いがあると言うことです。

これまでのホームページ制作実績でお話すると、基本的には適切にサイト運営を行っていれば、この間違いが発生するケースは非常に稀になっています。

そのため、もし増えていなければ、Webサイト制作会社やSEO業者に何が間違えているかを確認し、適切な手法を提案してもらうと良いでしょう。

キーワードは見れない

非常に残念ではありますが、現在のグーグルアナリティクスでは、流入キーワードはほとんど見れません。

そのため、基本的には自社で各ページの上位表示キーワードを定めて、実際に検索あるいはGRCで計測する必要があります。

ただ、どうしても見たい場合は、グーグルサーチコンソールでなら確認が可能です。

グーグルサーチコンソールの左ナビにある検索結果から、流入キーワードではなく、グーグルの検索結果画面をベースにした数値データーが確認できます。

これらを見れば、大体のキーワードが分かるため、これらを使った分析を行えば、正しいキーワードが確認できます。

ただ、実際に、ホームページ制作後に流入キーワードを意識したケースはそれほど多くありません。

グーグルの言う小規模サイト、すなわち1,000ページ未満のホームページでは、流入キーワード分析は、確かに見ていて楽しいですが、それほどの重要性がないのです。

それよりも、検索エンジンからのアクセスを増やすために、計画とスケジュールを立てたサイト運営が重要になっています。

大切なのは直帰率

現在のグーグルアナリティクスでは直帰率は提供をしていませんが、今後復活するかもしれないと言う噂があり、2022年6月29日現在では直帰率は提供されていません。

この直帰率は復活されれば必ず見ておきたいデーターになっています。

直帰率を確認して、せっかく訪問者が入口としてくれたページを改善して、2ページでも3ページでも見てもらうことで、ホームページの成約数が大きく向上いたします。

この直帰率の改善法は、直帰率の解説と改善方法のページでご紹介をしているので、ご興味があればご確認ください。

流入数増加と直帰率減少

もちろん大規模サイトであれば別です。

ただ、グーグルの言う小規模サイトに当てはまるホームページであれば、グーグルアナリティクスを確認しながら、検索エンジンからの流入数を増やし、直帰率減少対策を行いましょう。

もちろん大規模サイトの場合では、SEO分析と言っても他にもさまざまな指標を利用しますが、これらについては確認データー量が多いので、お問い合わせをお願いします。

実際にグーグルサーチコンソールを確認するのも1分や2分の作業ではありませんし、さらにはテクニック重視の施策になってしまいます。

もちろんテクニックは重要ではありますが、しかし最も大切なのはユーザーのためにです。

現在グーグルアナリティクスをまったく見ていない方は、ぜひ当ページをご覧の機会に、定期的なチェックをしていきましょう。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

これまでの実績

TOP